【アンパンマンおしゃべりいっぱい!ことばずかんSuperDX】レビュー。使ってみたら、本当にデラックスだった。

2017-11-11口コミやレビュー

アンパンマンおしゃべりいっぱいことばずかんSuperDX

本日は

アンパンマン にほんご えいご 二語文も!おしゃべりいっぱい!ことばずかんSuperDX

のレビュー記事です。

 

この商品、高いだけあって秀逸です!

 

スポンサーリンク

アンパンマンおしゃべりいっぱいことばずかんSuperDXの基本おさらい

まずは、基本的な内容から。

この本は(本製品専用)タッチペンで、本や付属品のポスターに描かれたイラストをタッチすると、アンパンマンやバイキンマンたちなど、キャラクターがしゃべってくれます。※14もの主要キャラクターが登場します。

 

個人的には、コキンちゃんの「鬼は外、福は内」が大好きです。

ホラーマン扮する「鬼」にビビりまくっている様子が、伝わってきます(笑)

息子はホラーマン扮する鬼をタッチして流れる「おに」という言い方が気に入ったようですが。

 

アンパンマンおしゃべりいっぱいことばずかんSuperDXは、姉妹品がたくさんありますが、それぞれ専用タッチペンです。

 

見た目に反して、超ハイテク

アンパンマンおしゃべりいっぱいことばずかんSuperDXの本や付属品のポスターは

ぱっと見、普通の紙(光沢紙)のようにしか見えません。

紙の厚みも一般的なものです。

 

ファミレスなどにある、サブメニュー(ラミネートされた期間限定メニュー)の感じ

と言えば伝わるかな?

 

見た目はごく普通の紙にもかかわらず、専用タッチペンでタッチすると、それに合った言葉を発してくれる。

 

昭和世代の私からすると

「おもちゃの進化がすさまじい…」

と感じずにはいられません。

 

会話できる、図鑑

アンパンマンおしゃべりいっぱいことばずかんSuperDXの収録語は

  • 日本語1,400語以上
  • 英単語800語以上

合計2,200種類以上にも及びます

 

さらに、この製品の特長である

二語文

に対応しているページでは、単に指したイラストを読み上げてくれるだけでなく

2つのイラストを組み合わせて、文章として成立した形で読み上げてくれる

というのが、画期的です。

 

製品名通り「図鑑」としても楽しめるし、一歩進んで「しゃべる図鑑」としてもいいんですが

「会話できる図鑑」

という表現があっているな、と私は思います。

 

アンパンマンおしゃべりいっぱいことばずかんSuperDXの特徴まとめ

アンパンマンおしゃべりいっぱいことばずかんSuperDXで楽しめる内容を、数字中心にまとめてお伝えします。

 

図鑑ページは全53ページ

アンパンマンおしゃべりいっぱいことばずかんSuperDX

表紙や目次なんかも、音声対応しています。(無駄がありません。)

このうち、二語文に対応しているページは18ページもあります

 

ちなみに、この製品はバインダーのようになっているので、表と裏で2ページカウント

です

 

表紙(固定)+表紙裏(固定)+めくれる部分(25枚、表裏)+最終頁(固定)

(1+1+25×2+1=53ページ)

 

パッケージに書いてある「充実の53ページ」を私は誤解して

「かなり分厚いのか?」

と思っていましたので、一応書いておきますね。

 

クイズやゲームは12種類

読み上げられた名前の絵を探したり、乗り物の音、鳴き声から絵を探したり…というようなクイズはもちろん

好きな料理をタッチして注文したり、買い物遊びや、演奏遊び…

飽きさせない工夫が盛りだくさんです。

 

収録語数は2200種類以上、登場キャラは14種類

日本語、英単語、文章合わせてなんと2,200語以上

要は

2,200通りのリアクションをしてくれる

ということ。

 

ハイテクすぎます。ポスターだけでも30はありますからね。

 

声の種類も、主役のアンパンマンやバイキンマンだけでなく

ドキンちゃん、しょくぱんまん様、などのサブキャラクターはもちろんのこと

チーズやかびるんるんも登場してくれます。(まぁ、話す内容は想像できると思うけどw)

 

注意点や、ツッコミどころなど、その他の情報

アンパンマンおしゃべりいっぱいことばずかんSuperDXを実際に買わないとわからないところを、お伝えします。

 

英語の発音がネイティブすぎる

アンパンマンおしゃべりいっぱいことばずかんSuperDXでは、英単語も800語以上収録されています。

専用タッチペンで切り替え、英語発音に対応しているイラストをタッチすると、そのイラストを英語で話してくれるのですが

 

発音がネイティブすぎる(笑)

 

知っている単語なら、こちらもわかるのですが、知らない単語だとクリアな音質じゃないこともあって聞き取りづらいのか、「??」というのもあります

 

目…eye(άɪ)

…余裕。

 

お腹…Stomach(stˈʌmək)

…ギリわかる

 

おへそ…belly button(béli bˈʌtn)

…。

…はい?

 

おへそ…belly button(béli bˈʌtn)

…ベ?ブ? えっ、なんて?

 

って事態に陥ります。親の方も勉強になるなぁ~(笑)

 

それいる?レベルの英語

英単語はかなりうれしい機能ですが、それいる?レベルの単語まで収録されています。

 

例えば、恵方巻き。

あなたは、「恵方巻き」を英語で何というかわかりますか?

 

 

おしゃべりいっぱいことばずかんSuperDX、の答え。

 

EHOUMAKI

 

 

 

…まんまやん!!

 

いろいろと探してみてください。

ちなみに英単語は基本的に物の名前にはすべて対応しています。(凄い数!!)

 

二語文が秀逸すぎる!!

おしゃべりいっぱいことばずかんSuperDXの特徴でもある「二語文」機能。

これが、秀逸すぎます。

 

イラストを組み合わせて、話してくれる

ってのが、すごいことはすでに話しているし、想像もしやすいかな?と思うのですが、なんと

 

出来た文章に、アンパンマンが反応(ツッコミ)してくれます。(全部じゃないけど)

 

文章として成立していれば、アンパンマンは褒めてくれます。

これは想像できますね。

 

じゃぁ、文章として成立していなければ、どうなると思います?

 

例えば

「自転車」と「投げる」をタッチすると

 

「自転車を投げる」

 

とアンパンマンが読み上げてから、なんとアンパンマンが

「自転車を投げたらあぶないよ!」

と教えてくれます。

 

じゃぁ、「お風呂」と「飲む」では?

 

「お風呂を飲む」

「お風呂のお湯は飲まないでね!」

 

と優しく教えてくれます。

 

いやぁ、凄い。

他にどんなものがあるか、ついつい探したくなります。

 

遊んでみた

実際に息子が遊んでいる様子です。

 

使って1週間経った様子

遊びはじめて1週間が経ちました。

こどもの吸収力・学習力はスゴイです。

 

 

まとめ

アンパンマンの「にほんご えいご 二語文も! おしゃべりいっぱい!ことばずかんSuperDX」は、おもちゃにしては高額な部類に入りますが(定価1万円ちょっと、実勢価格8,000円から9,000円あたり)

2,200のアクションスイッチがついたおもちゃ

と思えば、かなりお買い得です。

 

さらに言えば、アクションが多いため

(言葉を理解し発するようになる)2歳前後から、5歳や6歳くらいまで

は十分に楽しめるものです。

 

英単語は大人も勉強になります(笑)

 

お子さんと一緒に、どんな会話をしながら楽しく遊びますか?

 

関連記事

【アンパンマンのはじめてのおしゃべり48】の使用感をレビュー!口コミや評判などもあわせて

アンパンマンのレシピ。Amazonのオススメで買うとこうなる!

 

 

スポンサーリンク