FX会社で失敗しないために、実際に利用したFX会社について参考までに紹介するよ

2017-01-31ビジネス

FX会社が多すぎてよくわからないってことありませんか?

本日は、私が実際に試した3社についてお話ししたいと思います。

スポンサーリンク

魅力的なFX

私はうまく付き合うことは出来ませんでしたが、FX投資は非常に魅力的な投資です。

今回は、私の失敗を反面教師として、これから始めよう、気になっている、という人の参考になれば幸いです。もう随分とご無沙汰なので、当時と状況や設定が変わっているかもしれませんが、ご容赦ください。

私が利用した会社

FX会社は本当にたくさん存在し、まとめサイトも充実しているので、ここでは私が実際に利用した会社のみを紹介します。

YJFX

URL http://www.yjfx.jp/

利用していた時期  2012年から2016

確か昔はサイバーエージェントという会社が運営していましたが、買収なのか、yahoo!のグループになりました。

アプリが有能で、モバイルでの取引も不自由はいっさいありませんでした。

強いトレンドが発生している時でも、私はそんなに約定を拒否されませんでした。

出金に関しても、平日の午前中に出金依頼をかければ翌日には手元に引き出せたので、かなり便利でした。

ネット上でお金を扱うので、不安な部分があるため、ここのように出金が早いのは大きなメリットだと思います。

ジャパンネット銀行

URL http://www.japannetbank.co.jp/investment/fx/

利用していた時期 2011年から2013

私が最初に開設したネット銀行で、当時はネット銀行としてはここの一択だったような気がします。私が知らなかっただけですかね。

現在では口座自体使っていません。
トークンが私の性格にはあまり合わなかったので。

ただ、ネット銀行だけあって数多くのウェブ上サービスと連携ができて、昔はよく、競艇や競馬などでも利用していました。


FXに話を戻すと、銀行系だからか、昔だったからかわかりませんが、スプレッドがキツかった印象です。

サイバーエージェントのFXを見つけてからはそちらにシフトしていったので、自然にこことは終わりました。

 

iforex(アイフォレックス)

URL http://www.iforex.jpn.com/

利用していた時期 2014年から2016

自身初の海外FX会社の利用でした。

ちなみに海外FXでメジャーなところとしては【XM】がありますが、私は取り引きにまで到着できずに、入金すら出来ませんでした。

今でもメールが送られてきてウザいです。

話を戻します。

国内でレバレッジの規制が始まって、高レバレッジで取引をしたかった私にとっての選択肢は海外FX会社の選択肢しかありませんでした。

その中で見つけた(当時、色々とネットの記事を読み漁り、集約し見つけた)のがこのアイフォレックスでした。

アプリはないですが、モバイルからでもブラウザでアクセス出来ますし、取り引きも出来ました。

キャンペーンも割とやってる方かなぁと思います。

ただ、そのキャンペーンの表示だったり、本サイトの表示がよく文字化けしてました。

リロードすればすぐ直るので、私は気になりませんでしたが。

キプロスという小国が本拠地で、ギリシャショックがあった時にはヒヤヒヤしましたが、迅速な対応(メール等の連絡が来たり)で、結果、あのギリシャショックの時でもデフォすることなく、持ちこたえてくれました。

日本人も働いているようで、日本人の方にも何度か対応もしてもらっていました。

出金については、他の海外FX会社を利用したことないので、比較検討ができませんが、出金依頼してから、

  1. その依頼書をダウンロード
  2. 署名後、東京の事務所?(03から始まる番号)にFAX
  3. 3日後位には着金

という記憶があります。

特に出金拒否などを受けた記憶は無いですし、個人的には割と誠実な会社という印象です。

番外編

DMM証券

CMもやっていて、大手なので不具合なども比較的無さそうなイメージです。

私が主にFX取引をしていた2013年から2015年に出会っていれば、キャッシュバックも大きいのでおそらく利用していたと思います。

ハイアンドロー

URL https://jp.trade.highlow.net/?lang=ja-JP


FXとは距離を置き、バイナリーオプションに手を出したことがあります。

モバイルからでもアプリで取引はできますが、入出金はPC上からでしかできません。

FXとバイナリーは、似ているようで全く別なものだと個人的には考えています。

 

FX取引で大事なこと

どの会社にもウリがあり、合う合わないはあると感じています。

ただ、その【合う・合わない】ということ、または【失敗しない為の会社選び】や【絶対成功する解析ツール】などの決定も重要な事だとはおもいますが、それ以上に大事なことがあります。

 

私は、自身の失敗から、FX取引で大事なことを学ぶことができたので、それをお伝えしたいと思います。

余剰資金で取引を行うこと

 

これが一番重要です

会社をどこにするかとか、サービスがどうだとか、そんなことよりもなによりも、そもそもその取引に使う予定のお金は、無くなっても困らないお金ですか?

【無くても良い】お金なんていうのは、この世に存在していない、あり得ないことだということは私も分っています。

しかしそれでももう一度いいます。

取引で使おうとしているそのお金は余剰資金ですか?

 

これが自身の失敗から学んだ、最大かつ最重要事項です。

リスクの上乗せ

生活資金が無くなると、生活が成り立たなくなります。

用途のあるお金を失うと、その使う場面に出くわしたときに、あらたにどこからか用意してこなくてはなりません。

 

FXはリスクを伴う金融商品です。

それも、比較的高いリスクを求められます。

そのかわり、リターンも大きいです。

 

そう、【はじめからFX取引で扱うお金には、リスクが備わっている】のです。

 

余剰資金ではないお金(生活費や、用途・目的が明確なお金など)を使うことは、さらにリスクを上乗せすることになります

 

投資はギャンブルとは違います。

似ている部分が多いのですが、投資の原則はリスクヘッジにあります。

 

決してリスクの上乗せになるような行為だけは、みなさんはしないでください。

 

私は、本当に痛い目をみました。

深く反省をしています。

最後に

会社選びの参考になればと、最初は私が実際に開設し、運用してきた会社の説明をしました。

しかし、大事なのは、会社選びよりも何よりも、まず、使う予定のお金が無くなっても良いお金なのかどうか、その無くなってもよいお金を生み出せるかどうか、これが私が自身の失敗から学んだ【FXで成功するための第一歩】だと、痛感しています。

スポンサーリンク