みんな大好きネットショッピング。あるサイトの通販にまつわるデータが興味深かった。

2017-08-14コラム

通信販売について調べていると、面白い調査結果に出会ったので、本日はそのお話です。

実店舗内でオンラインによる買い物

スポンサーリンク

みんな大好きネット通販

あなたはネットでお買い物しますか?

私はさほどしません。というのも、ネットショッピングの場合、決済にはクレジットカードが必要になってきますが、私はクレジットカードを持たない、いわば

現金派

だからです。

 

とは言え、全くしたことがないか?というとそんなこともありませんし、今の日本において、約7割以上の人がネットショッピングを利用している時代なので、もはや

ネットで買い物をしたことがない

という人を探す方が難しいかもしれませんね。

ネットショッピング利用率
(出典)総務省「社会課題解決のための新たなICTサービス・技術への人々の意識に関する調査研究」(平成27年)

そんな多くの方が利用している、または利用したことがあるネット上でのお買い物、いわゆる

「通販」

ですが、通販を取り仕切っている(代表する)会社(正確には公益法人)があることを、あなたは知っていましたか?

その会社の名前は「ジャドマ」といいます。

なんか、ボスキャラに出てきそうな名前ですね。

 

ジャドマって?

ジャドマロゴ
出典 公益社団法人 日本通信販売協会 JADMA

特定商取引法の第30条に位置づけられた通信販売業界を代表する公益法人です(1983年設立)。 「楽しく便利な」通信販売を目指して、消費者の信頼を得るためと業界の健全な発展のために、アフターケアの徹底、広告表現の適正化、通販110番での相談などを、消費者団体や、官公庁の消費者窓口などと協力して進めています。

ネット通販を利用したことがある人なら、一度くらいこのロゴを見たことあるんじゃないでしょうか。

あまり利用しない私も見たことがありましたが、読み方がよくわかりませんでした。

「ジャドマ」

と読むそうです。Aの部分は白黒反転しているんですね。

JADMAではなく、てっきりJ←DMAというロゴだと思っていました。

 

ちなみに、ホームページによると、この←の部分には、消費者と販売業者(通販業者)の懸け橋になりたい、という想いが込められているそうです。

ふーん。

 

このジャドマが、2016年11月から4か月に渡って調査した

「県民通販大調査」というものが、大変面白かったです。

 

同調査では、

  1. 通販の年間利用額
  2. スマホによる購入者数が多い
  3. 通販で贈り物をしている(したことがある)割合
  4. 通販で美容グッズや化粧品を購入している
  5. 通販でファッション関連の商品を購入している
  6. 通販で健康食品やサプリメントを購入している
  7. 通販で書籍を購入している
  8. 通販で家電を購入している
  9. ポイントや割引につられて、通販で購入したことがある

以上9つの項目(テーマ)で調査を行い、都道府県別にランキングにして結果を発表していました。

通販の年間利用額が多いのは、やはり東京。

調査によると、1年間の通販利用額が最も高かったのは、東京都なのだそう。

まぁわざわざ調査するまでもなく、人口が多ければ必然的に利用者も増えるでしょうし、私も想像できました。

利用額のみならず、購入頻度についても東京都が1位。

「通販大好き県」全国1位は東京都で、1年間の通販利用額はなんと114,025円。全国平均額である88,379円の約1.3倍という利用額でした。 2位は千葉、5位に埼玉と、首都圏が上位に食い込みました。「通販をどのくらいの頻度で利用していますか?」と聞いたところ、「月に2-3回」以上と回答した購入頻度の高い「通販ヘビー層」の割合も東京が1位で、47.7%でした。さらに2位の京都、3位の宮城も、通販利用額で上位に入っており、通販を愛好する県民性が伺えます。

しかし、全ての項目で東京が1位というわけではなかった

例えば、スマホを用いて通販を利用している、という項目。

調査によると、スマホを用いて通販を利用していると答えた人の全国平均は、なんとたったの28.0%という、個人的には驚きの結果でした。

一応調査は1万人を対象にしているようなので、統計学的にも問題はなさそうです。

ちなみによく、1000人アンケートとか2000人アンケートとか聞きませんか?
それだけの人数に聞いたからと言って、本当に日本全国の傾向といっていいのだろうか?と感じたことはありません?
しかし統計学的には、1億2千万ほどのデータ(統計)を扱うのであれば、1500ほどのサンプルがあれば95%(誤差は5%以内)の正確性が保たれる。と言われているのだそうです。

 

ブログなんかでは、割とモバイルファースト的な動きがありますよね?

もちろんネットショッピングのサイトなんかでも、ホームページや商品ページ・口コミなど、サイトのページレイアウトは、モバイル表示を意識して作り込まれていると思うのですが・・・。

ちなみに、この「スマホで通販県」では、沖縄県が1位でした。

1位以下については、調査結果によると、2位は佐賀県。3位は宮崎県。4位は長崎県と、九州・沖縄地方が上位を占めています。

この結果について、県民性研究家、矢野新一さんは

沖縄県の通販でのスマホ利用率が高いのは、沖縄のスマホのキャッシュバック競争の影響が大きいと思われます。
2012年の夏商戦以降、「家族4人で41万円」などの高額キャッシュバック競争により、盛り上がり度全国No.1の沖縄県民がノリに乗ってスマホが一気に普及したためです。
また、パソコンはちょっと難しそうな感じがしますが、スマホは簡単な操作で誰でも扱えるもの。おおらかな沖縄や九州の人たちにピッタリだからスマホ利用率が高いのでしょう。

と分析していました。

県民性研究家、矢野新一ってこんな人です。

ちなみにこのスマホで通販の項目において、東京都は32位。

 

下から数えたほうが早いです。

意外でした。

 

ほかにも、意外なところでいえば

「この1年間に通販でギフトを贈りましたか?」という項目。

贈ったという回答が、全国平均では46.4%のようですが、東京はなんと45位。

利用額や利用頻度が高いからと言って、何でもかんでも東京が1位というわけではなさそうです。

 

9つのテーマを総合して、順位を決めたら、意外なランキングになっていた

9つのテーマに絞ってそれぞれの項目で1位の都道府県には47ポイント、47位には1ポイントとしてランキングを点数化して、総合順位をつけてみると意外なランキングになっていました。

一位はなんと福島県

全ての項目で1位を取っていないにも関わらず、各項目でかならず上位に入り込み、総合的に一位を獲得しているようです。

先に紹介した県民性研究家の矢野さんによれば

郡山以南の中通り南部は江戸時代、小藩や天領が入り乱れ、藩主の交代も頻繁だったため、常に中央に目を向けていたことから、「進取の気性(積極的に新しい物事に取り組んでいこうという気質)」に富むと言われています。今でも東京志向が強く、東京では今何が流行っているのかと関心を寄せる人が多いのでしょう。また、いわきなど浜通りはほとんど積雪がなく、漁師町が多いこともあってか、東北人気質というより、スケールが大きくきっぷがいいのが特徴。通販で大物家電を思い切りよく買う人が多いのかもしれません。

ということだそうです。

その他の順位は…?

総合ランキングでいくと、2位は千葉県。3位は高知県。

続いて大阪、長野、広島、京都…という順位になっています。

東京は13位の結果でした。

ランキングはこちら

 

ネットで物を買うとき、気になるのは口コミですよね?その口コミに関する仮説があります。

この調査結果を受けて、一つの仮説が私の中で生じました。

それは口コミに関するものです。

 

アマゾンや価格コムなんかでは、セキュリティーの観点からか、口コミの投稿(レビュー)には都道府県の記載はありません。

しかし、ネット上(買って!買って!が強いサイトや胡散臭いサイトなんかは特に)には、ユーザーの声といった、口コミを載せているサイトや商品ページがありますよね?

○○/会社員/30代/東京都 様のご意見

みたいな。

 

私は性格がひん曲がっているからか、あまりそういった口コミを信じていないです。だって、ねつ造しようと思えばいくらでも出来そうですし、スタッフが書いている可能性も捨てきれないですからね。

 

しかし、このランキングを見てからは、ちょっとだけこの口コミに対する見方が変わりそうです。

というのも【○○/会社員/30代/東京都】のように、出身都道府県まで載せてくれているような場合、この調査結果を参考にすれば

福島、千葉、高知の人が書いた口コミというのは、信憑性が高い

ということが言えるのではないかと思うのです。

 

口コミにも質があると思う

今回、ジャドマのアンケート内容は

  • 通販の年間利用額
  • スマホによる購入者数が多い
  • 通販で贈り物をしている(したことがある)割合
  • 通販で美容グッズや化粧品を購入している
  • 通販でファッション関連の商品を購入している
  • 通販で健康食品やサプリメントを購入している
  • 通販で書籍を購入している
  • 通販で家電を購入している
  • ポイントや割引につられて、通販で購入したことがある

の9項目でした。

この9項目って、私たちがネット通販を利用する目的のほぼすべてを網羅してますよね?(まぁ2番目と9個目はどうかと思いますが。)

ってことはですよ?

実際にネット通販で商品を購入している割合が高い【福島、千葉、高知】、この3県の方の口コミって、説得力が高いと感じるのです。

 

人口の多い都府県であるランキングは、というと

  • 東京(13位)
  • 神奈川(8位)
  • 大阪(4位)
  • 京都(7位)
  • 愛知(22位)
  • 福岡(10位)

以上のようになっています。

 

人口が多い分必然的に購入者が多い=口コミで見かける都道府県としても多い

のは納得できますし、自然と購入者が多ければ質より量で、相対的に質が上がることはあるかもしれませんが、ランキングを参考にし、かつ【利用頻度が多い=目が肥えている可能性が高い】と考えれば

福島、千葉、高知の3県の方の口コミって、数は少ないかもしれないが質が高い

と。

大阪は4位なので、まぁ外してもいいかなと思うのですが。

 

 

失礼を承知で申し上げると、今までは

  • ○○/会社員/30代/東京都
  • ○○/会社員/30代/福島県

とあった場合、なんとなく東京の方が洗練されていてしっかりと書かれている(イメージ)と思っていました。

逆に、福島や千葉、高知だとしたら

「こんなマイノリティの意見を聞かされても(笑)」

と下に見ていた自分がいます。

 

しかしこれからは【福島、千葉、高知】

このあたりの人が書いた口コミなら、少しくらい参考にしてみようかと思うようになりました。

 

大変興味深いデータをありがとう、ジャドマ。

スポンサーリンク