ワンピースのエースとフェアリーテイルのナツがガチンコで戦ったら決着がつくのか?

2017-06-06雑学(アニメ)

エースとナツ

空想科学読本に掲載されている

エースvsナツ

の内容を読み、教師をしていた頃には授業そっちのけで、この話を生徒に向けてしていました。授業よりも食いつきがよかったことは言うまでもありません。

 

本日は、そんな空想科学読本(柳田理科雄著)にも掲載されている

ワンピースのエース vs フェアリーテイルのナツ

について、一応物理を教えていた私なので、私の調べた内容も加味してお話ししていきたいと思います。

 

「アニメの世界に何現実持ち込んでんだ?」というツッコミはご容赦ください。

 

空想科学読本ってなに?って方はこちらをどうぞ

空想科学読本14 [名キャラ対決、どっちがすごい!?]編

 

スポンサーリンク

まずはフェアリーテイルのナツについて調べることに

ナツ

私はワンピースが好きで、第1巻が出始めたころから読んでいますが、フェアリーテイルはよくわかりませんでした。

なので、さっそくナツについて調べようと思います。

FAIRY TAIL [フェアリーテイル] (1-61巻 続巻) -漫画セット-

フェアリーテイル(オンラインで読む)

 

簡単なあらすじと、ナツのキャラクターについて

世界中に幾多も存在する魔導士ギルド。そこは、魔導士達に仕事の仲介などをする組合組織である。立派な魔導士を目指す少女ルーシィは、ひょんなことから火を食べ火を吐き火を纏う滅竜魔導士(ドラゴンスレイヤー)ナツと喋る青い猫ハッピーと出会い、彼の所属するギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に加入する。しかしそこは、ルーシィの想像を超えた荒くれ者が集まるギルドだった。問題児だらけの「妖精の尻尾」だが、ナツとルーシィはチームを組んで順調に依頼をこなして行き、次第に魔導士としても成長していく。

引用 ウィキペディア

「火竜(サラマンダー)」の異名を持つ。年齢不詳で、右肩に赤い紋章がある。好きなものは火、嫌いなものは乗り物。凄まじい大食いで、後述の体質の為どんなに熱い食事をとっても舌を火傷しない。炎と素手での格闘術を駆使した肉弾戦を得意とする。加えて滅竜魔法の効果により身体能力も高く、嗅覚・聴覚・視覚が常人離れしており、身体も頑丈(銃弾を喰らっても出血程度で済んでいる。ただしハッピー曰く「魔力が完全に切れた状態で攻撃されたら危険」とのこと)で巨岩をやすやす持ち上げるほどの怪力を有する。火を食べることもできるが、他のスレイヤー同様、自らが発火させた炎を食べることはできない。炎を食べることで魔力や体力を回復したり、増幅することが可能。逆に火属性以外の魔法を食べると生気が無くなり、熱を奪う兎兎丸の青い炎や途轍もない悪臭を放つ黄色い炎を食べた際には地獄を見ていた。 また、乗り物に弱く乗り物酔いし、戦闘ではまともに戦えず危機に陥ったこともある。

引用 ピクシブ百科事典

 

ナツについてまとめ

どうやら、フェアリーテイルの主人公ナツはまとめると

  • 好きなものは、嫌いなものは乗り物
  • 炎を食べることで魔力や体力を回復したり、増幅することが可能
  • 銃弾を喰らっても出血程度で済んでしまう強靱な肉体の持ち主だが、魔力が完全に切れた状態で攻撃されたら危険

以上がポイントとなってきそうです。

 

ワンピースのエースについて

ワンピースエース

 

ワンピースはフェアリーテイルと違って、よく知っています。

また、私のみならず、ワンピースファンならもれなく好きなキャラクターの一人だと思うのですが、一応公平に(?)エースについても紹介しておきます。

 

こちらも、どうせなら全巻そろえますか。

ONE PIECE ワンピース (1-86巻 続巻)

ワンピース(オンラインで読む)

 

簡単なあらすじと、エースのキャラクターについて

かつてこの世の全てを手に入れた〝海賊王〟ゴールド・ロジャー。彼が遺した「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」をめぐり、幾多の海賊達が覇権を賭けて争う「大海賊時代」が到来した。「東の海(イーストブルー)」のフーシャ村に住む少年モンキー・D・ルフィは、村に滞在していた海賊〝赤髪のシャンクス〟と親しくなり、海賊への憧れを募らせる。ある日ルフィは「ゴムゴムの実」という悪魔の実を食べ、一生泳げない体になる代わりに、全身が伸び縮みするゴム人間となった。それからしばらくして、ルフィはシャンクスを貶める山賊たちから怒りを買い、海に投げ込まれてしまう。溺れかけ、巨大魚に食われそうになったルフィを、シャンクスは片腕を犠牲にして助け出した。ルフィは、村を去る間際のシャンクスから、トレードマークの麦わら帽子を託され、将来立派な海賊になって再会することを約束する。

引用 ウィキペディア

体を燃え盛る炎へ変化させる事ができる自然系の能力者。 火力や規模は自分の意思で自在に調節する事が可能で、最大限まで高めれば家屋や帆船をも一瞬で爆砕、全焼させてしまう。また、小さな火球を銃弾のように撃ち出したり、物理的なダメージを与える炎の塊を作り出したりといった技も持つ。勿論それらの攻撃を受けたものは瞬く間に炎上してしまう。自然系なので当然のようにほとんどの物理攻撃によるダメージは受け付けないのも強み。 弱点らしい弱点は見受けられないが、数少ない天敵となるのが悪魔の実でも時折存在する上位関係が決まっているマグマグの実の能力者である。 マグマグの実の能力者は全身が火をも焼き尽くす灼熱のマグマとなるため、メラメラの能力ではダメージを与えられず、逆に相手側の攻撃では一方的にダメージを受けてしまうという。 このように「火」という自然系能力であるため、覇気以前の能力上の相性で勝負に影響することが多い。 なお、覇王色の覇気の素質を秘めており、幼少期にルフィのピンチが引き金となって瞬間的に発現したが、その後エース本人が自らの資質に気付いたのか、仮に気付いていたとしてそれを自分でコントロールできるレベルまで使いこなせていたのかは不明。少なくとも劇中に登場した(成人の)エースは覇王色の覇気はおろか通常の覇気すら明確に使用したと分かる描写が無かった。ただ王下七武海に勧誘される、新世界に進出しジンベエのような覇気使いとの交戦経験もあり、マーシャル・D・ティーチとの戦闘では殴られたことに驚く(ティーチ曰く「殴られるなんて久しぶりだろう」)など、習得はしているものと思われる。

引用 ピクシブ百科事典

 

エースについてまとめ

エースについてまとめれば

  • 体を燃え盛る炎へ変化させる事ができる自然系の能力者
  • 火力や規模を最大限まで高めれば家屋や帆船をも一瞬で爆砕、全焼させてしまう
  • 自然系なので当然のようにほとんどの物理攻撃によるダメージは受け付けない
  • 上位関係であるマグマグの実の能力者に対してはダメージを与えられず、逆に相手側の攻撃では一方的にダメージを受けてしまう

以上がポイントになってきそうですね。

 

バトルを予想してみよう

お互いに戦う理由がなさそうではありますが、エースとナツはともに炎を扱う人物であるので、単純に

どちらが強いか

を決定する武道会にでも参加したということにしましょうか。

 

それと、本人達の能力がすべて開示されているという保証が無いため

あくまでも現状判明しているデータ(エースはすでに死去されたので、ほぼ全て判明していると思われますが)

でシミュレーションしてみます。

 

お互いの強みを生かして、真っ向勝負

ここで、先ほどのお互いの強みや特徴をおさらいします。

 

エースの強み

  • 火力や規模を最大限まで高めれば家屋や帆船をも一瞬で爆砕、全焼させてしまう
  • 物理攻撃によるダメージは受け付けない
  • 物理的なダメージを与える炎の塊を作り出したりといった技も持つ

 

ナツの強み

  • 炎を食べることで魔力や体力を回復したり、増幅することが可能
  • 銃弾を喰らっても出血程度で済んでしまう程の強靱な肉体
  • 炎と素手での格闘術を駆使した肉弾戦を得意とする

 

強みを見るとどちらも一歩も引かない印象です。

 

しいていえば、作り出せる火力の大きさはエースの方が優勢かな?

という印象がありますが

ナツは炎を食べて、魔力や体力を回復出来てしまいますので、消耗戦に持ち込まれたら、エースに勝ち目が無くなってしまいそうですね。

 

お互い肉弾戦に持ち込んだ場合

エースはダメージを受け付けないのに対して、ナツは強靱な肉体がありますが、「受け付けない」と言うほどではなさそうなので

肉弾戦にもちこんでナツの体力を削っていけば、エースにも勝機が見えてきます

 

お互いの弱点を突きながら勝負

今度は逆に、エースとナツのお互いにとって弱点を突きながらバトルを考察してみます。

 

エースの弱点

上位関係であるマグマグの実の能力者に対してはダメージを与えられず、逆に相手側の攻撃では一方的にダメージを受けてしまう

 

ナツの弱点

  • 魔力が完全に切れた状態で攻撃されたら危険
  • 火属性以外の魔法を食べると生気が無くなる
  • 嫌いなものは乗り物

 

この弱点を突きながら勝負することで、より決着が明確に見えてきそうです。

 

マグマの方が強いだと?

これは意外な設定でしたが、マグマの方が、炎よりも上位関係にあるんですね。

マグマ

ちなみに、炎と一言にいっても

  • たばこの火・・・650~850度
  • ガスコンロの火・・・1,700~1,900度
  • アセチレンバーナーの火(炎)・・・2,300~3,000度

と様々ですし、燃えている空間の温度として考えるなら、例えば

  • 一般的な建物火災現場・・・1,000~1,200度
  • 太陽の表面・・・6,000度
  • 太陽の中心・・・15,000,000度(1500万度)

と言われています。

 

一方、マグマの温度帯は?

一方、マグマの温度は、炎と比べてどのくらいなのでしょうか?

地下で高温のため溶融状態にある岩石物質の総称。岩漿ともいう。火山作用によって地表に噴出すれば火山の溶岩となり,地下で固結すると種々の火成岩となる。比較的浅い地下にあるマグマは 1300~650℃で,比重が 2.8~2.3の範囲にあるものが多いと考えられる。

引用 ブリタニカ国際大百科事典

とあることから

  • マグマ・・・650~1300度

ほどの温度しかありません。

 

ということは、単純に温度だけの観点から言えば

エースが耐久できる温度は1,300度が限界

なのかも知れません。

 

でもこの弱点(マグマに弱い、という事実)については、その表現の解釈によって変わってくるのかなぁ、と思います。

 

というのも、エースがマグマそのものに弱いわけでなく

メラメラの実を食べた能力者は、マグマの力を使えるようになるマグマグの実を食べた能力者に対して太刀打ちが出来なくなる

という意味なのでは無いのか?ともとれる可能性が、私はあるように思うのです。

 

 

現に、温度だけでいうと

一般的に炎(火)の方がマグマよりも高い温度を有している

わけですから、マグマより炎の方が上位(設定とは反対)にあるように思えませんか?

 

しかし、実際の設定では

火をも焼き尽くす灼熱のマグマ

とあるようですので、何とも解釈が難しいです。(尾田栄一郎は、いろいろと先を読んで設定していそうですし、温度についても調べていると思うんですよね。)

 

単に温度だけじゃはかれない要素(思いつくとしたら粘性あたりでしょうかね)が入っていることも考えられますので、まぁこのあたりは掘り下げるのは難しそうです。

 

今回は単純にナツとガチンコで勝負する話なので、細かいことはとりあえず置いときましょう。

 

とりあえず、今回は事実に沿って
マグマ(の力)でエースは死んだ=耐久温度は1,300度が限界
この事実だけ、弱点として使おうと思います。

 

決着の刻

今回の決着方法は、エースとナツ、それぞれについて

勝つためにはどう戦ったらよいか?

ということを検証してみます。

 

エースが勝利する条件

  1. 火属性以外のエーテリオンのかけらを入手して、ナツに食べさせる
  2. または、船上をバトルフィールドとする

このように「ナツをあらかじめ弱らせることができる」1または2の条件をクリアしたのち

  • 物理攻撃(火は一切使えない)により強靱な肉体及び体力を削っていく
  • 魔力が完全に切れた状態でとどめをさす

これで、エースの勝利が約束されました。

 

ナツが勝利する条件

ナツが武装色の覇気を使える

この第一条件がクリアになるかどうかで、この先の展開が大きく変わります。

武装色の覇気とは?見えない鎧を纏ってると、表現されるワンピースの世界で用いられている力です。自然系(ロギア)の能力者に対する攻防は、基本的にこれを駆使しないと、成立しません。

 

武装色の覇気が使える場合

  1. 1,300度以上の温度を持つ攻撃でエースを攻撃(できれば不意をつく)
これで勝利確定です
なんなら、直接手を下さずとも単に体温上昇だけでもナツはいけそうです。

あまりにもあっけない幕切れ

 

武装色の覇気が使えない場合

  1. 永遠と当たらない(またはダメージを受けない)攻撃を繰り返し、エースに炎の攻撃を出させるほど(精神的または物理的または体力的に)追い込む
  2. 炎を食べて元気100倍
  3. エースの体力が尽きるまで、2.3を繰り返す。
ちょっと勝利と呼ぶには怪しい結果となってしまいました。

ここで、完全なる失念に気づいてしまう。

そういえば悪魔の実の能力者は、海から嫌われるという前提すっかり忘れていました

当たり前過ぎることは、意識しないと思い出せない、といういい例です。

 

ともかく、この前提条件を踏まえて、お互いの勝ちパターンを考慮すると、ワンピースのエースとフェアリーテイルのナツがガチンコで戦うパターンは以下しか無いように私は思います。

再戦、決着の刻

さぁいよいよ決着をつけますよ。

戦場は船上

  • エースからすれば、ナツの体力を奪える
  • ナツからすれば、エースを海に落とせる可能性がある

以上の理由から、船上で戦いが繰り広げられるでしょう。

 

しかし、ナツに覇気が使えれば、わざわざ海に落とす必要が無いので、船上は避けるかも知れません。

 

エース勝利条件

  1. 物理攻撃(火は一切使えない)により強靱な肉体及び体力を削っていく
  2. 魔力が完全に切れた状態でとどめをさす
  3. 海に落ちないように細心の注意を払う
以上で勝利確定です。

 

ナツの勝利条件

  1. 船酔いに耐えながら戦う
  2. 覇気が使えれば、覇気を纏って1,300度以上の攻撃を繰り出す
  3. 覇気が使えなければ、船を破壊するなどでもしてエースを海へと突き落とす

以上が勝利条件です。

まとめ

エースが勝つには、クリアすべきハードルが多く、またそのハードルも高そうです。

一方、ナツは覇気が使える使えないどちらにしても勝機が明確にあります

 

ということは、案外ナツの方が勝つ可能性が高そうですね。

 

個人的にワンピースファンとしては、エースに勝って欲しかったですが・・・。

 

 

フェアリーテイル(オンラインで読む)

FAIRY TAIL [フェアリーテイル] (1-61巻 続巻) -漫画セット-

 

ワンピース(オンラインで読む)

ONE PIECE ワンピース (1-86巻 続巻)

 

ちなみに上記の全巻を販売してくれるサイトをお探しの方に、漫画全巻ドットコムと全巻漫画ドットコムは別会社?という記事を用意しています。よければどうぞ。

 

他のジャンプシリーズもどうぞ

 

物理教師がアニメを語ると全シリーズはこちら

スポンサーリンク