ビーデルさん、弱音を吐くのはそこじゃないよね?ドラゴンボールのあのシーンを物理学的アプローチ!

2017-09-17雑学(アニメ)

ドラゴンボール

物理教師がアニメを語ると?シリーズ第4弾!

今回は、今もなお形を変えて放送されている「ドラゴンボール」のワンシーンに注目してみました。

 

スポンサーリンク

誰もが知っているドラゴンボール

みんな知っているドラゴンボール。

名シーン、名セリフも多い、ドラゴンボール。

 

「クリリンのことかぁ」

 

私は子どもの頃、この名言を使って、クリリンを友達の名前に変えてスーパーサイヤ人に変身していました。

戦闘シーンが主体になってしまってからなんだかちょっと離れてしまったこともありますが

名シーン、名セリフについて、語り出したら止まりません

 

なんせ、ドラゴンボールは

アニメ、ゲーム、グッズなどを通じて、世界中で親しまれ

  • 累計発行部数は全世界で2億5千万部
  • 「世界で最もビデオゲーム化されたコミック」としてギネス世界記録認定

の記録が、あるらしいし。

まさに、ドラゴンボールは、名シーン、名セリフの宝庫。

 

ドラゴンボール全巻(42巻)

 

そんな、ドラゴンボールのストーリーは、大きく分けて

  • 孫悟空少年編
  • 孫悟空青年編
  • ピッコロ大魔王編
  • サイヤ人編
  • フリーザ編
  • 人造人間・セル編
  • 魔人ブウ編

に分けられますが

本日、お伝えしたいシーン、及び今回の主役は

「魔人ブウ編」に出てくる、ミスターサタンの娘「ビーデル」さんです。

 

格闘家チャンピオンの娘、ビーデル

ビーデル
出典 (C)バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション

ビーデルとは、ドラゴンボール「魔人ブウ編」から出てくるキャラクター。

 

ひとつ前のストーリー「人造人間・セル編」で登場した

格闘家チャンピオン「ミスターサタン」

の、娘です。

ミスターサタン
出典 (C)バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション

ちなみに、驚いてる方がミスターサタン。

 

そんなビーデルさんは、地球人であるにも関わらず

主人公の息子「孫悟飯」と出会い

修行をして、「気の扱い方」「戦い方」「舞空術」などを習得していきます。

(そして、孫悟飯とめでたくご結婚。子宝にも恵まれます。)

 

そんな、努力家でがんばり屋さんの彼女は、非常に負けず嫌い。

試練があれば、乗り越えたがります。

 

問題のシーンはこちら

まずは、このシーンをご覧ください。

ビーデル
出典 (C)バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション

これを見ただけで、「あ、このシーンはあの時だな。」とわかる人は、かなりのドラゴンボール好き人ですねw

 

知らない人もいるかもしれませんので、状況を説明をすると

  • 天下一武道会(武道家達が集結して、一番強いヤツを決める大会)に参加していた孫悟空たちの前に「魔人ブウ」の手下たちがあらわれて、孫悟飯(写真の緑服)が倒されます。
  • 孫悟空たちは、魔人ブウの手下たちを追いかける。
  • 体力の回復をしてもらった孫悟飯や、孫悟飯を心配していた負けん気の強いビーデルも遅れて魔人ブウの手下たちを追いかけていく

というシーンです。

 

ドラゴンボール好きには、もはや当たり前のことなんですが、彼ら彼女らは空を飛びます

舞空術ですね。

 

こういうネタふりをしたら、「物理教師がアニメを語ると?シリーズ」で

  • 「舞空術を物理学的に解明するのか?」
  • 「舞空術なんてできるはずがない、といいたいのか?」

と思ったかもしれませんね。

 

違います。

 

空を飛ぶことについて解明しようとするならば、もっと初期に登場する「筋斗雲」をテーマにします。

ってか、ドラゴンボールは、物理の観点から言わせてもらえれば

摩訶不思議アドベンチャーならぬ、非物理現象アドベンチャー

なので、つっこみどころ満載になってしまいます。

(そんなことばかり考えて、見ている訳じゃありませんよ。念の為。)

 

私が気になったのは、ビーデルさんのセリフです。

 

ビーデルが弱音を吐いた、その内容に私はひっかかった

ビーデルさんは、舞空術を駆使して追いかけていきますが、彼女の周りは地球人ではありません

彼らは地球人では無いので、えげつないスピードで敵を追いかけています。

 

そこでたまらず、負けん気の強いビーデルさんでもこう言うのです。

「わたしには これいじょうは ムリよ・・・!はやすぎて目も あけてられないぐらい・・・」

ビーデル
出典 (C)バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション

ここに、物理教師であった私は、疑問が生じました。

 

「そこじゃ、無くね?」

 

舞空術で飛んでいる高度は

先ほどから話しているように、ドラゴンボールの世界では、人は修行をすると空をも飛べます。

 

私たち一般的な地球人の感覚からするとあり得ません。

ちなみにこの(ある意味正しい)感覚は、ドラゴンボールの世界でも表れていて

さっき登場したビーデルの父「ミスターサタン」を紹介した場面は、娘ビーデルが空を飛んだものだから「あんぐり」している様子です。

 

そりゃ、娘が宙に浮いたら、こんな顔にもなるぜ。

ミスターサタン
出典 (C)バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション

 

ちなみに、孫悟飯と出会う前のビーデルさんは、空を移動するときには飛行機を使っていました。

ビーデル
出典 (C)バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション

ま、「用事のために、自分の飛行機で移動する。」というのも、一般的な地球人の感覚からは、大きくズレちゃいますが(笑)

 

ここで、まず、抑えておきたいポイントがあります。

ドラゴンボールの世界では飛行機を使う感覚で、舞空術を使います。

 

さらに言えば、高層ビルや岩山を見下ろす描写があったりしていますので、彼ら彼女らが飛んでいる高度は

舞空術の高度=飛行機が飛ぶ高度

ということがわかります。

 

飛行機が飛ぶ高度

飛行機と一口にいっても、小型のプロペラ機もあれば、大型のジェット機もあります。

特に、国内線や国際線を飛んでいる飛行機は

空気抵抗と推進力を考えて、効率よく飛ぶための高度

が決められています。

飛行機の高度
出典 日高・入間・飯能・狭山・所沢地区の自衛隊・米軍基地

 

一般的には

  • 大型機(主に国際線)では上空10,000m~12,000m
  • 国内線の多くは8,000m~10,000m
  • 小型のプロペラ機なら、6,500m~8,000m

の高度を、飛行機は飛行しています。

 

高度でよく見るフィートって?

アメリカやイギリスなどでは、長さの単位でフィートを使うことがあります。
日本でも、航空関係では高さをフィートでいいます。

1フィートはだいたい30㎝です。

日本人のように、「長さの基本単位=【m】」と定めたものを「国際単位系」といい
フィートは、「国際単位系」と違い、「ヤード・ポンド法」といいます。
インチや、マイルなんかも、この「ヤード・ポンド法」での長さの単位になります。

 

 

気温はなんと

今回は仮に小型機が飛ぶ高度を、舞空術を使って飛んでいると考えます。

たしか、飛行機とすれ違うシーンもあったような、なかったような…(扉絵だったかな?)

 

とりあえず、今回の主役ビーデルさんは

上空6,500mを飛んでいます。

 

習ったことがある人もいるかもしれませんが、気温は

100m上がるごとに、平均して0.65℃下がる

ことがわかっています。(15,000mくらいまではね)

 

ということは、仮に地上の気温が20℃だとしたら、ビーデルさんが飛んでいる高さの気温は

約 マイナス22℃

 

そんな気温の中を、ビーデルさんは動きやすい恰好で飛んでいます。

ビーデル
出典 (C)バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション

 

「わたしには これいじょうは ムリよ・・・!はやすぎて目も あけてられないぐらい・・・」

ビーデル
出典 (C)バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション

いや、そこじゃないでしょ、ビーデルさん!

あなたが飛んでいるのは、マイナス22度の世界ですよ!!

 

真冬の北海道における最低気温と、ほぼ一緒。

 

そんな極寒の中を、あなたは

ついさっきまで、気温20度のところで「いい汗を流した」格好、そのままで飛んでいるのですよ?

※ビーデルさんも天下一武道会に参加してたからね。「いい汗かいた」というよりは、「相手にフルボッコされて」いたけど

 

「わたしには これいじょうは ムリよ・・・!さむすぎて息も こごえそうなぐらい・・・」

ビーデル
出典 (C)バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション

そう、どうせ、弱音を吐くなら

寒さに言及するべき

です。

 

ビーデルさんの弱音は、少しズレています(笑)

 

ちなみに体感温度は?

地球人とはいえ(さらには女の子とはいえ)、鍛えているビーデルさんですら

「目があけられない。」

と言わせしめるほどの風の強さ。

 

これを想像するのは難しいので、ここでは

「通常の人」であれば、「目が開けられないほど」の風の強さ

で考えます。

 

そうすると

だいたい秒速25m/s~30m/s

の風を受けると、「目があけられないほど」という表現がぴったり、だと考えます。

 

時速になおせば、約時速110キロ。

 

生身で、時速110キロで走っていたら、目を開けるのはしんどそうですよね?※危険だから絶対マネしないでね!

これで計算してみましょうか。

 

 

体感温度は、勉強したことないので調べてみると、いくつか求められる方法(計算式)がある模様…。そこで、ミスナールという人が考案した湿度、風速から考えた体感温度を計算してみます。(本来、低気温では当てはまらないらしいけど、まぁ細かいことは抜きにして。)

 

すると体感温度は、驚きのマイナス41.7℃計算したサイトはこちら

 

日本の最低気温(記録)とほぼ同じ(北海道旭川市)

バナナで釘を打つのに最適な温度と同じ

 

そんな中を、10分ほどは飛んでるよね?

しかも、ビーデルさん汗かいてるよね?

 

濡れたタオルなら、「秒」で固まるぜ?

 

 

こりゃマジで、息もこごえそう(笑)

 

やっぱり、ビーデルさんが弱音を吐くなら

「わたしには これいじょうは ムリよ・・・!はやすぎて目も あけてられないぐらい・・・」

 

じゃなくて

「わたしには これいじょうは ムリよ・・・!さむすぎて息も こごえそうなぐらい・・・」

というか

「わたしには これいじょうは ムリよ・・・!さむすぎて 死にそうなぐらい・・・」

 

これが「物理学的に正しい弱音の吐きかた」だと思います。

 

まとめ

本日はビーデルさんのワンシーンに迫ってみました。

ビーデルさんは、速さ耐性は人並み(に弱い)ですが

寒さにはめっぽう強いことがわかりましたね?

 

やはり、サイヤ人の嫁ともなると、そこら辺の人とは違うのかもしれません。

 

ドラゴンボールは冒頭に話した通り、物理から見ると不思議がいっぱい詰まっています。

私は、作品の世界観も大好きで、もちろん見て育った世代なので(今も昔も)、リスペクトしかないのですが、そういった意味では、また近いうちに題材になりそうな気配がプンプンしています。

 

ってかジャンプシリーズは、多いですね。

 

それでは。

 

「また、ドラゴンボール読みたいな!」って思った人へ

ドラゴンボール全巻(42巻)

 

ちなみに上記の全巻を販売してくれるサイト「全巻漫画ドットコム」について詳しく知りたい方は、漫画全巻ドットコムと全巻漫画ドットコムは別会社?にまとめていますので、よければどうぞ。

 

 

ドラゴンボール改 魔人ブウ編 3 をDMM.comでレンタル

DRAGON BALL カラー版 魔人ブウ編 2(ebookjapanで読む)

ドラゴンボール改 魔人ブウ編 DVD BOX3(Amazon)

 

関連記事

物理教師がアニメを語ると全シリーズはこちら

スポンサーリンク