夏だ!ビールだ!キリンホームタップだ!キリンビールの本気が詰まったホームタップの課題はコスト面か?!

2017-10-04おすすめアイテム

キリンホームタップ
出典 © Kirin Brewery Company,Limited

いよいよ、夏本番!

ビールが美味しい季節になってきますね。

 

本日は、キリンがサービスを開始した本格サーバー

キリンホームタップ

について、お話しします。

ターゲットはズバリ

  • 安さが売りのビールから卒業したい
  • 週末をリッチに過ごしたい
  • 景品で当たったビアサーバーは使い物にならない

と考えている方たちです。

スポンサーリンク

本格ビールが1杯800円

キリンから、家庭用ホームサーバーとしてキリンホームタップが発売、サービス利用開始されましたね。

特設ホームページはこちらからどうぞ

 

このサービスの売りは何と言っても

家にいながら新鮮で本格的なビールが飲める

という事につきます。

 

作りたてのビール、にこだわった結果

このサービスで提供されるビールは

Home Tap 01 一番搾りプレミアム

というオリジナルビールになります。

キリンホームタップ
出典 © Kirin Brewery Company,Limited

一番搾り麦汁。こだわり抜いた豊かな麦のうまみと、深く華やかな香り。
醸造家の技を惜しみなく注ぎ込み、特別な一番搾りが生まれました。

参照 ホームページより

麒麟のこだわりといえばやはり、一番搾り

ビールのおいしいところを凝縮しているといっても過言ではない、一番搾り麦汁のみを使って、こだわりのホップ【かいこがね】の第一等品を厳選して使用するなど、こだわり抜いて出来上がったのが、このホームタップで飲めるビールです。

ドライやラガーなどとは違い、爽やかで軽めの飲み心地になっています。

 

2017年夏特別ビールもあるよ

そのビールは

Original Tap 01 ゴールデンエール

というビールでHome Tap会員だけが飲める特別なビールになっています。

キリンホームタップ
出典 © Kirin Brewery Company,Limited

夏の暑い季節に合うように、また女性にも合うように、フルーティーな味わいになっています。

私は甘めのビールはそんなに好きじゃないので、遠慮しますが

ヒューガルデン

が好きな人は好きなビールでしょうね。

 

2017年8月30日追記

現在、夏限定ビールOriginal Tap 01 ゴールデンエール販売終了しました

 

9月から11月の期間限定ビールはこれ!!

キリンホームタップの限定ビール第二弾!!

Home Tap 02 グランドキリン JPL

が9月から11月の限定で飲めるようになりました。

キリンホームタップ
出典 © Kirin Brewery Company,Limited

ジャパン・ペールラガー
日本の感性が注ぎこまれたビアスタイル。
芯が通ったジャパン・ペールラガー。

夏のビールとはうって変って、秋は渋さを楽しめそうです。

国産ホップ「いぶき」を使用し、ラガータイプならではの上質なキレと、国産麦芽の豊かで香ばしい味わい、のフローラルな香りが調和し、引き締まった苦味と心地よい余韻が広がります。

秋の味覚である、サンマ、松茸など七輪で焼くとウマイ系の食材と併せていただきたいものです。

 

第3弾、10月からの期間限定ビールはこれ!!

キリンホームタップの限定ビール第三弾!!

Home Tap 03 グランドキリン IPA(インディア・ペールエール)

が登場です。

ホームタップビール3
出典 © Kirin Brewery Company,Limited

世界中で愛されているIPAを、もっと飲みやすくさらに奥深く。
ホップ愛香るインディア・ペールエール。

さらにパンチを効かせてきました、キリンさん。

第二弾のHome Tap 02 グランドキリン JPLは、どちらかというと日本人向けということでしたが、インディア・ペールエールとなれば、苦みが強く、個性がつよいので、苦手な人もいるかも知れません。

複数の希少ホップが織りなす、柑橘の爽やかさと、甘く熟したフルーツのような香り。ひと手間かけたホップを漬け込むことでフルーティな香りと上質な苦みを引き出したIPA(インディア・ペールエール)スタイルとして生まれたのが『グランドキリンIPA』です。IPAならではの上質な苦みと、柑橘の爽やかさが調和したデイリースタイルのクラフトビールが、秋のビアタイムをより一層味わい深いものにしてくれます。

とありますので、柑橘のさわやかさをどこまで調和しているかがポイントとなりそうです。

 

気になる費用は、月額料金とビール代金のみで、サーバー代は不要でありながら、缶ビールの約3倍の値段

キリンホームタップ
出典 © Kirin Brewery Company,Limited

キリンホームタップの利用料金は

  • 月額基本使用料 3,132円(税込)
  • ビール代金 4,320円(税込)

となっていて、毎月7,452円が必要です。

サーバ代のレンタル料などはかかりません。

 

定期便で4リットル、追加注文も2リットルずつ(2,160円(税込))出来ます

ちなみに定期便は送料不要ですが、追加注文は324円の送料がかかります。

 

特にサービス料などもかかりませんので、この

7,452円/4リットル

がビールの値段といっていいです。

 

だいたいビールの中ジョッキが400mlから500mlなので、8杯から10杯分といったところ。

 

単純に計算すれば

1杯750円から800円

で、キリンの本気が詰め込まれた、新鮮な本格ビールが飲めるということになります。

 

缶ビールの値段が500mlなら300円前後なので、だいたい缶ビールの2.5〜3倍の値段ということになり、決して安いということはありません。

 

最低1年間の利用は必須

もし、キリンホームタップを解約をしたくなった場合、もちろん解約自体は出来るのですが、12ヶ月以内で解約をしたい場合

解約手数料として14,904円(税込)

を支払わなくてはならなくなりますので、注意が必要です。

 

以下ホームページより転載です。

各月15日までに解約申請をいただいた場合、当月内での解約受付となり、16日以降の場合は翌月の解約受付となります。
なお本サービスの最低契約期間は、サービス開始月から12ヶ月間です。
12ヶ月未満での解約をご希望される場合は別途解約手数料(税抜13,800円)が発生します。

解約手数料もぼちぼちするので、「お試しでこの夏だけ」というのは簡単にいきそうにありません。

ビールを頼まず、月額基本料だけ支払うというのでもありなようなので、費用を抑えるといった意味では、そういう逃げ方もあるかもしれませんが、個人的には無駄でしかないように感じてしまいます。

 

申し込みをするにも一苦労

じつは、このキリンのホームタップは、毎月一定の上限を決めて申し込み受付をしています。

仮に今申し込んでも、利用開始は2ヶ月後。

さらにいうと、その申し込み自体もすぐに上限がきて申し込めなくなってしまう

 

わざと店を小さくして、さも人気店のようにしているラーメン店のごとく、人気殺到しているからこそ、申し込みたくなるという気持ちにさせる戦略・・・

安定して、こだわりのビールを提供するためのポリシーだと理解しましょう。

 

 

検討されている方は

  • 申し込み期限をうっかり忘れないため
  • 乗り遅れないため

最新情報をメールで取得してみてはいかがでしょうか?

キリンホームタップの メール登録へ

 

ターゲットは、週末にリッチな楽しみを求めている方

ビール
イメージです。キリンホームタップとは一切関係ありません

このキリンホームタップはリーズナブルを売りにはしていません

また、商品提供の確実性の観点から、毎月新規で申し込み可能な人数にも上限を設定しています。

なので気軽に申し込むということができない商品、サービスです。

 

1杯800円前後かかってしまうところを考えても、このキリンホームタップは

  • 量より質を求める
  • 週末などに、1週間頑張ったご褒美として飲むための

ビールサービスだと言えそうです。

 

点数を集めて必ずもらえるビールサーバーは所詮オモチャ

よく、ビールについている点数を集めて、ビールサーバーが必ずもらえるというキャンペーンがあります。

私もプレミアムモルツで実施されていたやつをコツコツ集めてもらったことがありますが、今は台所の戸棚で埃をかぶっています

プレゼントでもらえるビアサーバーは「炭酸ガスが付いていない」ので「缶ビール自体を冷やしてセット」してから注ぐというパターンです。

 

なので、ビールが冷えていなければ美味しくないです。さらにいうと

もらったサーバーを使わなくても缶ビールからの注ぎ方を工夫することで、美味しく飲めちゃう

ので、プレゼントでもらえるサーバーを使うというのは所詮

2・3回、雰囲気を味わうためのオモチャ

でしかありません。

 

たとえ、買ったやつだとしても、一緒のことが言えます。

ビールサーバーを置くメリットのひとつとして、挙げられるのが

「そのまま」「注いで」「冷たいビールが飲める」

という点です。

 

 

 

例えばこれらの商品、Amazonでベストセラー(上の方)になっている、人気のビアサーバー達ですが

  • 飲もうとする度に、缶にわざわざセットして飲む
  • 缶は予め冷やさなくてはならない
  • 一杯飲む度にセットオン!

これらの煩わしさたるや・・・。

 

ちなみに、「泡のなめらかさ」などは、大きく変わるので

  • おもちゃサーバー・・・雰囲気だけ味わう
  • 購入サーバー・・・泡を味わう

と割り切る必要がありますね。

 

くどいですが、その両方とも

2.3回使って、ほこりをかぶるコース

に突入する恐れが高いです。

 

その点、キリンのホームタップなら、本格サーバーですので

そういった景品と比べること自体、ナンセンスではあると思いますが、カートリッジ(炭酸ガス)がついていますし、ビールも、1Lサイズをセットしているので

お店で提供されているビール、ならびにビアサーバーと同じ

ですから、景品でもらえるようなおもちゃ感覚では全くありません。(お店のビール樽は19Lですけど)

 

ただし大きさはそれなりにあります。

 

検討される方は

  • 申し込み期限をうっかり忘れないため
  • 乗り遅れないため

最新情報をメールで取得してみてはいかがでしょうか?

キリンホームタップの メール登録へ

 

キリンホームタップの課題はコスト面か?

自宅にいながら、キリンの本気が詰まったビールを飲めるというのは、大変魅力的なのですが、やはり気になるのは、コスト面。

1杯800円のビールなんておしゃれなバーのビール1杯と同じ値段ということになりますので

「毎日飲みたい!」

とか

「質より量!!」

というかたには正直向いていないといえます。

 

なぜ、オシャレなバーのビール1杯と同じ値段になってしまうのか?というと

月額基本料金である3,132円がビール代に乗っかってくる

ため、どうしても1杯の値段が高くなってしまうからです。

 

ビールそのものの値段は、いつもの缶ビールの+200円ほど

ビール自体の値段は、4L=4,320円、または2L=2,160円なので

およそ1杯500円前後

と、お店で飲む値段とさほど変わりません。

 

やはり1杯800円ほどにまで高くなってしまう要因は、月額基本使用料の代金が、ビール1杯に乗っかってくるからだと言えます。

 

ということは、ビール1杯につき

どれだけ基本使用料の割合を減らせるか

と言うことがポイントになってきます。

 

キリンホームタップで量を飲むのであれば、いつものビールに+236円で利用出来る計算に!

最初の状態で4L=約10杯分来ます

 

このとき、基本料金は

3,132円÷10=約313円

が1杯分に乗っかかるので、ビール代金を約500円とすると、何度も言うように

1杯あたり、約800円

となってしまいます。

 

そこで、追加注文ありきで考えて、

  • 15杯(4L+2L)
  • 20杯(4L+4L)
  • 25杯(4L+6L)

で考えてみると、それぞれ1杯にかかる基本使用料の割合

  • 3,132円÷15=約208円
  • 3,132円÷20=約157円
  • 3,132円÷25=約125円

となりますから、量を飲む(毎日飲むor家族で飲む)方だと、お得になると言えそうです。

 

仮に、毎日500mlの缶ビールを1本飲む場合キリンホームタップで同等の量を飲んだ(4L+8L)比較をすると、金額の差はどれくらいになるのでしょうか。

(缶ビールで飲む人)300円×30日=9000円

(キリンホームタップで飲む人)3,132円+4,320円+2160円×4回=16,092円

差額7,092円を一本あたり(1回あたり)に再計算しなおせば

1本あたり+236円

となります。

 

要は

いつも飲んでいるビールに+236円することで、本格サーバーを備えたキリンの本格ビールが自宅で毎日飲める

ことになります。

 

こう考えると、なんだかお得じゃないですか?

 

まとめ

キリンホームタップをおすすめするのは、こんな方です。

  • 週末にバーなどで、1週間のご褒美として、ビールを飲んでいる人(1杯800円)
  • 毎日ビールを飲んでいる人が、少し贅沢に飲みたいと思っている人(毎日のビールに+236円で利用可能)

 

中食も流行っているので、自宅でゆっくりとお気に入りの映画でも見てくつろぎながら、お店で飲むような本格的なビールを味わうってのはいかがですか?

関連記事

「中食」って何ですか?と言う人へ、今流行の「中食」について簡単にポイントを抑えるよ!

奈良においしいお店は無い?唐揚げ屋あかふじ、いってみました【第3回からあげグランプリ金賞受賞店

他社と細かな違いですが、DMM宅配レンタルが嬉しいサービスを実施しています。

 

スポンサーリンク