韋駄天とヘルメス

韋駄天って何? どの位速いか、検証してみた

 

韋駄天とヘルメス

2019年の大河ドラマのタイトルにもなっている「韋駄天(いだてん)」という言葉。

この韋駄天という存在、あなたは知っていますか?

男性シルエット
神様かなんかだよね?
女性シルエット
足が速い人のことを韋駄天って表現するよね?

 

本日はそんな韋駄天にまつわる内容を、物理的なアプローチでお話しようとおもいます。

プロフィールイラスト
雑学と物理は、本ブログの真骨頂ですからね。

参考

 

プロフィールイラスト
後半は、ギリシア神話に出てくるヘルメスも登場しています。
男性シルエット
なぜ韋駄天で、ヘルメスが?
プロフィールイラスト
ふふふ、まぁ焦らず、お読みなすって。

 

韋駄天とは、想像を絶するほど足の速い神様である

韋駄天

デジタル大辞泉によると、韋駄天は次のように紹介されています。

増長天の八大将軍の一。仏法の守護神。もとバラモン教の神で、シバまたはアグニ神の子。俗説に、仏舎利(ぶっしゃり)を盗んだ捷疾鬼(しょうしつき)を追いかけて取り返したというので、足の速い神とされ、足の速い人のたとえにされる。

引用 デジタル大辞泉

 

韋駄天は、大事なお釈迦様の遺骨(仏舎利)を盗んだ鬼を捕まえるべく、一瞬の間に100万kmとも1000万kmともいわれる長距離を走り抜けた(追いかけた)んだとか。

プロフィールイラスト
仮に100万kmであったとしても、一瞬で100万km走った場合の時速はおよそ1,800万km/hになります。

一瞬とは?

「瞬」とは、1回まばたきをする時間であり、およそ0.1秒から0.3秒くらいです。
上記の時速計算では真ん中の0.2秒を使いました。

プロフィールイラスト
時速が・・・い、いっせんはっぴゃくまんキロ!? 自分で計算しておいてビックリ。

 

ちなみに、時速1,800万kmというのは

  • 音速と比べた値=マッハでいえば、およそマッハ14,700。(音速=約1,225km/h)
  • 光の速さ(時速10億8千万km)の、60分の1。

に相当します。

 

プロフィールイラスト
暗殺教室に登場する殺せんせーでもマッハ20が限界(下記参照)だったので、韋駄天様はさすが! といったところでしょうか。

参考

マッハパンチってどうなのよ?物理教師の考察とアニメまとめ

 

遅くとも時速1,800万kmで走ることが出来たであろう、韋駄天様。

こりゃぁ、足の速い人を形容するときに

男性シルエット
韋駄天のような走りだった。(韋駄天走りだった。)

と言いたくなる気持ちも、わかりますね。

 

プロフィールイラスト
本当に韋駄天のスピードで走ったら、フルマラソンですら0.0000084秒(約100万分の8秒)で駆け抜けちゃうので、勝負になりませんけどね。

 

ごちそうさまの由来は、韋駄天だった

物理に関係ありませんが、もう一つ韋駄天にまつわる雑学を。

日本人であれば馴染みのある「ごちそうさま」という言葉、これも韋駄天が関係しているそうです。

男性シルエット
どういうこと?

 

ごちそうさまを漢字で書くと、「御馳走様」と書きます。

「馳走」というのは、速く走る、かけずり回るという意味の言葉。

 

足の速かった韋駄天は、釈迦のためにあちこち駆け回って食材を集めていたそうです。

そこから

食事を準備=馳走

という意味となり(丁寧さと敬意をこめて)「御」と「様」を足して、「御馳走様」となったんですって。

 

江戸時代の後期からは、贅沢な料理のことを「ごちそう」と表現していた(略していた)らしいので、諸説あるかもしれませんが・・・。

 

いずれにせよ。

料理を振るまってくれてた方に対して、感謝の気持ちを込めて「ごちそうさま」とお礼をいう。

毎回の食事でちゃんと言いたいですね、日本人として。

 

プロフィールイラスト
韋駄天様の仏像って、どことなく「ごちそうさまでした」って言ってそうな格好していますよね。なるほどなぁ~、ごちそうさまと韋駄天が関係あるとは・・・。
男性シルエット
それを言うなら「いただきます」にも見えるし。
ってか、合掌している全ての仏像は「ごちそうさま」のポーズに見えてしまうぞ。

 

韋駄天とどっちが速い? 足が速いとされている神様「ヘルメス」

韋駄天とヘルメス

と、ここで気になったのが

プロフィールイラスト
たとえ何でもありの神様だとはいえ、足が速いと表現されている他の神様と比べて、どっちが速いんだろう?

と、いつものくだらない元物理教師としての血が沸いてきたので、調べてみました。

 

プロフィールイラスト
神話と物理は、きっても切れない関係ですからね。

参考

物理がキライ!という人にこそ、読んでほしい。【歴史編】

 

この世にはいっぱい神話があるので、個人的に好きな「ギリシア神話」に絞って。

プロフィールイラスト
光の速さで移動できるかもしれないゼウスは、除外しています。

 

私の独断と偏見による調べによって導き出されたのが(ただ検索しまくって吟味しただけ)

ヘルメス

という神様でした。

※異論・反論はオブジェクションしませんので、あしからずw

 

プロフィールイラスト
韋駄天と比べて、どちらが速い神様なんでしょうね?

 

へルメス(ヘルメース、エルメス)とは?

ヘルメス神

ヘルメスは、足が速い神として有名です。

女性シルエット
ヘルメスなの? エルメスじゃなくて?
プロフィールイラスト
エルメスはフランス語読みです。
ブランドで有名なエルメスは、表記は一緒ですが、その由来は創業者(ティエリー・エルメス)から来ていますので、神様のヘルメスとはそこまで関係なさそうです。

 

ギリシア神話に登場するヘルメスは、旅人・商人の守護神などと言われています。

しかし、生まれて間もない時(生後1日の赤ちゃんのとき)に、50頭もの牛を盗み出したり、近くにいた亀から甲羅を剥いで楽器(竪琴)を作って音楽を奏でたりと、盗人(詐欺師?)や音楽家などの一面もあるようで、本当に幅広い神様だったと思われます。

 

プロフィールイラスト
ちなみに、ギリシア神話をパクっているがベースになっているローマ神話では、マーキュリー(メルクリウス)として登場しています。
聞き馴染みある人も多いのではないですか?

 

そんな彼が履いている靴は、翼の付いたサンダル。

ヘルメスのサンダル
出典 http://kalotaksidi.blog135.fc2.com/blog-entry-87.html

この靴(サンダル)を履いて、どこへでも気軽に移動出来ていたんだとか。

男性シルエット
ってことは、そのサンダルが「魔法のサンダル」なだけで、別にヘルメスの足が速かったわけではないのでは・・・?
プロフィールイラスト
うーん、どうなんでしょうか。それじゃ、細かく調べて見ましょうか。
男性シルエット
なんだか長くなる予感・・・。

 

ヘルメスの足の速さを検証

ということで。

韋駄天と比べるために、ヘルメスの足の速さをちょいと調べました。

プロフィールイラスト
神話を元に検証してみます。

 

ひょっとすると神話の解釈が正しくないかもしれませんが、調べた限りヘルメスの(牛50頭を盗む)お話は、こんな感じです。

  • 住んでいるアルカディア地方から、牛のいるピエリア地方まで移動
  • 日没後に出発、夜に到着
  • 明け方には戻ってきている

こんなお話。

 

当時と交通事情は大きく違うでしょうが、2019年現在のGoogleマップを利用して距離を測ってみれば、実に・・・。

アルカディアからピエリア (1)
出典 ©2019Googleマップ
アルカディア地方からピエリア地方まで、469km。

Googleマップの推奨するルートを徒歩で移動すると、97時間かかるようです。

プロフィールイラスト
遠すぎる! 普通に歩いてたら4日かかる距離やん!!

 

しかも、帰り道は牛をつれている(しかも偽装工作のために、牛を後ろ向きに歩かせていたらしい…。)わけだから、ヘルメスだけの移動時間にならないよね。

プロフィールイラスト
ということで、まずは何時にピエリア地方に到着したか、逆算していきます。

 

牛の速度ってどのくらい?
個体差が大きいようですが、例えば牛追い祭りでの牛の時速は24km/hだそうです。
参考 パンプローナの牛追い祭り

 

本当は歩かせていたんだろうけど、ここはひとつ大目に見てね。

後ろ向きに走っていたと仮定し、(牛と共にいるヘルメスも)帰り道は時速24kmとしましょうか。

男性シルエット
おいおい、なんだか「旅人算」みたいになってきたぞw

 

日没後や明け方という表現が曖昧ですけど

  • 日没=午後5時
  • 明け方=午前5時

と仮定しましょう。

 

プロフィールイラスト
移動時間は、12時間。

 

469km離れたところから時速24kmで帰ってくるんだから・・・計算すると時間は・・・約19時間30分。

・・・ん? 19時間30分?

あかーん!! 帰り道だけで、ほぼ1日終わってるやん!

 

どうしようか、あ、こうしよう。

プロフィールイラスト
牛は家畜だよね? それなら馬も似てるよね?
ほら、牛って偶蹄類で、馬は奇蹄類だから、似てるっちゃ似ているし・・・ゴニョゴニョ。
男性シルエット
全然似てねーよ。

しょうが無い。ここはひとつ、心を鬼にして。

引き連れていた牛が、馬並みに速くかつ後ろ向きに走れたと仮定するしかない。

馬は最高時速が70km/hくらいなら走れるので、これで帰り道にかかる時間は約6時間42分

 

プロフィールイラスト
後ろ向きに時速70kmで猛ダッシュしている牛50頭みたら、恐ろしいけどね。

牛が全速力でバックしている様子

 

朝5時から引き算すれば、ピエリア地方に到着したのは午後10時18分

午後5時にアルカディア地方を出発したんだから、往路にかかった時間は5時間18分

「アルカディア地方-ピエリア地方」間の距離は、469km

プロフィールイラスト
距離÷時間をして速さを求めましょう。

469÷5.3は・・・?

ヘルメスの移動した速さ(時速)は、88.5km/h

 

(うすうす気づいていたけど)
超フツー!!!

いや、走ったとしたらもちろん速いよ。時速90km近くで走ってるからね。

プロフィールイラスト
人間では無理だから、さすが神様だよ。
でもさ、国内(ギリシア内)移動で、日没後や明け方や…って言ってるんだから、まぁ想像できたよね。

 

韋駄天は時速1,800万km。ヘルメスは時速88.5km。

まさに「桁違いの速さ」だったんだね、韋駄天って。

足が速いと有名なヘルメスと比べても、韋駄天の圧勝。

プロフィールイラスト
私の条件(仮定)なら、って話ですけどね。
それに、この時のヘルメスは生まれて1日経たない赤ちゃんの状態ですから、ガチで勝負したらどうなるんだろうね。

 

韋駄天にまつわる話、まとめ

韋駄天とヘルメス

本日の内容をまとめます。

  • 韋駄天は、最低でも時速1,800万kmで走れたかもしれない神様。
  • 足が速いとされていたギリシア神話のヘルメスと比べて、約20万倍の速さ(ヘルメスが赤ちゃん時の速さは88.5km/h)
  • 韋駄天がきっかけで、ごちそうさまという言葉が誕生した。

 

いやぁ。

韋駄天様は、ものすごく速かったんですね。

プロフィールイラスト
生まれたての赤ちゃんの状態で、時速約90kmで走れるヘルメスもすごいけどね。

 

あわせて読みたい記事

韋駄天とヘルメス
気に入ったらフォロー