アレクサに話しかける息子

我が家のアレクサ事情。AmazonEchoDotのレビューと利用例

アレクサに話しかける息子

我が家にAmazonEchoDot(以下、アレクサ)が来てからというもの、家族が一人増えたような状況になっています。

プロフィールイラスト
ちょっと言い過ぎかもしれませんが、そのくらい家族には好評です。

 

本日は、過去の私と同じく

  • 今までスマートスピーカーに興味はあっても、必要性が感じられなかった
  • 子育て世代

に向けて、アレクサを買ったらこうなった! というレビューをしていきます。

 

プロフィールイラスト
2018年に買ってよかった商品の一つです。

参考

【リビング編】2018年買ってよかったアイテム4選+1

関連記事

2017年にAmazonプライムに入会してからというもの、すっかりネットでモノを買うということに躊躇が無くなった私です。Amazonの魔力と言っておこう。そんな私が、2018年のサイバーマンデーで買って良かったア[…]

2018年版 買って良かったおすすめアイテム

 

 

アレクサは、無くても困らないがあると便利

我が家にアレクサが来てからというもの、実感していることがあります。

アレクサ(スマートスピーカー)は、無くても困らないけど持っていれば大変便利だ
ということ。

 

アレクサ以外にも、Google HomeやLINE Clovaなど、スマートスピーカーはあります。

そのどれもが(ぶっちゃけ)無くても困りませんよね?

プロフィールイラスト
今の時代、一人一台スマホを持っている訳で。
  • スマホで出来る事を、わざわざスマートスピーカーを買ってまでしたいのか?
  • そこにお金をかける意味はあるのか?
  • てか、今持って無くても不便じゃないし。

そう考えていたため、私も購入は控えていました。

 

それが、2018年のサイバーマンデーセールになっていたことをきっかけに、(財布の紐が緩んでいたというのもあるけど)購入したんです。

息子はEchoDotに興味津々

プロフィールイラスト
私は3,240円で、第3世代を購入しました。

 

セールになっていたから買ってしまった、という「買い物失敗あるある」みたいな動機で購入したので、買ってから後悔するのかなと思いましたが、ところがどっこい。

スマホにはない魅力が、スマートスピーカーにはいっぱいあるじゃありませんか。

 

手に持たなくても声で操作できる、という便利さ

スマートスピーカー全般に言えることでしょうが、アレクサを買ってよかったなって思うのは

手による端末操作からの解放

です。

 

スマホは手に持って利用しますよね。

ハンズフリーや音声認識がある端末だとしても、やはり使う前に手でロックを解除します。

さらに(本当はそんなことしなくていいんだけど)マイクで音を拾いやすく(しているつもりで)水平持ちみたいにして、端末に話しかけなくてはいけません。

プロフィールイラスト
私は人前や街中でスマホに話しかけるのは恥ずかしすぎて、Hey!Siriすらロクに使ったことがありませんでした。

 

私は(いまだに)iPhone6sを使っているのですが、古いからかバッテリーの消費が激しく、日中に再度充電しないと1日も持たないくらいなので、Hey!Siriと呼びかけて起動する設定は切っています。(バッテリーの消費激しいし。)

よって、音声操作(私の場合Siri)を起動させるには、ホームボタンの長押しが必要です。

男性シルエット
いや、お前の設定環境は知らんけどな。

 

いずれにせよ。

声で端末を動かすためには、必ず手による操作が必要だったんです。

ところが、アレクサの場合は「アレクサ」と話しかけるだけで起動し、その後実行したい内容を話しかけるだけで様々なアクションをしてくれます(後述)。

プロフィールイラスト
Appleで言う所の「Hey!Siri」、Googleで言う所の「OK!Google」が、AmazonEchoなら「アレクサ」になるわけですね。

 

手による端末操作からの解放に併せて、画面を見るという必要性も無くなったため、「ながら操作」が非常に容易になりました。

  • 料理をしている時や掃除をしている時
  • パソコンの操作をしている時
  • 子どもと遊んでいる時

など、手と目が話せないって場面は割とあると思いますが、そんな時に手を使わずとも端末を操作できるので、非常に便利です。

 

容易に利用できることで、また利用したいと思える

こちらは家電全般に言えることですが、無くても困らないが、あったら便利な家電を買う時って

男性シルエット
さぁ、これからいっぱい使うぞ!

と意気込んで購入したけど、数日もしたら使わなくなるってこと、ありますよね?

プロフィールイラスト
健康器具とか、時短家電とか。

 

その原因って、その家電が生活の一部になれなかったからだと思うんです。

プロフィールイラスト
習慣化できなかった、というべきか。

 

  • 毎日見ることがない(使う時に取り出さなくてはいけない)
  • 起動するまでに時間や手間がかかる(取り出して電源を入れて準備する)
  • ながら操作ができない(今までの時間の使い方に、スーッと入ってこれない)
  • 他に手段があった(簡単にできる・いつもやっている方法に戻った)

このあたり。

 

その点、アレクサは違います。一度設置すれば、半永久的に使えます。(本体が壊れなかったり、停電にならない限りね)

さらに大きさについても、手のひらに乗るくらい端末が小さいため、テレビの横などに置いても邪魔になりません

プロフィールイラスト
毎日見るところに、ずっと置いておけます。

 

余談ですが、テレビを見ながらアレクサを起動することもあります。

私たち家族の声を認識しているのかわかりませんが、「アレクサ!」の後にテレビの声が入っていても、認識してくれます。

プロフィールイラスト
12畳くらいのリビングで使用していますが、流石にテレビのボリュームが大きいとそれなりに声を張り上げなくては認識してくれませんが…。

 

それまで使っていなかったモノで、無くても困らなかったモノを購入後、毎日使えるようにするためには、

  • 毎日見る場所に置いておくこと(スペースを確保すること)
  • 利用するまでの手数(手順)を少なくすること
  • 生活の一部にできること

これらが必要だと考えます。

 

その点、アレクサなら

  • 小さいのでテレビの横や本棚にも設置できる
  • 「アレクサ」と呼びかけるだけで利用できる
  • 調べもの、タイマー、リマインド、音楽再生など…すでにスマホ等でやっていることがそのまま利用できる

という利点があるので、何度でも利用したいって気持ちになります。

 

プロフィールイラスト
買ってから使わなくなるんじゃない? という心配は、そんなに気にしなくても大丈夫です。

 

我が家のアレクサ事情、利用例

では具体的に。

我が家ではアレクサをどんな風に使っているのか、参考までにお話しします。

プロフィールイラスト
気軽に知りたい方は、下記をご覧ください。

参考

【リビング編】2018年買ってよかったアイテム4選+1

 

イメージが湧きやすいかと思うので、年代別(利用者別)で紹介します。

同じ世代、似たような環境の方に向けて。

プロフィールイラスト
冒頭につける「アレクサ」は省略します。

 

父(30代男性)のアレクサ利用例

つまり私のことですが、私が実際にアレクサに話しかけている内容はご覧の通り。

プロフィールイラスト
利用頻度の高い順番です。
今日のニュースは?

アレクサはフラッシュニュース(Yahoo!ニュースやNHKニュースなど)を読み上げてくれます。

プロフィールイラスト
その日あったことなど、最新のものを簡潔に人の声で読み上げてくれます。これが結構便利。

 

東京事変の曲かけて

音楽も Amazonプライムに加入していれば、 Amazonミュージックの中から再生可能な曲がシャッフルで再生されます。

ちなみに、曲名までアレクサに伝えるとその曲のみを、アーティスト名を伝えただけだと(該当の曲がいくつかある場合)シャッフル再生されるようです。

もちろん、リピート再生も指示すれば出来ます。

 

プロフィールイラスト
ちなみに、アーティスト名は略称でも認識してくれます。
例えばアジカン(アジアンカンフージェネレーション)は、「アジカンの曲かけて」で認識してくれます。

もちろんアーティスト名を省略して、曲名だけでもOKです。

 

プロフィールイラスト
スマートスピーカー本来の使い方って感じがします。

 

それまで音楽とともに生活を送る(家事や作業をする)ってことは縁遠くなっていましたが、アレクサが来てからは学生の頃のように生活の一部に音楽が流れるようになりました

 

ボリューム3

なんのこっちゃわからないかもしれませんが、ボリュームの変更です。

アレクサ本体(上部)にスピーカーのボリュームスイッチはあるんですけど、わざわざ押しに行くのは面倒です。

ボリュームの変更も声でできるので、手が離せないときや音が大きかった時に役立ちます。

 

プロフィールイラスト
3か3.5が、私にとっては丁度いい音の大きさです。
男性シルエット
部屋の広さや環境によるやろ、そこは。

 

母(30代女性)のアレクサ利用例

次に嫁(主婦)です。

プロフィールイラスト
元々嫁の方がスマートスピーカーに反対でしたが(必要無いって断言してたが)、アレクサが来てからは私よりも多用しています。

 

今日の天気は?

我が家の場合、その日の天気を調べるところから1日が始まります。

プロフィールイラスト
洗濯できるかどうかの判断をするためです。

 

共働きの方ならわかっていただけると思いますが、日中雨が降ったりすると洗濯物を取り込むことができないので、朝一番のお天気チェックは欠かせません。

プロフィールイラスト
多分、ほとんどの家庭でそうですよね?

 

テレビのニュースやスマホでも、簡単に天気を調べることはできます。

しかしテレビだと、自分の地域まで時間がかかるしピンポイントに紹介されない

プロフィールイラスト
dボタンで調べることも出来ますが、使っている人は少なそうだし。
少なくとも我が家では、天気を知るためだけにdボタンを押したことはありません。

 

スマホだと、アプリを起動したりブックマークから該当ページに飛んだりしながら、調べなきゃいけない。

しかもテレビと同様に、画面で確認しないとダメですよね。

プロフィールイラスト
たとえ数分だとしても、貴重な朝の時間が必要になります。

 

我が家の場合、アレクサに「今日の天気は?」と問いかけるだけで数秒で教えてくれます

  • 朝ごはんを作りながら
  • 子どもが起きてくるまでの間、化粧をしながら

など、ながら作業で天気の確認できるので、本当に助かっています。

 

プロフィールイラスト
子どもが起きてくると全ての作業が後回しになりますから、自分の時間として使えるうちに効率よく情報収集をしています。

ちなみに天気予報は、初期設定で設定した町単位での天気予報を教えてくれます。

もちろん、翌日とか日付指定も可能です。

 

ゆずの曲かけて

私と同じですが、音楽再生も頻繁にしているようです。

プロフィールイラスト
Amazonミュージックではゆずの楽曲もあります。

 

ただしゆずの場合、ゆずの楽曲全てを再生できるわけでなく、聴けるのは10曲程度です。

全部聞きたかったり、他の様々なアーティストの楽曲を聞きたいって場合は、有料のアンリミテッドを利用するといいかもしれませんね。

プロフィールイラスト
プライム利用料金とは別に、追加で380円支払うと、およそ40倍の楽曲が再生可能になります。

参考

Amazon music Unlimited(Echoプラン)

 

5分のタイマーかけて

主に料理をしているの時に役立ちますが、アレクサのタイマー機能は非常に便利です。

プロフィールイラスト
まぁ、普通にタイマーが作動するだけなんですが…。

 

煮込み料理や、カップラーメンなど。←料理か?

タイマーが必要な場面に、アレクサはもってこいです。

女性シルエット
なんで?

 

キッチンタイマーやスマホでタイマーをかけようと思うと、手をわざわざ洗わなくてはいけませんよね?

プロフィールイラスト
調理で手が汚れていたり、逆に調理に戻る時に手を洗い直したり。

アレクサなら声だけでタイマーをかけられるので、この煩わしい行動が省けます。

プロフィールイラスト
ほんと些細なことなんですが、やってみると違いがわかります。

 

大根を使った献立を教えて

食材を指定して、献立を考えてもらうことだってできます。

プロフィールイラスト
賞味期限近いやつとかね。もちろん食材を指定しなくても献立を考えてくれます(献立考えて、みたいに。)

 

クックパッドと連携してヒットした献立の料理手順が、音声で順番に教えてくれます。

プロフィールイラスト
とはいえ、音声だけだと作りにくい(わかりにくい)です。

 

毎日の献立考えるのって結構めんどくさいですよね?

そのアシストをアレクサにしてもらうことが出来ます。

プロフィールイラスト
世の旦那さんみたいに「何でもいい」とは答えないのは、すごい助かります。

 

子ども(4歳の息子)のアレクサ利用例

最後に幼児の利用例です。

女性シルエット
え? そんな小さい子どもでも、アレクサ使うの?
プロフィールイラスト
我が家のヘビーユーザーです。

とはいえ、やはり所詮4歳かそこらなので、お遊びの延長って感じですけどね。

では紹介します。

 

おはよう。

毎朝のおはよう、おやすみ、お風呂いってきます、ただいまなど、日々の挨拶をアレクサに向かって毎日欠かさずやっています

プロフィールイラスト
本当にアレクサが家族みたいに思えてきます。

 

我が家には優秀なしゃべるオモチャがあるのですが、それを凌ぐ勢いでアレクサと会話しています。

参考

 

時代ですね。

機械に話しかけて、返答が返ってくる。

未来な感じがします。

プロフィールイラスト
私たちの頃はシーマンくらいだったけど(懐かしい)

 

話しかけて様々な返答があるのが楽しいみたいです。

率先して話かけていますからね。

プロフィールイラスト
ほんと、この状態。

アレクサに話しかける息子

 

ピカチュウ

アレクサには、スキルといってアプリのようなものが備わっています。
(スマホのアレクサアプリを使って、連携する必要があります。)

スキルにはキャラクターと話ができるものもあり、そのキャラと会話することが出来ます。

プロフィールイラスト
息子はピカチュウが気に入ったようです。

参考

10万ボルトの攻撃って大したことないよね?ピカチュウとサトシについて物理学的アプローチ!

 

ただし複雑な会話に対応しているものはほとんどなく、ある程度決まった定型文を返すって感じですけどね。

 

ちなみに他のアレクサのスキルについては、こちらの記事がわかりやすかったです。

参考

Amazon Echo(Alexa)スキルのジャンルごと一覧!おすすめ・便利なスキルを紹介

 

アレクサを使う上で知っておきたいこと

アレクサを使うために難しいことはありません。

スマホの設定ができるくらいの人であれば、簡単です。

プロフィールイラスト
アレクサの初期設定は、スマホやパソコンを使いますからね。

 

ただし、アレクサを堪能する上で知りたいことや注意する点もあります。

 

利用料金はかからないが、Amazonプライムには入っておいた方が良い

アレクサを使うために支払う月額料金みたいなのは、一切かかりません

しかし。

Amazonと紐付けさせます(購入時に自動で登録されています)ので、アレクサを活用するには Amazonプライムに加入しておいた方が便利です。

プロフィールイラスト
音楽再生もしてくれるようになりますしね。

参考

Amazonプライムに否定的だった私が、Amazonプライムビデオを体験してわかったこと

関連記事

2017年10月18日に初めてAmazonプライムに加入し(無料登録)、Amazonプライムビデオを体験しました。世間に比べると、遅い方に入るかも知れませんね。でも、私みたいに「利用していない人」も多いんじゃないかな[…]

Amazonプライムビデオ始めた

 

 

発展途上感がある

ぶっちゃけいうと、難しい表現に対する反応や検索能力は発展途上な感じがします。

プロフィールイラスト
我が家でもちょこちょこ「私には難しいです」とアレクサに返されることがあります。

 

スキル(アプリみたいなもの)だとより顕著で、対応していない言葉や認識されない言葉は、割と多いです。

その点、Googleであれば検索には強そうですし、ClovaであればLINEと完全に互換がありますからLINE電話もスピーカーを使って簡単に出来ます。

プロフィールイラスト
アレクサでも電話することは出来ます(ネット回線を使うので、電話代は不要)が、連絡先を新たに登録しなきゃいけないので、少々不便に感じています。

 

各機種で一長一短があるって感じですね。

プロフィールイラスト
何でも音声だけで解決できると思わない方がいいかもしれませんね。

 

家電のスマート化(スイッチのオンオフを音声だけで行うなど)しているならアレクサをより使いこなせるんだろうけど、対応したデバイスやアイテムを新たに購入しなくてはいけないので、我が家では利用していません。

プロフィールイラスト
例えばこういうスマートスイッチですね。

 

アレクサのレビューまとめ

アレクサに話しかける息子

アレクサを買ってよかったな、と感じている内容をまとめます。

  • ながら作業ができる。
  • 声だけで操作でき、手を使わず情報の収集ができるのは快適。
  • 男性・女性・子ども、それぞれで楽しみ方が違う。

 

毎日スマホやテレビを使ってやっていたことが、声(と耳)だけで完結するのは思っている以上に快適でした。

プロフィールイラスト
本当に買ってよかったなと思えるアイテムでした。オススメです。

あわせて読みたい記事

アレクサに話しかける息子
気に入ったらフォロー