ドローンを使う「ゆるキャラ」や「芸人」が登場!私も使ってみたいと思って調べたらわかったこと

2017-07-06おすすめアイテム

ドローン

ドローンが比較的安価(といっても数万円から数十万円)になってきて、比較的多くの人が利用可能な時代になってきました。

今では、ドローンが相方となっている芸人や、6/19の朝日新聞デジタルで記事にもなっていましたが、奈良県には、ドローンで空を飛ぶゆるキャラもいるくらいです。

 

そんな、もはや身近なそんざいとなったドローン。
できることなら、気軽にドローンで空撮がしてみたくありませんか?

 

スポンサーリンク

ドローンが相方?

みなさんは、「谷+1。」という芸人をご存じでしょうか。

この方は、元々コンビでお笑い芸人をされていたようですが、解散をきっかけに、趣味であったラジコンを使ってのピン芸人となり、それから趣味で遊んでいたドローンを使った芸へと移行し、アメリカでの成功?も経て、今では、ドローン芸人というジャンルまで確立されている人物です。

芸名も

自分には足りないものがあるから、一つ足す

と言う意味で、本名の谷に「+1。」を名付けているようで、今となれば

1つ足したもの=ドローン

と言うことになりますね。

 

現在ではその技術を買われ、芸人としてでは無く、空撮技術者としての仕事も多いようですし

ドローンの大会にでて準優勝までされているようです。

雪丸、空を飛ぶ

奈良県に王寺町という町があります。

こんな位置関係です。
奈良市が黄色、王寺町が赤色の部分です。

奈良と王寺町

え?!そもそも、奈良がどこにあるかわかりません?

ここですよ、ここ。青色になっているところが奈良県ですよ。
奈良の位置

・・・失礼ですよ、全く。

まぁそんなあまり知られていない(かもしれない)奈良の、しかも王寺町ともなると、奈良県民ですら名前は知っていても白地図では指させないかもしれない、そんな町です。

人口は約23,000人。

 

全国からすると、こんな小さい規模の町が

2017年3月頃からある事で話題

になっているのをご存じでしょうか。

 

王寺町の空には雪丸が飛んでいる

出典:奈良県王寺町公式雪丸散歩(YouTube)

 

人口約23,000人の町が、約1,600万円の制作費をかけて

なんと王寺町のゆるキャラである雪丸がドローンとなり、王寺町の観光プロモーションビデオ「雪丸散歩」を製作しました。

 

雪丸とは、古くから達磨寺に伝わる聖徳太子の愛犬であり、由緒あるキャラクターとして、王寺町商工会が平成23年2月にキャラクターデザインを一般公募し、誕生したキャラクターです。

平成25年6月に「王寺町公式マスコット」に認定されてから、同年8月にはゆるキャラとしてデビューし、平成26年11月、「ゆるキャラグランプリ2014」では、総ゆるキャラ数1,699体中なんと11位を獲得した王寺町のマスコットキャラクターです。

 

今や、ゆるキャラは空も飛ぶ時代に入りました。

 

ドローンってどのくらいの値段なのか気になる

雪丸みたいに空を飛びたいわけではありませんが、自身の趣味兼副業で動画編集をおこなっている私なので、前々から空撮に興味がありました。

 

気軽に空撮ができれば、動画編集が無くったって、例えば子ども運動会や、記念行事の撮影、はたまた警備や監視などにも利用出来るかも知れませんよね?

 

個人の利用のみならず、企業や自治体での利用も考えれば私の小さな頭では考えつかない位幅広い事に応用出来そうです。
・・・農薬撒くとか?

 

何はともあれ、今回ドローンについて主に価格面でいろいろと調べてみましたので、報告いたします。

まぁ、わかっていた事ですが、ほんとにドローンの価格はピンキリでした。

 

雪丸ドローン

元となったドローンは調べきれず、判明していません。

強いて言えば、制作費1,600万円の内、雪丸ドローンの制作費は948万円とホームページ及び報道にありますので

948万円

ということでしょうか。(2分版・15秒版の2種類のビデオ製作費も含む)

 

谷+1。さんが使っているドローン

谷さんは、主にパロット社のドローンを使用しているようです。
また、渡米した際、向こうでパフォーマンスをしている時に、パロット社から公認パフォーマーとしても認められているようです。

価格は30,000円台から。

ずいぶんと購入しやすい額になりました。

 

某有名価格比較サイトで見ると

某有名な価格を調べるサイトで見てみると、どうやらDJI社のシリーズが人気のようです。

特に、満足度ランキングではPHANTOM 4が1位でした。(2017年6月現在)

1位はファントム4

価格コム

値段は、何と200,000円越えなり。
売れ筋でも60,000・・・。

 

ちなみにここだけの話、調べていく過程でわかったのですが・・・

ちなみに、色々と調べていくうちにわかったのですが、現在、某比較サイトで満足度1位になっているドローンDJI社のPHANTOM4ですが、メーカーの販売(直売)はしていません

更に言えば、ここだけの話、その上位機種であるPHANTOM4 PROの方がPHANTOM4よりも安く買えます。(メーカから直売だとしても)

更に更に言えば、有限会社テンヴィクトリーズという会社が展開しているドローン販売サイト、「ドローンスタート」で、同じくDJI社PHANTOM4Proが販売されていますが、どうやらDJI社のドローンは価格競争になっていないようで、メーカー直売じゃないのに、金額が同じでした。

ということは

どこで買ってもさほど値段で損をするということはない

ということです。

 

更に更に更に言えば(クドいですね、ごめんなさい)、テンヴィクトリーズで購入すると、ガイド本(ドローン空撮入門)がついてくるらしいので、その書籍代金分お得かも知れません。※いるかいらないかは別ですが。

DJI PHANTOM4 PRO(ファントム4 プロ) 書籍プレゼント 送料無料

まとめ

使用する目的にもよりますが

  • 20~30分ほどの飛行が可能
  • 少々こだわった操作(複雑な動き)もしたい
  • 高画質の写真、又は動画を撮影したい

こんな要望を答えてくれるドローンの価格帯は

およそ50,000円から220,000円

という非常に幅広い結果となりました。

 

購入する前に、ドローンを使いたい用途を明確に決める必要がありそうですが

ドローンは比較的価格競争になっていない

ようなので、あちこち値段を調べ安いところを探すというよりは

  • 性能と用途(撮りたいのか、遊びたいのか)
  • 予算(かけられるお金、コントローラがスマホ・タブレット端末の場合、スマホ・タブレットが必要な事もお忘れ無く!)

コレについて深く考え、追求してから、ドローンを決めていく方が良さそうです。

 

いつかは私もこんな動画が撮ってみたいものです。

スポンサーリンク