gimpロゴ

背景透過の方法はわずか3ステップ!フリーソフトをつかった画像の透明化は、簡単

イラストを描く

楽天やアマゾンで商品を売るとき、商品の写真のデータをそのまま使うのではなく、写っているモノの背景を透明化したいって時ありませんか?

 

写真加工や動画編集なんかでも「背景を透明にしたい!」って場面は出てきます。

プロフィールイラスト
合成の時なんかね。

参考活動限界風のカウントダウンタイマーを作ってみよう

 

しかし、背景の透明化は難しいそうだし

男性シルエット
気軽に使えるフリーソフトがあればなぁ・・・。

って思っている、あなた。

 

今回は背景の透明化が簡単にできちゃうおススメのフリーソフトと、その使い方を簡単にお話しします。

背景の透明化に必要な手順はわずか、3つ!

  1. GIMPをダウンロードして、アルファチャンネルを追加する
  2. 透過する範囲を指定
  3. .pngで保存

です。

 

参考無料の動画編集ソフトはこの1択!【無料ソフトで失敗したくない人へ】

 

広告

フリーソフト「GIMP」をダウンロードして、使えるようにする

 

gimpロゴ

ソフトは「GIMP」を使います。

Windows標準ソフト「ペイント」では、複雑な透明化はできません。

 

画像を重ね合わせるだけ(一部の画像背景を透明)なら、直感的な使い方が出来る「ペイント」が便利です。

状況に応じて使い分けてください。

 

私は、フリーソフトGIMPをつかいます。

参考GIMPのダウンロードはこちら。

 

画像処理ソフトで有名な「Photoshop」を用意できるならそれで良いのですが、この記事をご覧になるということは

男性シルエット

お金を出してまでは、使いたくない…。

って思っているハズですからね。

 

GIMPはフリーソフトなので費用はかかりません。

さらに世界中での利用者も非常に多いので、わざわざ高額な画像編集ソフトを買わなくてもネット上にノウハウが転がりまくってます。

プロフィールイラスト
分からないときにサクッと調べられるのは、助かります。

 

まずはGIMPをダウンロードして使えるようにしましょう。

参考GIMPのダウンロードはこちら。

 

GIMPでデータを開いて、アルファチャンネルを追加する

ダウンロードができたら、早速背景を透明化にしたい画像データを開きます。

 

「ファイル」から「開く」でも良いし、フォルダから対象の画像データをドラッグしてもOKです。

透明化したいデータを開く

 

 

GIMP上で処理したい画像を表示したら、「右クリック」

透明化したいデータを開く2

 

その後

 

  1. 「レイヤー」
  2. 「透明部分」
  3. 「アルファチャンネルの追加」

で、「アルファチャンネルの追加」をクリックしてください。

 

透明にしたい(透過させたい)範囲を、ファジー選択(編集作業)

GIMPの作業アイコン(ツールボックス)にファジー 選択があると思います。

これは「ファジー選択」と言います。

「選択した色と同じ色を、その付近のみで自動で選択する。」という作業ができます。

 

隣のアイコン色域 選択色域を選択という作業アイコンです。

 

男性シルエット
ファジー選択とどう違うの?

 

「色域を選択」した場合

選択した色と同じ色を、画像全部の中から探しだし、同じ色の部分を選択する。

ということができます。

 

こっちの方が、作業がはかどることもありますので、用途にあわせて、使い分けられると便利です。

今回はファジー選択で背景の白色を選択します。

 

透明化したいデータをファジー選択

範囲を選択できたら次のステップです。

プロフィールイラスト
点線で選択範囲が囲まれていればOKです。

 

選択した範囲を削除する

ここからは簡単です。

キーボードの「delete」キーで削除します。

 

すると、写真のように選択していた部分が「市松模様」のようになりました。

ファジー選択した部分を削除

 

この市松模様の部分が、透明(透過)になっている部分です。

これで透明化成功です。

ステップ2で終わってしまいましたね(笑)。

 

画像データを「.png」で保存する

男性シルエット
もう終わったんじゃ無いの?

ステップ2で満足しそのままファイルを気にせず「保存」してしまうと、GIMPで作業するためのファイル(.xcf形式)として保存されてしまいます。

※GIMPのバージョンよっては、元のデータの拡張子のまま保存されることもあるようなので、一概には言えないみたいです。

 

背景透過させた画像を

  • きちんと「透明」として表示する状態で
  • 画像として再活用が出来る

状態じゃないと困りますよね?

 

そこで、背景透過させた画像を「.png」で保存する必要があります。

透明化にしたデータをpngで保存

 

GIMPのバージョンによって、多少の手順に差異があるかもしれませんが

  • pngの形式を選択して、エクスポート
  • 名前をつけて保存 → ファイル名を決定する際に直接拡張子を変更(エクスポート)

このどちらかの方法で、背景透過させた画像データを「.png」形式で、保存します。

 

保存までにポップアップで、色々と設定が表示されますが

基本的にはいじらず大丈夫です。

pngで保存

エクスポートが無事終了(記録)されれば、背景透過された画像の完成です。

 

念の為に、画像を確認してみよう!

これが保存された画像になります。

透明化したデータを確認

イマイチ、背景が透明になっているのかわからないので、元画像と比較してみましょう。

元の画像はこちら。

透明化したデータを確認

 

こちらは、背景が白いですね。

どうやら、きちんと画像の背景が透過された(透明な)状態で保存できていたようです。

 

画像の背景透過方法、まとめ

画像の背景透過方法について、おさらいです。

  1. GIMPで画像を読み込み、画像を右クリック。「レイヤー」→「透明部分」→「アルファチャンネルの追加」を選択
  2. 透過させたい部分を選択(フィジー選択か色調から選択がオススメ)、削除(Delete)
  3. 「.png」で保存

 

以上です。

 

注意としては、

  • 「.png」で保存しないと、透過(透明)の情報は反映されない
  • 選択範囲をいい加減にやると、それなりのクオリティにしかならない

の2点かな、と思います。

 

透過(透明化)の作業の決め手はいかに綺麗に削除出来るか。

これが、カギだと思います。

 

例えば、先ほど例で作った画像もよく見ると

 

透明化したデータを確認細部

 

こんな感じで、気が付かないうちに白い部分(透過できていない部分)が残っています。

コツとしては、はじめは大きく削っていき、細部を編集する。

 

細部を編集する具体的な方法としては

ズームした状態で(【ctrl】キーを押しながら、マウスのホイールボタンを”クルクル”すると、簡単)

「自由選択」背景 透明を選び、透過させたい部分を選択して、選択した部分を「削除」します。

 

削除するべき箇所を「なぞるように選択」していていくと、良いと思います。

応用

透過させたい箇所が一部の場合や、文字の白抜きなど

残したい箇所を選択したほうが、背景を選択していくよりも、効率がいい

場合もあると思います。

 

そんなときは

  1. 残す(透過させたくない)箇所を選択していき、右クリック。
  2. 「選択」→「選択を反転」

これで、残したいところ以外すべて選択されますので

あとは削除、保存。

 

こっちの方が効率がよさそうなら、これで試してみてください。

 

最後に

ネットショッピングや、オークション。

または、動画編集やプレゼン資料などで使う画像データ。

 

単に、写真(画像)を貼り付けていくだけでも良いですが

ひと手間かけて、見栄えを良くすると印象がガラリと変わってきます。

 

GIMPはフリーソフトなのでお金はかかりません。

お金がかからない代わりに手間をかけて、ワンランク上の作品を作ってみてはいかがでしょうか?

自分が撮った写真なんかでも、いつもと違った作品になること間違いないと思います。

 

画像処理を全くやったことのない人にとって、背景透過は非常にハードルが高そうに感じます。

でも

手順さえ覚えてしまえば、難しいことはありませんので、ぜひ挑戦してみてください。

 

あわせて読みたい記事

gimpロゴ
気に入ったらフォロー
広告