物理がキライ!という人にこそ、読んでほしい。あなたの7分間をいただきます。【歴史編】

2017-10-07コラム

物理

あなたは、物理が好きですか?キライですか?

 

好きな人は、まぁ、いいとして

「嫌いな人ぉ~、手あげてぇ~」

 

手を挙げた、あなた!

理由当ててみましょうか?

最近習ったDaiGoのテクニックを活かして…(大ウソ)

 

ズバリ、「難しいし、ワケわかんない」

 

ですね?

 

そんな方のために、本日は

「物理を好きになってもらう。」まではいかなくても

「へぇ、物理って、案外面白いのかも」って感じられるように

【歴史編】と【本質編】に分けてお話ししていきます。

 

では、これより、あなたの貴重な7分間(約2,100文字)をいただきます。

 

スポンサーリンク

物理は、所詮、350年間の歴史しかない

  • 国語 1,300年
  • 数学 2,600年
  • 中国 4,000年
  • 餃子 一日100万個

うしろ2つは、リズムを作りたかっただけですが(無駄な文字を書いている場合じゃないw)

 

学問とは往々にして、長い歴史があります。

だからこそ、奥深く、難しい。

 

その点、物理は、たったの350年比較的新しい学問です。

言い換えれば、今の私たちと、似たような感性を持った人たちが始めた学問です。

 

構える必要は、何一つありません。所詮ガキンチョの学問です。

 

え?!物理の歴史はたったの100年??

実は、350年前に誕生した物理は、すでに、もう古い域に達しています。

古文扱い。

 

新たに、現在の物理を作り上げた人がいます。

アインシュタインです。

アインシュタイン

この人の登場で、物理は大きく変わりました。

 

2017年、ノーベル物理学賞を受賞した「重力波」

 

アインシュタインが、その存在を予言しておきながら、証明できなかった

「アインシュタインの最後の宿題」

といわれるものです。

 

そんな彼の考えや功績は、当たり前のように、今の時代に浸透しています。

 

鹿が金魚に変わる、ことを防いでくれている

例えば、GPS。

カーナビやケータイなどで利用している、人工衛星を利用して位置情報を取得するシステムです。

global positioning system=全地球測位システム、の略です。

 

この人工衛星って、ムチャクチャな速さで地球の周りを回っています。(時速28,440km)

そして、地球の重力の影響も受けています。

 

この二つの影響によって、人工衛星の「体内時計」は狂って(早く進んで)しまうのですが、これを補正するのにアインシュタインの有名な理論「相対性理論」が使われています。(”一般”、”特殊”ともに)

 

どの程度の狂いを補正しているか?

 

約100億分の4秒。つまりは、0.0000000004秒

 

こんな、わずかな秒数を補正する必要があるのです。

 

なぜかって?

 

体内時間を狂ったまま放置すると、たった1日

約11kmほどズレた、誤った位置情報を表示

してしまうから、です。

 

奈良の東大寺で、鹿と戯れていたら

隣町、金魚で有名な「大和郡山市」にいることになってしまう。

 

鹿が、金魚に変わるんです。

 

大事件。

 

これを、未然に防いでくれているのは、アインシュタインのおかげです。

 

シカのお辞儀に隠された秘密?鹿せんべいの正しいあげ方やシカの気になる謎についてという記事もあるので、鹿に興味がある人はご覧ください。

※物理の話「抜き」ですので、ご安心をw

 

物理は嫌いでも、神話は好きですか?

ギリシャ神話と星座

350年前に始まった、物理。

 

じゃぁ、それ以前はなんだったか?というと

ずーっとさかのぼっていけば、ギリシャ神話にたどり着きます

 

そもそも、物理の前身は「自然哲学」といって、自然界の哲学(世界や人生は、こうである)を解き明かす学問でした。

ちなみに哲学は「philosophy」、物理は「Physics」といいます。似てますでしょ?

 

この、「自然哲学」の前身が「神話」になります。

 

神話って、そもそも何?

神話とは

神様がおこなった行為を、面白おかしく、時に壮大に語った、物語(フィクション)です。

 

ギリシャ神話でいえば、ゼウスやヘラ、ハーデス。

日本神話でいえば、イザナミやイザナギ、アマテラス。

 

日本神話に興味がある人は、ハマります。

ノラガミを全巻イッキ読み

ノラガミをebookjapanで読む

 

今も昔も、「原理原則を知りたい!!」って考えるのは自然なことで、今では

科学技術を駆使して、「実験・検証」を重ね、解き明かしていきます

が、昔は

「全部、神様がやったことにしておこう!」

という考えでした。

 

イエス様、の神様とは別物

神様というと「イエス様(聖書)」を思い浮かべる人も多いと思いますが

彼が登場するのは2,000年前です。ギリシャ神話は、(未確定ですが)3,000年以上も前です。

 

聖書は主に「戒律」について、神話は主に「道理」について書いてあります。

だから、根本的に全くの別物です。

 

物理が嫌い、というのはよく聞くけど…

さっき説明したように、物理のルーツは、ギリシャ神話にまでさかのぼります。

 

自然界の道理を

「数式」で表したのが、物理

「神様」の行いで表したのが、神話

 

数式がいっぱい出てくる物理は嫌い!という人はたくさん見ます(聞きます)が

面白おかしく、壮大なストーリーに仕立てられた神話が嫌い!という人はそういません。

 

過去に意外と当たってる?!12星座のギリシャ神話による性格診断という話を書いていますが、おそらく敬遠しないでしょ?

 

と言うことは、「数式(数学)が絡むから面白くない」っていう結論になりそうですね。

このあたりは本質編でお話しします。

 

まとめ

本日の内容をまとめれば、物理とは

  • 比較的、私たちに近い年代の人たちがはじめたもの(感性が近い)
  • ギリシャ神話が好きな人は、物理を好きになる要素があるってこと
  • 今も昔も、原理原則を知りたい!ってことが出発点

こんな学問です。

 

どうなんだろう、ちょっとは「案外面白いかも?」って思えてもらえただろうか…。

 

スポンサーリンク