クラウドワークス利用から1ヶ月、クラウドワークスは副業としてアリかなしか

2017-02-03クラウドワークス

クラウドワークスに登録してから約1ヶ月経ちましたので、これから始めてみようという方に向けて、情報を発信したいと思います。

3か月後にはこう変化しました。

クラウドワークスは手数料だらけ?クラウドワークスを3ヶ月利用してわかったこと

 

スポンサーリンク

登録自体は簡単だけども…

パソコンタイピング

登録は基本的にメールアドレスがあれば出来ます。

しかし、設定後マイページにいくと、色々な項目の入力を促す表示が「これでもか!」とでてきます。正直煩わしいです。

特技、資格などはわかりますし、収入を得るわけですから、銀行の登録なども必要だと思いますが、本人確認書類の提出も任意ではありますが、出した方が良いと言われます。

私がそうでしたが、もっとライトに利用ができると思っていたので、個人的にはめんどくさいな、と感じてしまいました。

個人情報をあれもこれもインターネットで送るのは抵抗しかありませんので。

まぁそれでもこれからお金を稼ごうとしているので、仕方のないことかな?と思い登録していきました。

 

仕事はあるのに仕事ができない

クラウドワークは副業として有用か?

 

クラウドワークス上には本当にたくさんの仕事があるようです。

しかし、クラウドワークスを副業としてこれから始めようとする人に聞いて欲しい、注意するべき8つのポイントでも書きましたが

自分で選んで、早速仕事に取り掛かるということは基本的に出来ません
(そういう仕事はタスク型と呼ばれます。あとで説明します。)

 

仕事を行う流れとしては

  • 依頼主が条件、作業内容等をアップしています。
  • その内容に興味がある、取り組みたいと思った場合、申し込みをする
  • (依頼主によるが)締切日まで募集をかけて
  • 依頼主にとって納得できる人がいたら、その人と契約に移っていく

という段取りを踏みます。

これも私の誤算でした。

 

問題は、依頼主が納得できる人と個人の契約をしていくということです。

要は、応募したのに、仕事が出来ないということが非常に多いです

 

私は初仕事(タスク型じゃないやつ)は15件目にようやく成立しました。

単に私のスキルや資格がなく、発注者からして魅力のある働き手ではなかったのかもしれません。

 

後々、仕事の実績を積むと、【スカウト】といって、仕事の発注者から直接【働きませんか?】とメッセージがくるようです。

実際、1ヶ月足らずの実績の少ない私にも、2件は来ました。

 

話を戻しますが、依頼主がオッケーしない理由は様々でしょうが、納得できる人が来なければ、募集があったとしても、誰も採用せず再び掲載するということがあるように感じます。
(何度も同じ文面で募集かけているものが多数見受けられるので)

 

私が想像していたのはタスク型か・・・

私の隙間時間で副業をしたいと思い、クラウドワークスのような、ウェブ上で仕事をみつけ、隙間時間に作業して、お金も稼げて、ラッキー♪みたいな妄想は速攻で打ち砕かれました。

どうやら考えが甘かったようです。

そして、もちろんスキルや資格等で大きく異なるのでしょうが、まずはじめのころは満足行く仕事(特に給与面)がありません

私もいきなり何万円も稼げるとは思っていませんでしたが、まさか、仕事にすらありつけない状態だとは思っても居ませんでした

 

応募するのに、契約金額をいちいちこちらが提示するのも難しいと感じます。

  • 応募して
  • 採用されるかどうか時間がかかり
  • 不採用なら連絡すら来ない

せっかくの隙間時間を有効活用したいと思ったのに、結局無駄に過ぎて行く時間。

 

「違うんだ、空いてる時間に、ぱっと何か作業して(継続して)、そしてお金を生み出したいのだ。」

 

そんな私は、タスク型の業務にたどり着くわけです。

この作業は、すぐに業務が開始できます!

「これだ!!」

と思ったのもつかの間、その仕事の発注金額を見て愕然とします。

 

タスク型の報酬は、時給計算すると恐ろしい

タスク型で要求されることは、アンケートの入力だったりが多く、単価が10円未満のものが平気でごろごろしています。

よくて、100円前後でしょうか。

 

逆の立場に立ってみると分りますが、充てられる予算に限りが有り、解答数を多く集めなくてはいけないなど、それが絶対良いと思って設定していないことは理解できます。

しかし、改めて労働者として、仕事内容を見ると愕然とするのです。

例えば

【5分で終わるアンケート】で100円

というタスク作業をよく見ます。

 

しかし、実際には5分では終わらず、40分後~1時間後に返ってくる内容を、きちんと取り組んだ証として、納品してくださいと言われます。

 

実質1時間で100円と言うことです。

 

かなり好意的解釈をし

1時間待っていただけで、拘束をされていたわけではないから不問にする

と、したとしても、その内容をコピペ、ファイルを作成し、納品・・・

 

トータルでかかる時間は5分を超えることが多かったです。

普通に仕事を応募しても(プロジェクト型といいます)、むやみに時間が過ぎるだけ。
だから、タスク型で、せめて時間を有効活用しようと思って取り組んでみると、金銭待遇的になかなか残酷・・・。

 

ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」では、「横浜市の最低賃金は930円」とガッキーが、もとい、みくりさんが言っていましたが

 

あのドラマの言葉を借りるのであれば、タスク型の業務は

やりがい搾取

の他なりません。

 

仕事にありつくまで本当に時間がかかる

私の要領が悪いのかもしれませんが、まず自分にあった仕事、興味のある仕事を見つけることに時間がかかります。

クラウドワークスから毎日うざいくらい仕事のオススメメールが送られてくるので、それを中心に仕事探しをするのもアリかもしれません。

 

小銭を稼ぐと言う感覚を持つように

クラウドワークスで、副業としての目安である5万円やら10万円を稼ごうと思うと本当に難しいです。

 

隙間時間を利用して、本来なら発生することがなかったお金を得る手段としては魅力がありますが、これで今すぐ副業として考えている人は、考えを改めた方が良いと思いました。

小銭貯金のように、コツコツ貯めていくのがクラウドワークス

利用して1ヶ月。クラウドワークスに対しての印象はこんな感じになりました。

 

まとめ

とりあえず1ヶ月利用してみてわかったことは、

  • 思いの外、隙間時間を利用することは難しい
  • 初めは実績もないため、ここは日本か?と思うような作業時間(検索時間等も含む)に対する報酬しかない

これが1ヶ月目の感想です。

これから始める方の参考になれば幸いです。

 

3か月後の感想は、クラウドワークスは手数料だらけ?クラウドワークスを3ヶ月利用してわかったことにまとめました。

スポンサーリンク