もらって嬉しかった子ども用品、保育園にあがる子どもをもつ親としての意見

2017-04-21口コミやレビュー

新年度、始まりましたね。

息子も保育園デビューがきまり、我が家もいろいろとあわただしくやっております。

 

そんな新しい生活に備えて、いろいろと子供用品を準備していくことになります。

足りないものは買い揃えて。

 

そんな中、買う前に

「あー、たすかったぁ!!」

と思えるような、アイテムをもらうことがあります。

 

 

本日は

保育園デビューするくらいの年の子どもをもつ、親として

もらってありがたかったモノ

について、お話しししようと思います。

 

スポンサーリンク

季節を少し先取り、がもらってうれしいアイテム

もらったモノの中で、一番うれしかったのは、レインコートです。

うれしい子供用品

買っておかなくては!という優先順位は高くないのに、あると超便利。

幸いにも?親に似て、晴れ男なのか、レインコートの出番はなかなか登場しませんでした。

 

だからこそ

忘れたころに、必要になってくる

 

保育園行こうと、ちょいぐずり気味の息子の準備をさせていると、突然の雨。

「え、雨?!どうしよう」

 

そんなとき、思い出したのです。

以前、職場の方から、黄色のスマイルがかわいらしい、レインコートと長靴のプレゼントをもらっていたことを。

 

「マジ感謝。」

 

ついつい、レインコートって、梅雨のシーズン近くならないと

「あ、買わなきゃ」

って思えないから、本当に助かりました。

 

季節を先取りするようなアイテムは、そのシーズンにならないと思いつかないので、ありがたいですね。

 

子供の成長は早いとは聞いてはいたが・・・

子どもの成長は早いので、本当にあっという間に着られなくなります。

なので

子どもの衣類系は、何をもらってもありがたいものです。

 

消費期限がある、消耗品のようなものですからね、子どもの衣類って。

 

実は、頂いたレインコートと長靴は

生まれたばかりの時にいただいたものです。

 

プレゼントされても

  • 少し大きかったり
  • すぐには着られないかな

というようなものだと、当然そのまま置いておくことになります。

 

そして、ほとんどの場合

そのまま、押し入れに隠れた状態で、半年、1年と過ごす。

 

我が家でも、頂いたレインコートと長靴のプレゼントのうち

長靴は、小さくなっており、結局一度も外で履くことはできませんでした。

 

ほかにも、いただいておきながら、一度も登場することなく、「タンスの肥やし」としてその一生を終えてしまうものも、ありました。

いただいておきながら、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

 

子どもの成長は早いと聞いていましたが、本当にあっという間に着られなくなってしまいます。

 

気兼ねなく使える、も大事

中には割と高い服などをいただくこともあります。

 

デザインも可愛らしく、一張羅の扱いで

「ここぞ!」

って時に着せようと思います。

 

そして、登場の出番まで寝かして置いて、イベントやどこかお出かけするときに

「いざっ!」

と思い、押し入れから出して、着させようとすると…

 

「ち、小さい…。」

 

子どもの性格によるのでしょうが、着たくないと駄々をこねることもありました

 

一度「いらない。着たくない。」ってなると、子どもは曲げませんからね。

 

せっかくいただいた、かわいらしい上等な服にもかかわらず、子どもはいつもの

しまむら、490円のTシャツを着る…。

 

いいんですよ?しまむら安いし、いいもの売ってるし。

 

ただ、親心としては、せっかくの頂きものなら、ちゃんと着させてあげたい、って思っちゃうし

「もらっておきながら、申し訳ない」

って気持ちが強く出ちゃいます。

 

こんな時

毎日、気兼ねなく使えるようなものであれば

「日の目を見ずに、その一生を終える」

という事態は避けられるかもしれません。

 

せっかくなら、喜んで毎日使ってくれそうな物を、あげたいし、もらいたい

 

もらって助かるのは

ちょっと、季節をさきどりしたアイテムだと、そのシーズンに入り、まだ買い揃えられていないときに非常にありがたいです。

 

我が家でいうところの、レインコート。

 

しかし、その大きさ、サイズ、利用頻度なんかを考えると、もらっておきながら、出番がないこともしばしば起こってしまう…。

 

もらうばかりの話をしていますが、あげるときだってそうですよね。

 

可愛いから、買って送りたいけど、サイズ的に大きいから、1年後に着てもらおう

と思って送ると、その1年後には、駄々をこねて、一度も登板機会を得ずに、戦力外通告…。

 

なんてことがあるかもしれません。

 

せっかくあげるなら

喜んで、毎日使ってくれるようなアイテム

をもらいたいですし、あげたいです。

 

さらに言えば、我が家のレインコートのように

シーズンを少し先取り

しているような、アイテムだと、必要になった時に

 

「あ~ありがたや~」

 

ってなるから、そんなアイテムをあげられるようになりたい、と思いますね。

 

本日のまとめ

  • 子ども用のプレゼントを上げるときは、季節を少し先取ってあげると、貰い手としてはうれしい
  • 気兼ねなく使える方が、当番回数が増える。高価すぎるもの、かっこよすぎるものは、大事にするあまり、タンスの肥やしになってしまう可能性がある。

 

 

 

こちらもおススメ

実家から五月人形を譲り受けたので、毎年記念写真を撮ってみた

【アンパンマンのはじめてのおしゃべり48】の使用感をレビュー!口コミや評判などもあわせて

スポンサーリンク