ブログデザインを新しくしました!!

楽天モバイルなら契約できた!格安SIMの審査に不安があるあなたに、利用の流れや感想を伝えたい。

楽天モバイルなら契約できた!格安SIMの審査に不安があるあなたに、利用の流れや感想を伝えたい。

楽天モバイルを契約

先日、スマホ(のSIM)を楽天モバイルにしました。

タイトル通り、審査に不安があった私。

実際、他社で(何社か)落ちた私。

そんな私でも、ようやく「スマホで通話できる」生活が、再び戻ってきました。

 

本日は

格安SIMを契約したい。でも審査に通らず(または通るか不安で)契約できない・・・。

という方に向けて、お話しします。

 

楽天モバイルなら、審査に通過して契約できた

私はそれまで2社ほど、格安SIMを取り扱う会社に審査落ちしています。

そんななか、契約できたのは【楽天モバイル】 でした。

 

 

別に、楽天モバイルなら

  • 「審査が緩いからオススメ!」
  • 「こうすれば審査が通る!」

とみたいなことを、伝えたいわけじゃありません。

(そんな「裏付けもない情報」や「噂話・想像話」を話しても、責任取れないってのが本音。)

 

ただ単に

  • 私自身困ったことや、不安だったこと。
  • そんな私が、どのような流れをとったのか?

をお伝えすることで

私のような

格安SIMの契約に「幾ばくかの不安」を抱える人にとって

「少しでも有益な情報」になれば良いな。

という思いで、話を進めていきます。

 

なぜ楽天モバイルを選んだのか?

ひょっとして「私の場合」は・・・ということになるかもしれないです。

そこでまずは、私のスマホや格安SIMに対する考え等を簡単にお伝えします。

同じような境遇であれば、この記事は参考になるかもしれません。

 

私が格安SIMを選んだ理由、及びその背景や悩みなどは以下の通りです。

  • 大手キャリアは金額が高いから、格安SIMを使いたい。
  • 一般的に格安SIMは、通信速度が遅い(らしい)けど、全然ダメ…という状況さえ無いなら、どこでもいい。
  • とはいえ、損はしたくない。
  • 格安SIMはほとんどが「クレジットカード」による引き落としだけど、クレジットカードが使えない。(持っていない。)
  • 利用する端末は、auで分割購入していたiPhone6sをそのまま利用するつもり。

こんな私です。

 

そんな私が

  • 楽天モバイルなら、審査に通って使えるようになった!
  • なぜ、格安SIMを楽天モバイルに決めたか?

についてお話ししましょう。

 

新規契約ができない状態で、審査が通る格安SIMはあるのか?

スマホの新規申し込みが出来なかった私にとって、キャリア選びは不安でした。

新規申し込みができなかった理由は、当時契約していたキャリアに料金滞納があるから。

 

ネットで情報をあさると

「携帯代を滞納するやつは、クズ。どうせまた滞納する。どこのキャリアでもムリ。」

など、結構「表現がきつい」コメントを目にします。

 

ま、真理をついている部分かもしれませんが

「携帯(スマホ)を契約したいけど、審査落ちが怖い・・・。どっか契約できるものは無いの?」

と不安になっている方にとって、今欲しい言葉ではありませんよね。

 

ご存知の通り「支払い滞納状態」にある場合は

「どこのキャリア」でも、新規契約は基本的に不可能です。

あ、プリペイドなんかは除外していますよ。

 

携帯会社で、情報が共有されるからです。

いわゆる「新規ブラック」と言われる状態ですね。

 

端末を分割で購入するなら「信用情報機関に照会」をかけるので

ネガティブな情報があれば、どのキャリアでもアウトなのはわかると思いますが

信用情報機関に照会しない(記録されていない)通信料などの滞納情報も、同業他社で共有されます。

 

実際、私は

auで契約(厳密には契約解除している状態)をしていて

ソフトバンク系列である格安SIMY!mobileに店頭申込みにいった時

他者さんで料金滞納があるので、確認して(清算して)くれたら契約可能」

と言われ、契約できませんでした

 

てっとり早いのは、滞納している支払いを清算してしまうことですが

諸々の理由で、すぐにその行動がとれない場合もあると思います。

 

そんな私も、すぐに滞納を解消できない理由があり

モバイル通信を使わない生活が、約1年ほど続きました。

 

余談ですが

モバイル通信ができなくなったからといって、慣れればそんなに苦しく無かったです。

 

家にはWi-Fiがあったし、最近では街中でもそこらじゅうに無料スポットがあるしね。

コンビニ3社のWi-Fi利用まとめ〜携帯電話が止まってしまった!

公衆電話も、激減したとはいえ絶滅したわけじゃないので、探せば何とかなってきました。

 

むしろ、四六時中スマホをいじることがなくなったので

「ながらスマホが減った生活(=メリハリがある生活)」だったようにすら、感じます。

 

逆に困ったのが、私の周り。

すなわち「私に連絡を取りたい人」達でしょう。

この方たちには、多大なる迷惑と心配をかけていました。(ごめんなさい。)

 

話を戻します。

そんな状況の私でしたが、諸般の理由により、再び携帯を使えるようしなくてはいけないことに。

 

そこで問題となったのが、私の状況。

「契約申し込みブラック状態の私が、契約できる格安SIMはあるのか?」

でした。

 

クレジットカードを使わずに申し込める格安SIMは、本当に少ない

フィンテックと言う言葉知っていますか?

Finance(金融)とTechnology(技術)を組み合わせた造語で、「ファイナンス・テクノロジー」の略なんですが

これからますますスマホ決済や、端末決済が進むであろう世の中。

 

安全性・利便性は増しますが、それを可能にするのはカード社会。

現金レスの世の中が広がっていくってことです。

諸外国と同様、日本でもカード決済の文化は広がっていくのでしょう。ETCしかり。

 

特にクレジットカードを持っていない私のような人間は

「この先、日本での生活が成り立たなくなるのか?」

と不安すら覚えます。

(クレジットカードを持っていない理由は、ご想像にお任せします。)

 

格安SIMの利用には、基本的にクレジットカードが必要です。

私はクレジットカードを利用せずに、格安SIMを利用したかった。

 

そして、いろいろと調べていくうちに

店頭窓口で契約するなら

【UQmobile】や、さっきのY!mobile

「口座振替」ができることがわかりました。

 

しかしY!mobileは(さっき話したとおり)審査が通らず

同様に【UQmobile】もアウトでした。

【UQmobile】はauと同じKDDI系列だから、初めから諦めていたところもあるけどね。)

 

「さぁ、困った…。」

 

そんな私は、数少ない「口座振替」できる格安SIM会社として【楽天モバイル】 を見つけます。

 

楽天モバイルって、格安simの中では、なんとなく不安…


一時YOSIKIがCMしていたのは覚えていますが、最近は見なくなりましたね。

(私が、たまたま見ないだけかな?)

格安SIMでよく見るCMは、深田恭子さん(三姉妹?)のやつか、桐谷美玲さんのやつ。

 

なのでそういった露出が多い格安simと違って

「楽天モバイルって、そんなに力入れてないのかな?」

って印象が、正直ありました。

 

でも、楽天モバイルは2017年12月に「第4のキャリア」として参入することを発表してましたね。

携帯キャリア事業への新規参入表明に関するお知らせ

 

CMはわかりませんが

新規顧客開拓には力を入れていそうですし、今後サービスの拡大をはかっていきそうな気配。

 

なにより「ドコモ、au、ソフトバンク」の3社に割って入ろうとしている位なので

「事業撤退はなさそうかな?」と感じ、ちょっとだけ安心しました。

 

安心したところで、早速楽天モバイルの契約に向けて動き出します。

 

楽天モバイルをネット経由で申し込む!

私が「楽天モバイル」にたどり着くまで

口座振替できる格安SIMは「店頭窓口で契約する場合」ってのが多かった

探せば他にもあったかも知れませんが・・・すみません。隅々まで調べていません。

(だって・・・割りと早くに楽天モバイルと出会って、しかも契約出来ちゃったから。)

 

契約したい格安SIMの実店舗が、比較的近くにあるような都市部と違って

地方に格安SIMを提供している会社の実店舗は、そうそうあるわけじゃない。

 

そう、近くに楽天モバイルの店舗が無い・・・という不安。

 

しかたなく(ダメ元で)ネットから申し込みをすることにしました。

 

楽天モバイルなら、店舗に行かなくても銀行引き落としの手続きが出来た

結論を先に言うと、オンライン上でも「口座振替」による契約ができました。

後日郵送なんかもありません。すべてオンライン上で完結です。

 

口座引き落としを利用出来る銀行は、楽天銀行はもちろんのこと

たいていの都市銀行、地方銀行ならいけそうです。(2018年1月16日現在)

口座振替がご利用可能な金融機関

三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、ゆうちょ銀行、ジャパンネット銀行、ソニー銀行、楽天銀行、住信SBIネット銀行、セブン銀行、じぶん銀行、イオン銀行、新生銀行、信用金庫 ほか

引用 楽天モバイルホームページ

引き落とし口座の銀行によって、登録手続き(入力事項)に差異があるようですが

インターネットバンキングを利用している銀行口座を利用すると、いろいろと入力が便利でした。

※ちなみに私は、三菱東京UFJ銀行を利用しました。

 

調べてみると「口座+キャッシュカード(+通帳)」があれば

ネットバンキングに対応しているような大手都市銀行に限らず

地方銀行など、国内ほとんどの銀行口座が利用可能のようです。

参考 ネット口座振替受付サービスご利用可能金融機関

 

ちなみに楽天モバイルは、三菱UFJファクター株式会社の「ネット口座振替受付サービス」を利用しているみたいですね。

 

口座振替には、月額100円の手数料が発生する

注意すべきコトとして

楽天モバイルは、口座振替にすると「月額100円(税抜き)の事務手数料が毎月かかる」ということ。

 

損はしたく無い!と考えている私なので、悩みました。

 

というのも

楽天モバイルは、他の格安SIMと同様に、クレジットカード支払いがあります。

そして他社には珍しく

デビットカード支払いも、対応しています。

※楽天銀行、スルガ銀行のデビットカードのみ。

 

しかもデビットカード支払いなら、クレジットカード支払いと同様に「引き落とし手数料がかからない」んです。

「楽天銀行デビットカード」「スルガ銀行デビットカード」のご登録が可能です。
「楽天銀行デビットカード(JCB)」でのお支払いで、ご利用料金の1%分の楽天スーパーポイントが貯まります。

引用 楽天モバイルホームページ

  • SIM通信料金を、楽天スーパーポイントで清算することもできるみたいだし
  • 楽天ポイントで買い物することもできるみたいだし(私は楽天で買い物ほとんどしないけど)

ポイントまでためられるなら

お得なのは断然、口座振替よりもデビットカードによる支払い。

 

一応私は楽天銀行の口座を持っていましたが、デビットカードは発行しておらず・・・。そもそも基本的に入出金すらままならない(利用しない)。

 

でも、万が一「口座振替で楽天モバイルの審査がダメだったとき…」に備えて(保険の意味合いで)

楽天モバイルの契約を進めるのと同時に、楽天銀行のデビットカード発行手続きを行いました。

 

結果を言うと

デビットカードが手元に届く前に、楽天モバイルの契約・審査が完了し、先に楽天モバイルのSIMカードの方が手元に届いてしまった(早い!)

ので、デビットカードは封筒を開けて中身を確認しただけで、台紙からはがすこともなく棚に直行・・・。(なんじゃそりゃそりゃ。)

 

繰り返しますが、デビットカードを利用した方が、月額費用が若干お得です。

余分な手数料ないし、ポイントたまるし。

 

これは、あなたの判断で選んでください。

私は若干損をしていますが、口座振替の方が魅力を感じました。

 

ちなみに

  • デビットカードじゃ無いから(クレジットカードじゃ無いから)
  • 楽天銀行を引き落とし口座に利用していないから

以上のような理由のみで「審査に落ちる」ってことはない、ことだけはわかりました。

私がその証拠ですからね

 

デビットカードなら、端末の購入も可能

楽天モバイルで、「利用する端末も一緒に新規で取得」したい場合

当然、端末代金を支払う必要があるワケですが

端末を分割で購入できるのは、クレジットカード支払いを選択した場合のみ

です。

 

「口座振替」「デビットカード支払い」ともに、分割購入は出来ません。

しかし、デビットカードによる一括購入はできます

※口座振替では、端末の購入代金の支払いは一切出来ません。

 

どうしても「端末を購入」+「口座振替」をしたいなら

端末は「代金引換」で購入するしかありません。

楽天モバイル端末代金引替
出典 楽天モバイル

 

もちろん手数料(購入金額に応じて数百円程度)を支払わなくてはなりませんが

端末購入できないワケではないので、新しい端末もセットで欲しい!と言う人にとってはありがたいことですね。

 

私は、(確か割引があったと思うんだけど)

auで分割購入した、iPhone6sで楽天モバイルを使う

予定でいたため、端末は不要でした。

 

楽天モバイルの審査と契約の流れについて

スマホの入力画面

具体的なもの・手順等は、素人があれこれいうより

「百聞は一見にしかず」

なので、詳しいコトは楽天モバイルのホームページにある

ご利用の流れ

を見た方が、いいです。

 

ここでは、私が「経験した内容や感想」のみを、お話しすることにします。

 

まず、楽天モバイルの契約プランを決めた

私は2年縛りが嫌いになったので、格安SIMなんかでも普及し始めている

スーパーかけ放題(通話もコミコミプラン)的なやつは、眼中にありません

 

楽天モバイルもそうですが、格安SIMでも「通話し放題プラン」は2年縛り

なおかつ「利用開始1年後」から、「月額使用料が上がる」料金設定をしています。

 

そんな私は、プランを決める上で

  • 自分から電話する時間は、ひと月に20分」あるかないか。
  • 基本的に「インターネット、メール、SNS、その他通信を伴うようなゲーム等のアプリ」は、毎日スキマ時間に楽しんでいる
  • 動画サイトの動画(ほぼYouTube)はWi-Fi接続時のみ、Amazonプライムビデオのような動画は、事前にダウンロードしてじゃないと見ない。

こんな風に考えました。

 

ってか、電話するかしないかなんて月によって変わるよね…。

プラン検討する度に思うけど、どのくらい電話するかなんてわからんよね…。

(あ、だから定額が流行ってるのかw)

 

ちなみに

5分以内なら毎月何度でも電話し放題!

っていう無料通話は、850円/月でオプション選択です。(2018年1月16日現在)

 

アプリを使わずに、850円分通話したとするなら約21分/月になるかな。(入ろうか悩む、うまいところをついてくる料金設定だよね・・・。)※後述

毎回細かく電話をする人にとっては、ありがたいんでしょうね。

 

モバイル通信出来なかった生活が長かったので「動画はWi-Fiかダウンロード」っていうのが、すっかり定着しちゃいました。

あわせて読みたい記事

Amazonプライムビデオで、30代が思わずインストールして見たくなるおススメのアニメ、ドラマ

おススメの映画編

 

そんな私は

毎月3Gもあれば十分!と判断し

「通話SIM 3.1Gプラン:1,600円(税別)」を選択。

無料通話は、付けずにいきます。

 

余ったデータ通信料は繰り越せるし、今のところ、3Gプランで困ったことはありません。

 

 

次に、持っている端末のSIMフリー化

「キャリアで購入した端末も、格安SIMで利用する電波帯が同じならそのまま使える。」

ってのは聞いたことあると思いますが、私の場合はそういきません。

楽天モバイルは、ドコモの電波帯を使っています。私のようにauなら格安SIMで【mineo】がありますね。

 

本音を言うと、私はmineoにしたかったんです。

料金もかなり安いし、SIMフリー化しなくてもいいし。

顧客総合満足度や、iPhone利用者シェアで、それぞれ1位を獲得しているみたいで・・・。

でも残念なことに、クレジットカード支払いのみ・・・。

そもそもau系列だから、審査ではじかれていただろうケド。

 

それとSIMフリー化については

「オンライン上(ネット上)で出来るし費用も掛からないから、SIMフリーやるならネットで、自分で!」

っていうのも、キャリア通信できない人からすると、全く関係ありません

だって、キャリアの専用ページが見られないんだもの。

 

ということで私はおとなしく

「auの店頭窓口」で、SIMフリーの手続きを済ませておきました。

現金3,240円を支払って

 

ちなみに

  • 契約がなくなっていても
  • 滞納があっても
  • 端末代金が残っていても

SIMフリー化はしてくれます。

 

「解除後の通信補償は一切できませんが、よろしいですか?」

不安になるような言い方をされて若干焦りますが、無事キャリアロックを解除します。

 

不安な人は、楽天モバイルが利用できる端末であるかどうかを確認してから

SIMフリー化が必要なら、事前にやっておきましょう。

対応端末

 

審査に落ちるんじゃ無いかとドキドキ・・・。楽天モバイルの審査を待っている間

オンライン上で必要事項を入力後、数分で申し込み受け付けのメールが届きます。

その後「本人確認の書類を送ってください」のメールが届きます。

 

私は職場でしたので、パソコンから申し込みをしていましたから

「運転免許証の表裏」をスキャナーで読み込み、メールに添付して送りました。

楽天モバイル本人確認のメール

本人確認書類画像データを受領いたしました。
これより審査確認のお手続きを開始いたします。

「おぉ、これより審査か…」

と思った2時間後。

楽天モバイル本人確認再提出のメール

ご提出いただきました本人確認書類について、不備と判断いたしました

「えぇ~~~!!」

「な、な、なんですと・・・。」

「やはり、審査落・・・ち?」

・・・?

「・・・じゃない。」

「不備って何だ?」

ということで、よくよく調べて見ると

私は免許証をスキャナで取り込んだデータを提出したんですが、あろうことか

「.pdfファイル」で送っていました。(資料とかの形式のやつ)

 

本人確認資料は「画像データ(.jpgとか)」で送らなければならないことを、すっかり見落としてたぜ・・・。

 

ま、私のミスは「かわいらしいもの」かも知れませんが(どこが?)

実際、ネット情報でみたのは

手続き時に注意すべき点は、

・アップロードする本人確認書類が不鮮明でない
・申し込みの記入事項に間違いがない
・MNP予約番号の有効期限が切れていない
などです。

中でも一番多いミスは、なんと住所間違いです。

楽天モバイル契約には、運転免許証などの本人確認書類が必要です。
本人確認書類に一致していない情報を、申し込み時に記入すると「別の人が申し込んで来た」と見なされて審査落ちします。

引用 楽天モバイルで審査落ちする3つの理由!携帯ブラックでも契約可能か調べてみましたー楽天モバイルおトク情報

「本人確認書類に記載された住所」と「違う住所」を入力してしまうのは、あり得そうですよね。

番地やマンション名を省略したりとか。

・・・ファイル形式間違うとか(私w)

 

でも、モバイル通信出来ない人(私w)が、「写真(写メ)で免許証画像を送る」ってのはなかなか骨が折れるんです。

  • スマホをパソコンに有線でつないで、画像データを送るか
  • Wi-Fi接続利用して、直接スマホから申し込むか・・・。

 

結局私は、近くのローソンに行き無料Wi-Fiに接続。スマホから直接アップデートすることにしました。

コンビニ3社のWi-Fi利用まとめ〜携帯電話が止まってしまった!

 

1度目の本人確認書類受領確認メールから約3時間後、再度、本人確認書類受領確認メールをもらえました。

そこから待つこと、3時間30分。

楽天モバイル手続き完了メール

ご提出いただきました本人確認書類画像データに基づき、本人確認手続きが完了しましたのでご連絡いたします。

「よかった。今度はちゃんと本人確認書類送れていたんだ・・・。」

と安心した後、ちょっと目を疑います。

楽天モバイル手続き完了メール

「え?!もうSIMカード送られてくるの?」

「審査完了通知とか、無事審査終わりました!みたいな内容は?」

とびっくり。

 

どうやら「本人確認完了=モバイル契約の審査も通過している」ということのようです。

 

そして27時間後(翌日)

楽天モバイル商品発送メール

そして、翌日にSIMカードが手元に届きました。

楽天モバイルを契約

申し込み入力してから、わずか3日で格安SIMが届いた。

他社では断られてきた私が、格安SIMを使える事になった。

素直に、うれしかったです。ありがとう、楽天モバイル。

 

 

楽天モバイルを利用した感想

ここからは、実際に楽天モバイルを使った感想を中心にお話ししていきます。

 

苦労したのは、SIMカードの入れ替え

早速、同封されているパンフレット(紙)を見ながら、SIMを取り替え、設定をしました。

 

設定作業自体は難しく無いんですが、ネット接続が必要だと思われます。(プロファイルのダウンロードとか)

わが家ではWi-Fiがあったのでスムーズだったかも知れませんね。

無い場合はWi-Fi環境があるような場所で設定することになると思います。

 

一番苦労したのは、iPhone6sのSIMカードを入れ替える作業。

SIMカードが格納されているパネルを開けたことがなかったから、ちょっと意外でしたが「まぁまぁの力」で押し込むんですね、ピンを。

ピンとは、これです。

折れるんじゃ無いかと心配になりましたが、無事取りだして、SIMカードの向きに注意して(裏表に注意して)はめ込む。戻す。

って感じです。

 

今でも無事使えていますので

一緒に送られてくる用紙を見ながら行えば「取り替え作業」や「プロファイル設定」などで不備はまったく無いです。

そんなに難しくはありませんが、ちょいと苦労しました。

 

楽天モバイルの格安SIMで電話をする際は、少し手間が必要

正直なところ、楽天モバイルの電話は少々めんどくさいです。

言葉を足すと

「通話料をお得にしようとすれば、めんどくさい。」

かな。

これは無料通話をオプションで付けていても、通話料込みのプランを選択していても同様です。

料金ページを確認する

 

無料通話も含めて「お得に」電話をするなら

「楽天でんわアプリ」を自分でインストールし、「楽天でんわアプリ」をつかって電話

することになります。

 

楽天でんわアプリをインストール

何にも気にせず今まで通り電話をかけた場合(iPhoneなら緑色のやつ)では

20円/30秒。

しかし、楽天でんわアプリで電話をかければ、半額に!(10円/30秒)

5分なら何度でも通話無料!ってやつも

楽天でんわアプリを使って電話しないと、無料扱いになりません。

 

アプリを利用する理由は

発信番号に「自動で」003768を付けて発信する

ってことだけです。

 

「自分で」通常の電話アプリで電話をする際に「003768」を頭に付けてから発信すれば

一緒の恩恵が得られます。

(例、012-345-6789 → 003768-012-345-6789)

 

でも、こっちの方が手間なので、素直にアプリをインストールして使いましょう・・・。

 

今までは「発信も着信も」同じ電話アプリで(なーんも気にしないで)利用していたと思いますが

通話代をお得にしようと思うと

  • 着信→通常電話アプリ
  • 発信→楽天でんわアプリ

と、発信するときに「楽天でんわアプリ」を使う必要があるってことです。

 

ま、慣れたらどうってこともないですし

毎日、不特定多数に電話する。

っていうような人じゃ無い限り、そこまで不便じゃないような気もします。

 

音質や遅延も、無いように思います。(少なくとも、私はそう感じます。)

 

楽天モバイルの通信速度は、可も無く不可も無く。

「日中、夕方、夜」に分けて、〇〇Mbps出ています。実効値は〇〇です。

みたいな記事を見ますが、正直良く分からないですw

 

ってか、私は通信速度に対して細かいことまで気にする方でもないので

通信速度に関しては直感的に答えます。

  • スマホ利用は、スキマ時間に
  • ネット、LINE、他のSNS、パズドラなどのゲームは、毎日利用。
  • 一般的な社会人の生活

をしている私は、楽天モバイルを利用していて

つながらなくてイライラする!となったことはありません。

 

しいていえば

LINEで送られて来た動画(1分ほどの長さ)は、読み込みに時間がかかった経験はあります。※アップロードもです。

時間帯の影響かも知れませんが、それくらいですかね。

ツイッターとかのプロモーション広告で流れる動画(出会い系とか)は、普通に流れています。(別に見たいとも思わないけど)

 

初月の支払いは、約3,700円でした。

利用から1ヶ月経ち、初めて費用を支払うことになりました。

私の1ヶ月目の利用料金は、3700円。

 

「え?ほぼ事務手数料だけじゃない?」

と思ったあなた。

 

そう(私も見落としていましたが)

楽天モバイルなら、初月の月額利用料は無料です。

組み合わせプランお申し込みで、月額基本料が初月0円!

組み合わせプランというのは、言ってしまえば

容量選んで契約するプランのことなので

普通に多くの人が、組み合わせプランを選んでいると思います。

 

電話は、楽天電話アプリ使って500円分くらいは話してて

口座振替の手数料100円も合わさって

約3,700円。

 

うん、安い。

 

次回からも

通話代込みで考えても、3,000円ちょっとで済みそうな気配。

 

それまで、7,000円~8,000円ほど支払っていた事を思えば

携帯代を、約60%も節約できた事になります。

 

恐るべし、格安SIM。

恐るべし、楽天モバイル。

 

楽天モバイルの格安SIMの契約・利用のまとめ

最後に、要約します。

楽天モバイルの格安SIMは

  • 他の格安SIMで断られ、審査に不安があった私でも、契約できた。
  • クレジットカード以外の支払い方法があり、すべてオンライン上で契約できる。
  • 手続き完了、利用開始までが約3日以内。
  • 【注意】電話をお得にしようとすると少々手間だが、慣れれば問題なし。
  • 通信速度は、そんなに遅いと感じない。
  • 電波が悪いと感じたことは、今のところ無い。(ドコモと同じ電波帯を利用)

あとは、ホームページにある情報で補足すると

  • 余った通信データ量は繰り越せる。分け合える。
  • 毎月1回まで、手数料無しで料金プランを変更出来る。
  • 3G(3.1G)容量なら、データ通信SIMなら900円。通話SIMなら1,600円。(ともに税別)
  • 10G、20G、30Gの大容量プランもある。
  • 【注意】月途中開通でも、月額料金が請求される。
  • データSIM、050データSIMの最低利用期間はない。

だから、私は楽天モバイルをオススメしたいです。

 

特に私のような

格安SIMにしたいけど、審査やクレジットカードの関係で諦めている・・・

って人に。

 

あわせて読みたい記事

 

セカンドライフの不安無くしませんか?

CTA-IMAGE 30代から「理想のセカンドライフ」を考えることは決して早くありません。
50・60代になってから考えていたら、迫り来る変化に対応しにくくなっているからです。
知らないからこそ、不安になります。
まずは「無料で、賢く、正しい知識を得ること」

今すぐ、知ることから始めませんか?
理想のセカンドライフを手に入れたい方、必見です!

おすすめアイテムカテゴリの最新記事