京都勝牛のとんかつ

奈良県初上陸の牛カツ専門店「京都勝牛」に行ってきましたので、レビューします。

京都勝牛のとんかつ

2017年10月にオープンしたばかりの、牛カツ専門店「京都勝牛」に先日行ってきましたので、そのときの様子や感想をお伝えします。

プロフィールイラスト
トンカツ屋は割と奈良でも見かけるけど、牛カツ屋ってどうなんだろう・・・?

 

あわせて読みたい記事

 

広告

京都勝牛について

京都勝牛

京都勝牛は「牛カツ専門店」と看板を掲げておきながら、その横に「トンテキ」も書かれています。

プロフィールイラスト
・・・牛カツ専門店じゃないの?

 

京都勝牛は牛カツ専門店とありますが、トンカツやチキンカツなど、牛カツ以外のメニューもあります。

京都勝牛は、「京都」と冠がついていることからわかるように、京都に本店があります(京都市中京区先斗町本店)。

プロフィールイラスト
ちなみに、写真にちらっと写っている「天下一品」も京都が本店です。

 

勝手に、私は京都勝牛って「京都と奈良くらいにしかないだろうなぁ」と思っていました。

しかし2017年12月現在で

  • 東京  18店舗
  • 神奈川 2店舗
  • 愛知  4店舗
  • 大阪  10店舗
  • 福岡  3店舗

など、主要都市をほぼ網羅しています。

 

むしろ奈良は後発組

プロフィールイラスト
だよね。だよね。奈良はいつも出遅れるよね・・・。

 

韓国にも店舗があるのは驚きです。

韓国の店舗数は、なんと!大阪をもしのぐ12店舗…。나라현은 완전히 패배했다。

ま、「おいしいモノなし、奈良県。」にしては、早いほうです。

 

参考奈良においしいお店は無い?唐揚げ屋「あかふじ」に、いってみました【第3回からあげグランプリ金賞受賞店】

 

うん。気持ち切り替えて、紹介していきたいと思います。

なお、以下は全て執筆当時の情報です。

 

京都勝牛のメニュー紹介動画

商品説明や、雰囲気などはこちらの動画の方がわかりやすいです。

動画で紹介されているように、食べ方も複数あって牛カツを存分に楽しめます。

京都勝牛は、「60秒」で揚げる牛ロースを使った「牛カツ」が主役のお店。

この牛カツを「わさび」「だし醤油」「山椒塩」「カレーだし」、そして動画にはないけど+100円で「京玉(だしのきいた半熟玉子)」でも、いただくことができます。

 

京都勝牛のメニュー

京都勝牛 京都勝牛 京都勝牛

定番はやはり

「勝牛 牛カツ膳」

でしょう。メニューのトップページにあるし。

プロフィールイラスト
私も、牛カツ膳いただきました。

 

値段は

  • 並 1,380円
  • 大 1,580円
  • ひかえめ 1,180円

となっています。

プロフィールイラスト
一般的な、トンカツ屋の値段と同じくらいかな?

 

ほかには

  • みぞれ牛カツ膳(1,480円)
  • 上牛カツ膳(1,580円)
  • 百年味噌わらじカツ膳(1,580円)

などの牛カツメニューが楽しめるし、牛カツ専門店といっても豚や鶏肉(ランチのみ)も扱っているので

  • とんかつ膳(1,280円)
  • トンテキ膳(1,280円)

など、牛カツ以外のお肉も楽しめます。

 

いざ!京都勝牛「奈良柏木店」に、入店

京都勝牛

12月の土曜日、18時ごろ入店。

店内は45名ほど座れますが、8割ほど埋まった状態ですでに満席扱い。(オペレーションの関係だと思う。)

前に2組待っていましたが、約20分ほどで案内されました

プロフィールイラスト
奈良店はできたばかりなので「スムーズな案内」っていうが難しいかも。早めに行った方が吉ですね。

 

一応「お持ち帰り」が出来そうな店構え(外に窓がある)してるけど、まだ対応してなさそう。

写真には写っていないですが、奈良柏木店の限定メニューとしてライチタイム(平日11時~15時)限定

  • 鶏の三味香ばし揚げ
  • 特選ソースカツ丼

なんかも販売しています。

 

勝牛奈良柏木店のアクセス

住所:奈良県奈良市柏木町421-1

営業時間:11:00~22:00(L.O.21:30)

電話:0742-81-7370

 

国道24号線、北向き(京都方面)沿いにあります。

プロフィールイラスト
京都勝牛奈良店の目印は、24号線の「ドンキホーテ」や「ヤマダ電機」。

 

ちなみにこの交差点を東に進んでいくと、からあげ専門店「AKAFUJI」があります。

参考奈良においしいお店は無い?唐揚げ屋「あかふじ」に、いってみました【第3回からあげグランプリ金賞受賞店】

 

電車だと、近鉄奈良線「新大宮駅」か、近鉄橿原線「西ノ京駅」が最寄駅になるかな?

でもさすがに歩いては、だいぶ遠いかも…。

 

男性シルエット

それでも、公共交通機関で!

というなら、「近鉄奈良駅」から奈良交通バス「恋の窪町ゆき」に乗って、奈良バイパス「柏木町」で下車すれば徒歩2、3分ってところです。

 

駐車場は無料で60台ほどは止められますので、車の方が安心です。(天下一品などと共用の駐車場)

 

うれしい、心遣い(待っている人に無料のお茶サービス)

京都勝牛

待合席は6人ほどがぎゅうぎゅうになって座る感じなので、特に子ども連れが待合席を利用するのは厳しいかもしれません

冬の寒空の下、店の前で待つことになるわけですが、あったかいお茶を置いててくれるのでありがたく頂戴しました。

こういう心遣いは、うれしいです。

 

20~30分ほど待ったら、わが家が呼ばれましたので早速店内に入ります。

 

トンカツを頼むと、それなりに時間がかかる

京都勝牛

我が家が注文したのは

  • 勝牛牛カツ京玉膳(大)
  • 極味とんカツ膳

です。

プロフィールイラスト
息子は、大のトンカツ好きです。

 

とんカツは、厚みがあるので(3㎝ほど)

女性シルエット
店員

揚げるのに時間がかかるため、15分ほど頂戴します。

とのこと。

 

子どもが食べるし、しっかりと揚げて欲しいから、時間はこの際大目に見ましょう。

 

先に「牛カツ」だけいただくことも出来るようですが、せっかくなのでタイミングは合わせてもらいました。

京都勝牛

「もうすぐかな?」

と気持ちを抑えきれずに、テンションがあがる息子と待つこと10分少々。

 

勝牛の牛カツ、味はどうなの?

京都勝牛

運ばれてきました。

では、食レポ開始です。

 

勝牛「牛カツ京玉膳(大)」をいただきます

牛カツぅ、到着しました。(息子が身を乗り出していますw)

勝牛牛カツ膳文字入り

  • キャベツ、ご飯、赤だしはお代わり自由。
  • 牛カツは、大だから2列。
  • 奥には、わさびがちょこん。

牛カツは、一口サイズ(割と細くカットされている)に切り分けられています。

 

「京都勝牛」のこだわりともいえそうなのは、つけだれの豊富さ。

  • わさび
  • だし醤油
  • 山椒塩
  • タレ
  • だしカレー
  • だし半熟玉子

でいただくことができます。

 

おススメは、わさび+だし醤油。

あっさりと食べられるし、肉のうまみ、衣のうまみが感じられて、私は好きでした。

プロフィールイラスト
シンプルな薬味で食べると「お高級」な感じがするのは、なぜだろう

 

逆に「カレー」や「半熟玉子」はそれ自体の味付けが濃いので、口の中が、カレーや玉子の味だらけ。

味付け自体はおいしいので、シメにご飯にかけていただきました。

プロフィールイラスト
「カレーライス」や「TKG(卵かけごはん)」として食べました。結局おいしくて、3回もご飯をおかわりをしたことは、ナイショです。

 

京都勝牛の牛カツのお肉は、レア。

レアだから牛の旨みが、しっかりと味わえます。

勝牛の牛カツ
出典 食べログ
プロフィールイラスト
とんカツだと、これは出来ないよね。(怖いから・・・。)

 

ドレッシングかけ過ぎは注意!

キャベツは、ドレッシングをかけて食べました。さっぱりとした青じそドレッシング。

うん、おいしい。

 

でも残念ポイント。

とんカツと違って牛カツは、カツの下に網がひいていませんので、ドレッシングがカツに浸食してきます。

 

さっぱり味のドレッシングなので、相性もいいんですけど・・・。

3・4切れほどはドレッシングの海におぼれました。

 

極味とんカツ膳は、息子と嫁がいただきます

京都勝牛のとんかつ

厚みがある(約3cm)とんカツです。

厚い割には柔らかいですが、厚いのでそれなりの噛みごたえはあります。

 

個人的にトンカツはそれなりの歯ごたえがある方がいいと思っている方なので、むしろ良かった。

3歳なる息子も、おいしそうにむしゃむしゃ食べていました。

 

とんかつは、レモンや岩塩、とんかつソースをつけて食べられます。

 

京都勝牛まとめ

京都勝牛で食べられるカツの値段はそれなりなので、「値段相応の味」って感じですね。

(牛カツ1,380円~、とんカツ1,280円)

プロフィールイラスト
味付けが多いのも、「色々楽しめる」という意味で、ポイントが高いです。

カツ好きの私からすると、+100円で付いてくる京玉(だし半熟玉子)は、要らないかな。

半熟玉子つけたら、何でも旨いに決まってるし(笑)

 

ランチタイムは限定メニューもあるし、何より「1,000円以下」で食べられるようなので、ランチでも一度お邪魔したいと思います。

 

あわせて読みたい記事

京都勝牛のとんかつ
気に入ったらフォロー
広告