10万ボルトの攻撃って大したことないよね?子どもがポケモンを楽しんでいる横で、ピカチュウの現実と向き合った

2017-05-01雑学(アニメ)

ピカチュウの攻撃範囲

世界で愛されているポケットモンスター、通称ポケモン。

先日、近所にピカチュウがやってきたので、息子を連れていくことにしたんですが、少々大人は退屈…。

喜んでいる息子を見ているのは楽しかったのですが、少々手持無沙汰。

 

そんなとき、ふと物理教師としての血が騒ぎます。

「ポケモン、めっちゃ突っ込みどころ満載やん!」

 

本日はそんなお話です。

 

スポンサーリンク

ピカチュウに会いに行く?

先日近所の複合施設にポケモン達が遊びにきてくれました。

まだ息子は2歳半なのでそこまでハマってはいませんが、ピカチュウの存在は分かっているようで

「ピカチュウ見に行く?」と聞くと

「行く!」

と言うことで、会いにいってきました。

ポケモンショー

子ども向けのイベントなので、仕方がないですが

喜んでいる子どもを見に行くために、連れて行きますよね?こういうイベントって。

 

ただ、ちょっと暇すぎたので、元物理教師である私はふと、楽しんでいる息子を横目に見ながら

「ピカチュウの攻撃って、確か”10万ボルト”だったよな?」

「それって、大したことなくね?」

と、何ともドライなことを思ってしまったので、まずはそこからお話しします。

 

ピカチュウの攻撃は、サトシがピンチ

ピカチュウの攻撃は【10万ボルト】という電撃攻撃です。

ちなみに、ショッピングセンター来ていたピカチュウも、その日「ニャース」という猫に向けて放っていました。

雷

実は、この攻撃そんなに大したこともないんです。

 

1センチ3万ボルトの電圧が必要

空気を無視して、仮に真空中だとしても放電には高電圧が必要です。

空気中の放電の場合、およそ1センチ(0.01m)の空間に放電するためには、3万ボルトの高電圧が必要と言われています。

ちなみに、冬場の静電気は?というと

冬場の静電気は3〜5万ボルトです。

ドアノブ等の金属と自身の体の距離はせいぜい数センチ(多くの場合1センチ以内)なので、やはり上で説明したとおり、感覚的にも1センチ3万ボルトというのはさほどかけ離れた値ではないようです。

 

雷はなんと数億ボルトから!!

身近なところでいえば雷もイメージできると思います。

 

雷はなんと5億から数十億ボルトと言われています。

 

雨雲(雷雲)は大体上空1000メートルから10000メートルに存在しています。 この値(最小の値)で単純計算してみると

500,000,000÷1,000=500,000(5億ボルト÷1000m=50万ボルト/m)

となり、1メートルあたり大体50万ボルトになってしまいます。

 

ちなみに長さの単位をあわせると、1メートルは100センチなので、

1センチあたり5,000ボルトという事になりますね。(500,000÷100=5,000)

このような単純な計算をすると、1センチあたりは3万ボルトもいかないのですね。

ひょっとすると、雨が降り注ぐことによって電流が流れやすくなったり、気圧や高度の関係、その他もろもろの条件によって、大きく異なるのかも知れません。

 

サトシは、静電気除去グッズを携帯していることでしょう

条件によって異なりますが、さっき説明したとおり、およそ1cmの空間を放電するのに必要な電圧は3万ボルトです。

ということは、単純計算して10万ボルトは、せいぜい3センチほどしか届きません。

 

しかしモンスター同士の対決はどう見ても1m以上は離れています。

ポケモンのピカチュウの攻撃範囲


ということはピカチュウが

「ピカーッ」

といって電撃を放つと、近くにいるであろうサトシに危険が及びます

 

「ヤバい!サトシ。逃げろ!!」

 

とは言っても実際、10万ボルトは静電気でも発生しうる電圧です。

 

「…。」

「確かに静電気は痛いし、嫌いだけど、そんな声を荒げてまで逃げるほどではないじゃん。」

ちなみに、電流による人体への影響は、電圧の大小よりも、その物体の体内に流れる電流の大きさにより決まります

豆知識!電流が人体に及ぼす影響

誤解されやすいですが、高電圧だから危険なのではなくて、体内に高電流が流れる(可能性が非常に高い)から危険なのです。

5mA(1Aの200分の1)が体内に流れば、相当な痛みを感じますし、50mA(1Aの20分の一)で命の危険すら出てきます。
人間の皮膚は乾燥していれば3000Ωの抵抗がありますが、濡れていると10分の1以下に下がるので、その状態で100V(家庭用電圧)に触れれば、非常に危険ということですね。

 

10万ボルトを直に受ければ、即死レベル。

しかし、実際は空気中の放電なので、触れるときにはかなり電圧が下がっていますし、静電気でも発生しうる電圧なので、逃げるまでもない。

もしくらったとしても体内に流れる電流なんてたかが知れている。

 

 

サトシがピカチュウと戦うときに気を付けなければならないのは

「あ、今日静電気除去アイテムもってきたかな?」

というところくらいでしょうね。

 

ってか、もともと射程範囲が3cmのしかない【10万ボルト】というピカチュウの攻撃は、一人ぴかぴかしているだけということになりかねません。

 

サトシは強靭な腰の持ち主

そんな電撃の不安が付きまとうサトシですが、彼は見た目に反してとてつもなく強靭な筋力を持っています。

どのような理屈でモンスターボールにモンスターが入って入るかはわかりませんが、中には明らかに重そうなモンスターが入っています。

ポケモン ピカチュウ

 

姿形が変わったとしても、重さは変わらないです。これを物理の法則で、「質量保存の法則」といいます。

仮に粘土で作った恐竜を、ボールの形に変形させたとしても、同じ量の粘土で作られていますから、重さは変わらないということです

そんなモンスターを、サトシはモンスターボールと呼ばれるボールにいれて持ち運びます。

モンスターボール
©2017 Pokémon. ©1995-2017 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
ポケットモンスター・ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です

質量保存の法則の観点から、ボールは何十トンという重さになっていると予想されますが、サトシは一切きつい様子を見せること無く、冒険を続けています

やはり、ポケモンマスターを目指す人は、その筋力から違うのでしょう。

 

あ、そういえばショーの当日も、キレッキレのダンスを披露していましたので、やはり日々の鍛錬の賜ですね。

少なくとも何十トンという重さに耐えうる腰だということです。

最後に

こどもが楽しんで見ているそばで、とてつもなく大人げないことをしてしまいました。

まぁ、大人には頭の体操がてら、いい暇つぶしになりました。

なにはともあれ、子どもは楽しんでくれたようなのでよかったです。

 

全巻一気に読みたい方にオススメ

ポケットモンスタースペシャル (1-53巻 続巻) -漫画セット-

ちなみに上記の全巻を販売してくれるサイトをお探しの方に、漫画全巻ドットコムと全巻漫画ドットコムは別会社?という記事を用意しています。よければどうぞ。

物理教師がアニメを語ると全シリーズはこちら

スポンサーリンク