子どもとのお風呂に苦労しているあなたに伝えたい、私の成功体験

2017-06-09育児

子どもとお風呂に入っている

子どもと一緒にお風呂入っていますか?

私は今2歳半の息子がいますが、生まれてからほとんど毎日一緒にお風呂に入っています。

はじめはベビーバスでの入浴でしたが、ある程度大きくなってきたら(半年~1歳くらいだったかな?)一緒に入るようになりますよね。

そんな時、私のところも同じでしたが

  • お風呂に入る前にぐずったり
  • お風呂に入ってからもぐずったり

と言うことがありました。
イヤイヤ期には、まさにイヤイヤの連続・・・。

毎日仕事で疲れているところに、さらに疲れがのっかります
育児は分担とはいえ、せっかくこころも身体も休まるはずの入浴タイムが全然休まりません

ストレスが増してきた!!!というときはこちらをご覧ください

 

しかし今では、すっかり(お互いに)慣れて、毎日楽しくお風呂に入れています

本日は、そんな、成功体験と呼べるほど大それた事はしていないのですが、それでも

毎日子どもとお風呂が楽しく入れる

コツのようなものを、自称イクメン(自称とか言ってるやつが、一番怖い)である私が
実際に行ってきたことをお話しします。

 

スポンサーリンク

お風呂場はアヒルに侵略された模様です。

我が家の狭いお風呂には、アヒルが4羽います。

やはり、アヒルに限らずお風呂のおもちゃは効果抜群です。

 

おもちゃは単におもちゃとして遊ぶ(水を出す、がらがら音が鳴るなど)為だけではなく、そのおもちゃを擬人化して遊ぶことが多いです。

キャラクターを使い分ける上でも、カラーバリエーションがあった方がいいかもしれません。我が家は色の三色です。(信号機カラー)

 

似ている・似ていないは、問題ではありません。

うちのアヒルは、頻繁に、、又はアンパンマンバイキンマンに変身します。

 

話が少しそれます。
息子は2歳半にしてすでに嵐のファン歴1年なのですが、嵐にイメージカラーがあることはご存じでしたか?

 

ライブでの衣装が特に顕著なんですが

  • 相葉雅紀=緑
  • 大野智=青
  • 櫻井翔=赤
  • 二宮和也=黄
  • 松本潤=紫

のようなんです。

 

息子が1歳半くらいになったときには、色の名前を聞くと色に対応した嵐のメンバーの名前を言うようになっていたくらいです。

というかすでに自分が嵐の一員のように振る舞っています

 

息子は例えば黄色のアヒルを指さして、「これは何色?」と尋ねると黄色と答えずに「にの」と答えます。

我が家の黄色のアヒルは、誰が何という言おうと、息子からすればニノなのです。

ニノ担の方、気分を害していたら申し訳ありません。

 

2歳半になった今では、きちんと色も答えますが、言葉を多くしゃべれるようになった分アヒルの擬人化が功を奏しています

早くにしゃべれているのはアンパンマンのおかげかもしれません。

 

アヒルを手に取り、(私が)嵐になりきりながら、一緒にお風呂で嵐の曲を歌ったり、息子に話しかけたりしています。

 

一人遊びも十分できるようになったので、我が家のアヒルの大野さん翔さんニノ
そして、息子が夢中でおしゃべりをしているということもしょっちゅうあります。

 

おかげで、私もゆっくりと頭や身体が洗えるようになりました。

 

アンパンマンとバイキンマンについても、全然似てないですが、声色だけは明確に違いをつけて、同じアヒルがしゃべっています。

 

こんな感じで、似ているとか似ていないは問題で無く、また、そのキャラクターそのものでなくても、子どもが好きな人物になれたり、キャラクターになれたり出来るのは、非常に効果的でした。

 

アヒル様!ありがとう。何匹増えようが浸食されても全然問題ありません。

我が家はすでにトミカにすら浸食されていますからw

 

何でもおもちゃになります

わざわざおもちゃを増やさなくても、子どもはどんなものでもおもちゃとして遊べます
うちで息子が気に入って遊ぶモノとしては

  • がちゃがちゃのカプセル
  • ぷちぷち(緩衝材)
  • ペットボトルキャップのふた

こんなところがオススメです。特にがちゃがちゃのカプセルは、穴も開いてるから水も流れるし、色のバリエーションがあったりするとよりいいかもしれません。
我が家では、ままごとの際のコップやお椀代わりだったり、アヒルの帽子になったりします。

 

難関である頭を洗う時に役立つこと

うちでは、小さい頃から顔に水がかかるような状況をつくってきました。

ふざけながらバシャバシャ顔にお湯をかかるような感じです。

 

また、息子の顔に水がかかっても、過度に反応しないように努めました。

 

お父さんの中には、子どもがいやがるから極力顔に水がかからないように配慮しようとするかもしれませんが、その必要はないと思います。

 

子どもはこちらの心配をよそに、自然と顔にかかった水をぬぐう術を身につけます

自らの手で拭いたり、「タオル~っ」ってきちんと意思表示してきたり。

 

なので、顔に水がかかることは、そこまで神経質にならなくて大丈夫です。

 

しかし、覚悟はしてください

そんな状態になるまで、私も経験済みですが、ギャン泣き(呼吸が止まるんじゃないか?と言うほどの泣き具合)が度々ありました。

 

特にシャワーで頭を流している時にありました

 

おそらくお父さんの中で、子どもをお風呂にいれるのが苦手という方は、この

  • 子どもの頭や身体を洗うこと
  • そこから来るギャン泣きが怖い

これがあるから苦手なんじゃないかなぁと感じます。

 

仕事の都合で、たまに嫁と息子がお風呂に入ることがあるのですが、嫁曰く、100%の確率で未だに泣きじゃくるそうです。

 

しかし、私が入れると、シャワーの時に笑っていたりするときもあるくらいなので

どうやっていれてるん?どうやって頭洗ってるん?

と聞かれたりもします。

 

やっぱり自分が子どものためにと思っておこなった行動が、子どもに馴染まないとショックですし、自分に出来なくてパートナーが出来たりすると「んじゃぁ、やってよ」と投げやりに近い(嫉妬に近い)ものがあったりしますよね。

そこで、一応「私と私の息子はうまくいきましたけど」という前置き(保険をかけて)を作り紹介させていただきます。

 

頭を洗う時のコツ

まずは身体を先に洗います。(立った状態で)

順序としては、上から(頭から)洗いたい気持ちでいっぱいなのですが、私は身体から先に洗ってあげます。

その方が水に慣れるのか、その後の行程がスムーズに行きます。

私の胸に顔を埋めるようにさせます

ちょっと伝わり伝わりづらいかも知れませんが、こんな感じです。

親の胸に顔をうずめている様子

頭の後頭部をシャワーでぬらしたあと、シャンプーで頭をごしごし

このときに気をつけて欲しいのが

シャワーを首元(うなじあたり)にかけ続ける

と言うことです。

首の位置を示した図

昔テレビか何かで読んだのですが、シャワー嫌いの犬が「背中にタオルを掛けられた状態」だと、おとなしくなると言うのを見たことがあります。

似たようなことにはならないだろうか?と思い、首元にシャワーをかけ続けながら頭を洗ってあげたら、その後流した時にも全然泣きませんでした。

理由はよくわかりません。

大人でも首元にシャワーが当たると気持ちがいいので、単純にそんな理由なのかもしれませんね。

ポイント首元にシャワーをあてながら頭を洗う!

一気に洗い流す

出来れば、シャンプーが目に入らないように頭頂部の前から後ろに向かって出来るだけ一方向に洗い流してあげてください。

 

重要 泣かなかったら(いつもよりぐずらなかったら)ものすごく褒めてあげる

お風呂に限ったことじゃないですが、子どもは褒められて伸びると思います。どんな些細なことでも、きちんとできたら(今まで出来なかったことが、ちょっとでも出来るようになったら)、褒めちぎってあげるようにしています。

 

ちなみに、私は息子を褒めるとき、決してオーバーにせず、適度な熱量で褒めてあげることを意識しています。

 

以上を何度か続けるうちに、息子とはシャワーを浴びながらお話しも出来るようになりました。

たまに眠い状態でお風呂に入ると、機嫌が悪いので「ぐずぐず」いいたいような感じになることもありますが、彼なりに我慢してお風呂に入れるようになりました。

ポイント出来たらきちんと褒めてあげる

 

まとめ

ここまで話しておいて元も子もないですが、やはりお風呂はお互いの慣れだと思います。

 

本日はお風呂に慣れさせるため、シャワーに慣れさせるための私の手順を簡単に紹介しました。

あなたとお子様だけに合った習慣が見つかるといいですね。

 

せっかく1日の汚れと疲れを取り払う入浴タイム。
楽しみながら入りましょ!

 

子供とのお風呂はストレスなんです・・・という方はご覧ください

 

 

スポンサーリンク