柿の葉寿司はどこのが一番いいの?ヤマト、いざさ、平宗、タナカについてそれぞれの魅力を徹底比較

2017-11-13奈良のおすすめグルメ

奈良の名産柿の葉寿司

奈良県が誇る、名物料理に柿の葉寿司があります。

まぁ奈良県民からすると、「お土産用」って感じで

数少ない名物郷土名産品

って感じなんですが、本日は

奈良県内で柿の葉寿司を取り扱っている、大手4社についてまとめます。

 

スポンサーリンク

そもそも柿の葉寿司って?

奈良県民からすると、頻繁に食べるものでもありませんが、よく知っている郷土料理ですよね。

本来は保存目的で作られた柿の葉ずしも、今や完全に「お土産・贈り物用」で、存在しています。

 

とはいうものの「奈良を代表する」お土産と、いうほどでもないような気がするので

「柿の葉寿司?知らんし。」

っていう人も居そうな気配…。

 

ってことで、まずは、柿の葉寿司について簡単に説明します。

 

柿の葉寿司について

柿の葉寿司って?一口大の酢飯に鯖や鮭などの切り身と合わせ、柿の葉で包んで【押し】をかけたすしのこと。

いわゆる押しずしのことです。

柿の葉には殺菌効果もあり、主には保存食として食べられてきました。
ネタとしては、古くから【鯖】が有名でしたが、その後【鮭】も広く出回り、この2種類が、柿の葉寿司の定番ネタとなっています。

最近では、【鯛】や【穴子】なんかも人気ネタの一つとなっています。

 

海がない奈良県の、お魚をおいしく食べるためのコツが詰まっていたというところですね。

奈良以外にも、和歌山、石川、鳥取などでも柿の葉寿司があり、特に和歌山に関しては、奈良県の柿の葉寿司とルーツは同じと考えられています。

 

奈良県内にある柿の葉寿司を提供しているブランド

奈良県には、現在柿の葉寿司をメインとして販売しているブランドが4社あります。

  • いざさ(正確には、ゐざさ)
  • タナカ
  • 平宗(ひらそう)
  • ヤマト

※五十音順

以上の4社が

奈良県内では大手で、奈良で柿の葉寿司を買うなら、たいていこの4つのブランドのいずれかになります。

では、この4社について、いろいろと違いをみていく前に、簡単にどんなお店なのか紹介します。
※以下、表現等は各HPより引用

 

いざさ

柿の葉寿司いざさHP
COPYRIGHT 2007 IZASA CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED.

大正10年に、中谷勘市朗(初代)が、奈良奥吉野大台ケ原上北山村にて米屋として中谷商店(中谷本舗の前身)を創業しました。米屋として中谷商店(中谷本舗の前身)を創業米屋を営みながら名産品、柿の葉すしなどの販売を始めます。

昭和36年には、中谷宏(二代目)が代表者となり、大台ケ原に経ヶ峰茶屋を設立し、元東大寺管長 清水公照猊下が屋号を「ゐざさ」を命名、同時にオリジナルの笹寿司を「ゐざさ寿司」と命名しました。

 

タナカ

柿の葉寿司タナカHP
出典 株式会社柿の葉すし本舗たなか

明治36年に、当時大工の棟梁を生業(なりわい)としていた、田中徳松は、多くの職人を抱え職人たちの日々の食事は、妻ヨシがまかなっておりました。
そのことが高じて国鉄五条駅(現在のJR五条駅)の駅前商店街に食堂を営むこととなり、そこで夏の間だけ作っていた「柿の葉すし」がはじまりとされています。

後に食堂は徳松の孫である田中修司(現相談役)に引き継がれ、その妻孝(たか)が作った柿の葉すしは地元の名物となり、これを本業と決意した田中修司によって、昭和48年、株式会社柿の葉すし本舗たなかが設立され、柿の葉すし専門店として現在に至ります。

 

平宗

柿の葉寿司平宗HP
出典 株式会社柿の葉ずし 平宗

創業は1861年。江戸時代の末期となります。坂本竜馬などの幕末の時代ですね。

文久元年(1861年)に平井宗助が大和国上市村(現 吉野町上市二〇八番地)において、すし・川魚・乾物等の製造販売、「平宗」を創業しました。
上市は室町時代から商業地として栄えていたようで、吉野川筋の奥の山里を商圏とした市場町・街道町でした。

明治に入ると平宗は料理旅館を営み、鮎料理・山菜料理などを提供するようになり、その一品として江戸時代中頃より夏祭りのご馳走として吉野の家庭で作られていた柿の葉ずしを遠来のお客様に振る舞いはじめます。
こうして、郷土の家庭料理であった柿の葉ずしが吉野の名物として商品化されていきます。

 

ヤマト

株式会社柿の葉ずしヤマトHP
出典 株式会社柿の葉ずしヤマト

昭和44年に、奈良県五條市黒駒町に給食専門店『ヤマト給食』として創業したのがはじまりです。

そののち、仕出し料理及び出張パーティー(結婚式等)の料理も始め、社名を「仕出しヤマト」に変更。昭和51年には、学校向け米飯給食業務及び柿の葉ずし業務を本格的に始めることになりました。

 

柿の葉ずし、4社の徹底比較

歴史と伝統があるのは平宗。全国に広く店舗を構える、知名度としてはタナカ。

店舗数や規模の大きさについて、違いを比較していきます(2017年8月現在)※各HPより

ブランド名 創業 資本金・従業員数 店舗数
(百貨店、駅ナカ、テナント含む)
いざさ 大正10年
(1921年)
4000万
290名
19店舗
タナカ 明治36年
(1903年)
4800万
250名
74店舗
平宗 文久元年
(1861年)
2000万
186名
21店舗
ヤマト 昭和44年
(1969年)
5000万
約200名
10店舗

 

歴史でいうと、平宗が圧倒的に古く、昭和26年には昭和天皇が食事をしたということもあったようです

天皇が召し上がった柿の葉寿司
出典 株式会社柿の葉ずし 平宗

 

タナカは、圧倒的な店舗数と、全国に足を広げています。柿の葉寿司とググると一番にタナカの柿の葉寿司が登場するほどです。

 

いざさはオリジナル路線を売りにし(いざさ寿司)、ヤマトは学校給食が走りということもあってか、食堂(店舗運営)に力を入れている印象です。

まとめ

柿の葉寿司として歴史が古いのは、平宗
全国に展開し、わりとどこでも買えるのは、タナカ
いざさは、いざさ寿司というオリジナルブランドで差別化を図り
ヤマトは、店内飲食に力を入れている。

 

安さは「いざさ」がわずかにリード

柿の葉寿司の品数、値段等については、以下の通りです。(2017年8月現在、オンライン価格、税込価格)

※最新価格については、各社HPをご覧いただくか、お問い合わせしてご確認ください。

ブランド名 最低設定価格(鯖のみ) 鯖1個あたりの値段 詰め合わせ最高額(主に贈答用、木箱) その他、変わり種など
いざさ 712円
(6個)
約119円 8,100円
さば25個、さけ25個
合計50個入り
鮭の切り身で作られたオリジナル寿司(ゐざさ寿司)
8個1,036円~
タナカ 908円
(7個)
約130円 11,340円
さば、さけ、たいの3種
合計60個入り
特性木桶
日本酒(春鹿)の販売や、氷柿(デザート)の販売なども行っている。

柿の葉すし・吟醸生酒 「春鹿」セット さば21個入
5,141 円

平宗 1,089円
(8個)
約136円 9,216円
金目鯛48個入り
こおりずし(冷凍寿司)や棒ずし(穴子、鯖など)がある。

大和牛(やまとうし)ローストビーフの棒ずし
2,423円

ヤマト 840円
(7個)
約120円 12,450円
さば、さけ各45個入り
合計90個入り
のどぐろやあまえびなどの柿の葉寿司のほか、どんぶり(三色丼、マグロ三昧丼)などがある。

味七色(あじなないろ)
柿の葉寿司(さば・さけ・あみえび・たい・のどぐろ・しいたけ・とりそぼろ 各1個)
1,047円

ブランドにより1割前後、柿の葉寿司1個の値段が違う結果に。

 

一番安いのは、わずかに、いざさの柿の葉寿司です。

詰め合わせなども含めて、全ての商品で、「いざさの柿の葉寿司」は、買い求めやすい価格に設定されています

いざさの柿の葉寿司 商品ページ(楽天市場)

いざさ寿司 オンラインショップ(HP)

 

各社の取扱商品や、オリジナル商品についての比較

各社の商品についてです。

各ブランドとも、独自の商品展開をしています。

 

平宗は、オンラインショップでの商品の取り扱い点数が多く、残り3社と違って、唯一Amazonで購入することもできます。

非常に便利ですよね。

 

いざさのオリジナル寿司

いざさ寿司
出典 株式会社 中谷本舗

ゐざさ寿司

大台ケ原の笹の葉をモチーフに鮭の切り身を包んで作ったのがはじまり。ゐざさのオリジナルです。美しいいろどりで、結婚式の縁起物としても供されます。

ゐざさ寿司は、電話、FAXのみでの受付となります。

フリーダイヤル:0120-234-888

フリーFAX:0120-234-867

FAX注文用紙はこちら

 

オンラインで購入可能な商品はこちら

いざさの柿の葉寿司 商品ページ(楽天市場)

いざさ寿司 HPオンラインショップを見る

 

タナカのオリジナル商品

春鹿と柿の葉寿司のセット
出典 株式会社柿の葉すし本舗たなか

爽やかな喉ごしと確かな味わいが自慢のお酒「春鹿」。
きりりと冷やした辛口は柿の葉すしとの相性抜群です。

(内容量)
柿の葉すし 紙箱21個入(さば)

純米吟醸生酒「春鹿」 300ml×2本
アルコール度:15度以上16度未満
製造元)今西清兵衛商店

このセットはタナカのホームページのみで購入可能です

 

詰め合わせなら、楽手市場で購入できます。

柿の葉すし本舗 タナカ 商品ページ(楽天市場)

柿の葉すし本舗タナカ オンラインショップ(HP)

 

平宗のオリジナル寿司

大和牛A4等級もも肉を自社工場で秘伝の和風たれに漬け込み、シャリには刻んだ大葉とごまを混ぜ込み、さらにからしでアクセント。
平宗自信の一品です。

送料を支払ってでも、食べたくなる一品です。

 

その他、オンラインで購入したい場合はこちら

平惣 柿の葉ずし 商品ページ(楽天市場)

平宗の柿の葉ずし 商品ページ(Amazon)

柿の葉ずし総本家平宗 オンラインショップ(HP)

 

ヤマトのオリジナル寿司

柿の葉寿司ヤマトの味七色
出典 株式会社柿の葉ずしヤマト

いつもの柿の葉ずしとはひと味違ったお愉しみ。鯖と鮭の他にも、厳選された素材を使った、彩りも豊かな7つの味わいの詰め合わせです。
柿の葉寿司(さば・さけ・あみえび・たい・のどぐろ・しいたけ・とりそぼろ 各1個)
税抜¥970

商品説明(HP)

お取り寄せページ(HP)

 

 

まとめ

奈良県にある柿の葉寿司のお店として、4社を簡単にまとめると

  • いざさは、リーズナブル。
  • タナカは全国展開。知名度がある。
  • 平宗は、歴史と伝統。オンラインに強い。
  • ヤマトは、店舗での料理に力を入れている。

といった感じです。

 

オススメは、平宗です。

私は、いつも店舗(朱雀門店)で購入しますが。

 

他にも、奈良にはおすすめグルメやスポットがあるのでまとめてみました。気になる方はチェックして下さい!

 

ちなみに奈良でお寿司を食べるなら、大起水産がおススメです。

スポンサーリンク