無料の動画編集ソフトはこの1択!【無料ソフトで失敗したくない人へ】

2017-04-17編集ツールやおすすめアイテム

動画編集 ソフト

動画を自分でいざ作成しようと思っても、無料の動画編集ソフトって、いまいちどれがいいのかわからなかったり、あちこちサイトを駆けずり回ってレビューを拾い集めていませんか?

本日は、そんなあなたに

あれもこれも勧めることなく無料で動画編集したいなら、これだ!というソフトを1つだけ紹介します

本記事は、windowsユーザー向けの内容になります。
また、動画編集にはパソコンのスペック等、ハード面の条件が大きく関わることを十分ご理解ください。

関連記事

 

ハイスペックなパソコンが必要なら

ThinkPadシリーズがおすすめです。

高いパフォーマンスを凝縮したモバイルート。/ThinkPad X シリーズ

 

スポンサーリンク

動画編集ソフトは数多くあります

動画 編集

動画編集を行いたい目的は、いろいろとあるとあると思います。

 

ニコニコやyoutubeにアップする、結婚式の余興で作成したい、商品のプレゼンテーションで必要になった・・・etc

そして、その目的を達成する為のアプローチは2種類です。

  • 自作するか
  • 発注するか(人に任せるか)

 

納得の作品を無料動画編集ソフトで自作する

自作しようが、他人に作ってもらおうが、どちらにしても

  • 高クオリティを求める
  • 低コストを求める

以上を求める事は当然です。

 

しかしその2つを完全完璧に追求し、実現させることは不可能に近いと思います。

 

一概には言えませんが、クオリティとコストは比例関係にあると思いますので、どこかしらであきらめる(納得せざるを得ない)部分がでてきます。

 

大事なことは

どのラインで納得出来るか

これに尽きます。

そして、自作の場合、時間という対価を支払い、低コストと高クオリティを求める事は可能ですし、何よりできあがった作品を納得しやすいです。

なので時間という対価が支払えるとの条件がクリア出来る方は、自分で動画編集をした方が納得する作品(動画)が出来るので自作を強くオススメいたします

 

動画編集アプリも豊富だから

動画編集 ソフト

今の時代、動画編集も大変便利になりました。

 

スマホで動画編集アプリをダウンロードすれば、簡単な装飾、テロップ、効果音などを入れることは可能です。

 

作品の程度によりますが、これで事足りるなら、これがコスト的には一番低く済むと思います。

しかし高クオリティや、本格的な編集作業を求めるには、やはりアプリでは非常に厳しいと言わざるを得ません

パソコンで使える動画編集ソフトは

動画 編集 

次に思いつくのが、動画編集ソフトだと思います。

特に低コストを意識している方は、無料動画編集ソフトをググっているのでは無いでしょうか。

さらに、検索をかけていろいろとご覧になっている方は、

  • AviUtl
  • ムービーメーカー(MacユーザーならiMovie)
このあたりはすでにご存じだと思います。この2つは、非常に良く出来ており、どちらともメリットがあり、反面デメリットがあります。

いずれにせよ、動画作品をつくる際には必ず【高クオリティ、低コスト】を求めます。

上記のような無料動画編集ソフトを使用すれば、低コストは完全にクリア出来ますよね。

ここで忘れてはいけないのが、無料であろうと、有料であろうと、自作する以上【時間を対価に消費する】ということです。

有料ソフトを使うまでは、必要ないですか?

さんざん低コスト目線で話していますが、私自身動画編集にコストは必要だと考えています。

なぜなら、せっかく用意する動画作品ならば、高クオリティを求めたいからです。

そして、その必要コストは、くどいようですが【時間を対価に消費する】ことが可能であるならば、アベレージ1万円だと思っています。

 

世の中に動画編集ソフトは本当に数多く存在しています。

有料のソフトも本当に数多く存在していますし、その値段も3,000円前後から購入できるものもあります。探せばもっと安いものもあるのかもしれません。

 

可能であるならば、時間をかけてソフトを比較検討し、費用対効果を検証したのち使っていければ一番良いのでしょうが、そんな時間もお金ももったい無いです。

安物買いの銭失いという事態も避けなければなりません

アベレージ1万円のソフトであれば、動画編集に必要な作業はほとんど実現可能ですし、思い通りのクオリティで作品を作り上げることが可能です。

1万円前後で購入できる動画編集ソフトの中ではこちらがおすすめです。

 

しかし、

  • 果たして使いこなせるのか
  • たった1回使えればよいものなのに(1作品だけを用意するのに)

などの理由で、コストで1万円もかけるのは納得できないそう考える方も多いと思います。

特に、1回しか使う予定が無い場合、若しくは数回だったとしても、1万円もかける価値はあるのか?と悩んでしまうのは当然のことだと思います。

そんな方には、以下がオススメです。

 

無料で動画編集できるソフトのおすすめは

それはずばり、1万円前後動画編集ソフトの無料版を利用することです。

 

何当たり前のことを、さも偉そうに言っているのだ。

とお思いでしょう。

 

しかし無料版には落とし穴がありますので注意が必要なのです

 

実は、世に出回っている無料版の多くは、やはり販促目的が多いため(有料版を買ってもらうため)無料で扱える状態では制限が多いです

たとえば動画編集は問題なく普通に行える、しかし、試行錯誤を繰り返し、時間を消費して、ようやく完成したものを出力しようとすると、有料版じゃないと出来ない

困るのは、出力できても、できあがった作品のど真ん中にでかでかと商品のロゴだったり、注釈が載ります。(〇〇でつくりました、みたいな)

 

消そうにもけせない、消すには商品を買わなくてはいけない

なんだかそういう商法のようでもあります。

動画編集

 

ですので、何も簡単に

【1万円前後動画編集ソフトの無料版を利用することをおすすめします】

と言っている訳ではありません。

 

利用した方が良い、ソフトは存在しています。

ポイント安易に無料お試し版を利用すると、作り上げてから後悔することもある

 

CorelVideoStudioがおすすめ

そこで私が一押しするソフトはコーレル社のビデオスタジオです。

Corel社のホームページはこちら

 

このソフトは、グレードにもよりますが正規版であれば

10,000円~15,000円で購入できます。(アップグレード版やアカデミック版ならもう少し安く購入できます。)

正規版じゃなくても、このソフトの無料版(体験版)は無料の中では非常に優秀です。

無料で動画編集ソフトを用意したい方は、是非ご検討ください。

以下に私が思いつくメリットとデメリットを挙げます。

無料なのに、動画編集の必要な正規版のほとんどの操作が行える

一部に正規版でないと利用できない効果や編集アクセサリもありますが、そこまで使いこなすかたは、無料版を必要としない環境の方なので、十分事足ります。

ちなみに、作業トラック数は30本ほどは使えます。

 

トラック数は作業効率に直結しますので多い方が快適に作業出来ます

例えばムービーメーカー(Windows)は、最新版は試していないので違うかもしれませんが、【動画1、テロップ1、音響1の計3本】なので、たとえば

  • 写真を重ねて表示したり
  • 合成したり
  • TVの番組のようにテロップをあちこち入れたり
  • ワイプや番組タイトルを複数入れたり
  • BGMと効果音とナレーションを複数入れこみたい

と言った、あれこれを入れ込もうと思うとかなり骨が折れます。(不可能ではありませんが)

しかしビデオスタジオなら一括で編集作業にあたることができます

 

しかもビデオスタジオなら、無料で、作り上げたい作品をつくることができます。
慣れるまでは試行錯誤したり、時間を費やすことになりますが・・・。

また、作成した作品を書き出す際に、無料ソフトでよくある

  • ソフトのロゴが自動で入ってしまう
  • 一部のファイル形式でしか書き出せない

といった、いわゆる【正規版を購入させようとする仕組み】は全くありません

 

※ソフト終了時に、使用可能な残日数と購入を促す広告は出ます。

 

他の体験版ソフトや無料版ソフトでは、一生懸命作り上げたあとでこういったこちらが望んでいないことを気づかされることになるので、残念感や絶望感がかなりありますが、これなら安心して作業にかかり、作品を作り上げることができます。

 

30日間も無料で動画編集が使える

体験版の利用期間は30日間もあります

起動時から30日間なので、丸々720時間利用することができます。

 

無料ソフトの中には、一度ダウンロードしてしまえばずっと利用可能なものも多いですが、それらは無料で扱える(出来る)ことが減っていると思ってください。

正規版とほぼ同内容で30日間も使えるのは、これ以外にありません

 

作品の規模にも、作業にかかれる時間の確保状況にもよりますが、結婚式の余興や、プレゼン動画等、30分くらいまでの作品を作り上げるのには、720時間もあれば十分です。

毎年コーレルビデオスタジオを利用することも可能

コーレルのビデオスタジオは、およそ1年に1度新作が出来ています。

確約も、補償も無いですが、1年後には新作の体験版が利用出来るので、これを利用すれば1年に1度ほど定期的に作品をつくるような環境の方にはうってつけです

 

また、過去の体験版(旧製品)もインストールすることが可能ですので、それらを組み合わせれば

1年くらいの間であればずっと動画編集ソフトに困ることはありません。

 

ちなみに、体験版は別バージョンが入っていても特にアンインストールせずに利用する事ができます。

編集は少々重たく、処理落ちすることも・・・

パソコン側の(スペックの)問題なのですが、本ソフトでの作業は、動作が重く、扱う動画のサイズ等によりフリーズしたり、反応しない場合もちょくちょく出てきます。

私も何度か泣いたことがあります。

 

このあたりは、このソフトの癖と割り切っています。

ハイスペックなパソコンについては、こちら。

高いパフォーマンスを凝縮したモバイルート。/ThinkPad X シリーズ

また、このソフトのおかげで、「こまめに保存」という習慣が身につきました。

ちなみに【ctrlキー+S】のショットカットキーも問題なく使えますので、「なんだか重いな」とか次の行動に移る前に、という場面では必ず【ctrl+S】を押しています。

CorelVideoStudioがおすすめ

作業の癖、ソフトの癖は確かにあると思います。

しかし、どのソフトにも癖は存在するので、要はその癖が自分にとって許されるか許されないかだと思います。

低コストを重視するが、高クオリティを望みたいと言う方は、是非CorelVideoStudioを検討してみてはいかがでしょうか。

動画編集に使う写真も加工や修正が必要ならこちらもご覧ください。

関連記事

スポンサーリンク