スマホ代を「25%」に抑える方法は、コチラ

音と速さからアニメを語ってみたら、いろいろな雑学と意外な事実が判明した!

音と速さからアニメを語ってみたら、いろいろな雑学と意外な事実が判明した!

ソニックブーム

身近な乗り物である「新幹線」の速さは、平均時速250km前後。

新幹線より速さを実感できる乗り物である「車」が時速80km~100kmほど。

MFilms顔写真
わたし
新幹線は、区間によって最高速度285km/hくらいまでは出ます。
自動車は、高速道路を走る(一般的な)法定速度で話しています。

 

そんな速さを凌駕する時速1,225kmという速さ。

これはとてつもなく速い。

東京ー大阪間を約20分ほどで移動出来てしまう速さです。
※直線距離400kmとして

秒速でいえば340m/s。

すなわち「1秒で340mも進むことが出来る」ということ。

こんなものすごい速さである「時速1,225km」で進むもの、それは車よりも新幹線よりも身近で日常的に存在している「音」です

MFilms顔写真
わたし
音は乗り物じゃないけどね。

 

本日は、物理教師がアニメを語るとシリーズ第7弾にして、初となる

現象から見るアニメ

について語ろうと思います。

MFilms顔写真
わたし
いつもはキャラクターを決めて掘り下げていましたが、今回は「”音”と”速さ”からアニメを語って」みようと思います。

 

音についての基礎知識と豆知識

この先をより楽しんでもらうためにも、あくまで物理の授業にならない程度におさらいしておきます。

MFilms顔写真
わたし
小難しくなるのは、いつもの悪い癖です。気を付けます。
(出来るのかしら…。)

 

音とは、物体(多くの場合「空気」)が「振動」した結果を「聴覚」で感じることができるもの。
※物理では「縦波(疎密波)である」などと表現しますが、難しくなりすぎるので割愛。

音の伝わるスピードは「温度」「圧力」によって変わりますが、地上(の空気中)であれば

1秒間で340m進む。

すなわち「340m/s(=時速1,225km」で伝わっていきます。

 

また、音は「振動」が「伝わる」ので

伝えるもの(媒質)が無ければ、伝わらない。

伝えるものの間隔が「ギュ」としているものほど、より速く伝わる。

ということもポイントです。

MFilms顔写真
わたし
真空中では、伝える媒質が無いので音は発生しません。
また、一般的に「気体<液体<固体」の順(ギュっとしている順)で音速は大きくなります。
MFilms顔写真
わたし
水中の音速は、空気中の約4倍~5倍になります。

 

ここで雑学(余談?)を二つ。

シンクロで使われるプールには、プールの中にもスピーカーがある。

ダイビングなど、水中で物音を聞いただけでは、音源の方向は特定しにくい

シンクロで使用するプールの中には、地上(観客)と演技者で曲がズレないように「専用スピーカー」が設置されています。

MFilms顔写真
わたし
水中と地上では、聞いている音速が違うためです。
もちろん「プールの外からでは、水中にまできちんと音が届かない」という理由もあります。

 

また、音が来た方向は一般的に「右と左の耳」に届く音の「わずかな時間差」によって認識します。しかし水中(の音速)は「地上の約5倍」なので、「両耳にほぼ同時」でやってきます。

そのため時間差を感じられず、音がやってきた方向を特定できません

MFilms顔写真
わたし
水中では必ず「目視すること」が重要ですね。

 

さてここで一つ問題です。「音速」の英語はご存知ですか?

男性シルエット

「マッハ」ですね?

MFilms顔写真
わたし
実は、違います。
音速は英語で「speed of sound」といいます。
MFilms顔写真
わたし
「マッハ(Mach)」とは「音速=340m/s(1225km/h)」を「1」として表した、「単位(みたいなもの)です。
ま、音速のつもりでマッハを使っても、伝わりますけどね。

 

マッハ1なら約1,225km/h、マッハ2なら約2,450km/hということですね。

そして物体(音源)が「マッハ(またはそれに近い速さ)」を超えると「衝撃波」が生まれ、通称「ソニックブーム」が発生します。

MFilms顔写真
わたし
彼(ガイル)は、鍛え抜かれた「その両腕のみ」で音速を超えます。

 

ソニックブームとは衝撃波が作り出す「轟音」またはそれが転じて「衝撃波そのもの」を表します。

仮にガイルが放つソニックブームが本当にソニックブームなら、対戦者は「防音対策」までしっかりしなくてはいけません

MFilms顔写真
わたし
ベジータの「ビックバンアタック」同様、「名前負けの技」であることを願います。

 

衝撃波のメカニズムを教えたくてうずうずしますが、難しくなりそうなので知りたい方はこちらをどうぞ。

 

簡単に音と速さについてまとめれば

  • 音は、物体の振動が伝わっている。
  • そのスピードは、時速1,200km以上。(秒速340m)
  • 振動が伝えられなければ、音は聞こえない
  • マッハ1は音速と同じ
  • マッハには「衝撃波」「ソニックブーム」がつきもの

このあたりを押さえておきましょう。

MFilms顔写真
わたし
では、本題の「音」「速さ」からアニメを見ていきます。

 

マッハパンチは、想像を絶する

「魁!!男塾」のJ(ジェイ)

「グラップラー刃牙」の愚地克巳

彼らは「マッハパンチ」を武器としています。

マッハパンチ
©グラップラー刃牙/板垣恵介・秋田書店

愚地克巳の放つパンチにより、轟音が鳴り響いてますね。

>>グラップラー刃牙 [完全版] (1-24巻 全巻)

>>魁!!男塾 [文庫版] (1-20巻 全巻) 

MFilms顔写真
わたし
とりあえずマッハパンチは、「こぶしの速さが”マッハ”」ということにしましょう。

 

1秒間に何発撃つ?

一般的に、成人男性の腕の長さの平均は70㎝ちょっとです。(72㎝~75cm前後)

計算しやすくするために、彼らの腕は長い(80cmくらい)と仮定します。

そうすると、パンチ1発あたりのこぶしの移動距離は、単純計算で往復1.6m

 

音速(マッハ)は「1秒で340m進む速さ」なので、こぶしのスピードが「マッハ」となるためには

1秒で212回ほど打ち込んでいる計算

になります。(340÷1.6=212.5)

MFilms顔写真
わたし
「1秒で212回ほど打ち込んでいる計算」という文章を読んでいる時間(たぶん1秒)で、212回パンチが繰り出されています。

 

ちなみにこのように考えられたパンチは、その場を往復する「単振動」とも考えられるので、そうなると振動数の考えも出てきます。

振動数とは「1秒で何回振動するか?」を表した物理量。単位は「Hz(ヘルツ)」で表します。

 

1秒で212回振動していると考えれば、「マッハパンチ」は212Hz。

音階の基準(調律などで用いられる音の高さ)である「ラ」の振動数は、440Hz。1オクターブ低い「ラ」の音が220Hzです。

ということは、マッハパンチを繰り出すと

(ほぼ)低い「ラ」を奏でながら、相手をシバく

ということになるんじゃ…。

マッハパンチの効果音は「ラ」

ただ、音速を超えてるために「ソニックブーム(轟音)」が発生しますから、低い「ラ」の音はかき消された結果、元々のシーンのような「すさまじい音」がその場に鳴り響いてそうですね。

MFilms顔写真
わたし
パパパパンッ、かどうかはわからないけど。

 

一撃必殺のパンチが、マッハパンチとなるためには

この説明だと、マッハパンチはもれなく「多弾攻撃」となります。

しかし中には、マッハパンチが「一撃」の場合も多いです。

MFilms顔写真
わたし
さっきの「愚地克巳」も、一撃しか出さないときありますからね。

 

さっきは1秒を基準に考えたので、212回もパンチを繰り出すことになりました。

では反対に

1発のパンチが「何秒」であれば音速を超えるのか?

という疑問もわいてきます。

MFilms顔写真
わたし
逆算すればいいわけです。

 

1秒で212回パンチが繰り出されるなら、1回のパンチが繰り出される時間は「1/212秒」

すなわち、パンチ1発撃つのに

0.0047秒

この時間内であれば、そのパンチは「マッハパンチ」となります。

こう考えると

マッハパンチを繰り出す人たちは、いかに「想像を絶した人間」なのかわかると思います。

男性シルエット

どういうこと?

 

人間の反応速度は、一般的に0.2秒ほどと言われています。

MFilms顔写真
わたし
絶え間ない努力をしているトップアスリートでも、0.1~0.15秒ほどと言われています。

 

脳から神経を伝って各部を動かそうとする時間が、常人であれば「0.2秒」かかるところ

マッハパンチを打つ人たちは、常人の「42.6倍」の速さ

で動けています。

 

「(低い)ラ」の音を出しながら戦う「マッハパンチ」は

1秒で、212回パンチを打ち込むか

常人の42.6倍のスピードで、パンチを放つ。

MFilms顔写真
わたし
とても人間業とは思えません。

 

しかも意外だったのは、北斗の拳の「ケンシロウ」の必殺技。「北斗百裂拳」

MFilms顔写真
わたし
多弾数のパンチ、と言えばですよね。
MFilms顔写真
わたし
あ、ジョジョの「スタープラチナ」もか。
ま、置いておこう。

 

北斗百裂拳は、アニメの描写から計算すると3秒で50発程度らしいのです。

そうなると、ケンシロウのパンチは「1秒で16~17発」程度。

ケンシロウのパンチは「音速を超えていない」という、事実。

MFilms顔写真
わたし
超えてそうなのに…。

 

ちなみに、「あたあっ」1発出すのにかかった時間は「0.06秒」。

北斗百裂拳だけでケンシロウの能力をはかるなら、トップアスリートの「倍」程度(の反応速度)でしかありません。

MFilms顔写真
わたし

っていうか、北斗神拳って「経絡秘孔(架空の急所)」を突くこと極意としているんだよね?

ってことは50~100発も打つ必要はなくて「わずか1発目」で相手は死ぬんじゃ…?

MFilms顔写真
わたし
となると、残り49発はただのオーバーキル。
それにも関わらず、偉そうにすまし顔で…。
ケンシロウの決めセリフ
©北斗の拳/武論尊・原哲夫・集英社

って言い放つケンシロウ。

 

食らった敵は「なにぃ~」では無く

MFilms顔写真
わたし
でしょうね。

 

としか言えないハズです(笑)

 

こんなにもいる!音速を超えているヤツら

さきほど解説したとおり、音速を「超える(またはそれに近い)」と「衝撃波」が発生します

ということは

動作に際して「衝撃波」が発生しているものは、もれなく音速を超えている可能性

があります。

ワンパンマンサイタマのパンチ
©ワンパンマン/ONE・村田雄介・集英社
MFilms顔写真
わたし
ワンパンマン、おもしろいですよね。
アンパンマンと名前似てるけど。

>>ワンパンマンを見る

就職活動に行き詰る青年・サイタマは、ある日街で暴れていた怪人から少年を救いだす。

そして「ヒーローになりたい」という幼き日の夢を思い出し、就活を止め、「頭髪全て」を失うほど懸命なトレーニングを3年間行った結果、どんな敵でも一撃で倒せる最強の力を手に入れた。

参考 Wikipedia

このワンパンマンの主人公「サイタマ」が放った本気のパンチが、さっきのシーンです。

MFilms顔写真
わたし
見事なまでに、衝撃波が生じています。

 

これによりサイタマも「マッハパンチ」を会得していることがわかりますね。

MFilms顔写真
わたし

逆に、同じく「ワンパンマン」に出てくる「音速のソニック(忍者)」は、音速を超えていない可能性が高いかもしれないです。衝撃波出しているシーン、あったかな?奥義「十影葬」ですら出てなかったから・・・。

名前負けの、音速のパニック・・・ソニック。

 

…っとここで、新たな疑問が…。

MFilms顔写真
わたし
ひょっとすると、明らかにされていないけど
「自然と”音速”を超えちゃっている」って人、結構多いんじゃないのか

 

と思ったので、 さっそく調べてみました。ポイントをおさらいします。

音速を超えると「衝撃波が発生」

衝撃波が出ていれば音速を超えている可能性

でしたね。

MFilms顔写真
わたし
そしてその物体のスピードは、時速1200km以上出ています。

 

では参ります。

MFilms顔写真
わたし
この世にありとあらゆる漫画・アニメを網羅することはできないので、私の趣味嗜好により取り上げた作品に「偏り」が生じていることはご承知おきください。

 

緑谷出久(みどりや いずく)

緑谷出久(みどりや いずく)
©僕のヒーローアカデミア/堀越耕平・ 集英社

僕のヒーローアカデミア:主人公 緑谷出久(通称デク)

>>僕のヒーローアカデミア

「更に向こうのステージへ行くため」のヒントを得たシーン。

MFilms顔写真
わたし
彼の場合、「マッハキック」ですね。

 

獣の巨人(ジーク)

進撃の巨人ジーク
©進撃の巨人/諫山創・講談社

進撃の巨人:獣の巨人 (ジーク)

>>進撃の巨人

「目指すは、完全試合(パーフェクトゲーム)だ」といって岩(石?)を放ったシーン。

時速161kmで動ける「リヴァイ」ですら、その岩に反応できませんでした。
進撃の巨人空想科学読本についてレビュー参照

MFilms顔写真
わたし
獣の巨人の長い腕(約12~13mほど?)も、音速を超えるのに一役買っています。

 

三条加奈子

テラフォーマーズのハリオアマツバメが飛んできたシーン
©テラフォーマーズ/貴家悠・橘賢一・集英社

テラフォーマーズ:三条加奈子 手術ベース「ハリオアマツバメ」

>>テラフォーマーズ (1-20巻 最新刊)

ゴキブリの群れに襲われている仲間たちのもとに、間一髪「飛んで入った」女性。

MFilms顔写真
わたし
あ、上のイラストじゃ「ゴキブリ」しか映っていませんでしたね

 

三条加奈子
©テラフォーマーズ/貴家悠・橘賢一・集英社
MFilms顔写真
わたし
彼女です

 

これによると、三条加奈子は「時速170km~350km」が最高速度の範囲。

しかしどう見ても、さっきの瞬間は「衝撃波」が発生しているように見えますよね。

テラフォーマーズのハリオアマツバメが飛んできたシーン
©テラフォーマーズ/貴家悠・橘賢一・集英社
MFilms顔写真
わたし
他の誰かのために120%の力が出せる」ということですかね。(©戸愚呂・弟)
MFilms顔写真
わたし
ってか彼女の場合、120%どころか「350%~720%」でてるけど。
(170km/h~350km/h → 1,225km/h)

 

エヴァンゲリオン初号機

エヴァンゲリオン初号機
出典GIFMAGAZINE

新世紀エヴァンゲリオン:汎用人型決戦兵器「初号機(EVA-01TESTTYPE)」

>>新世紀エヴァンゲリオン 1996

 

仲間とともに「第8の使徒サハクィエル(敵)」を迎え撃つため、「初号機」に搭乗している碇シンジ(主人公)が、現場へ向かい疾走している場面。

MFilms顔写真
わたし
お手本のような、衝撃波が観測できます。

 

009 島村ジョー

009 RE:CYBORG
©「009 RE:CYBORG」製作委員会

009 RE:CYBORG :島村ジョー(009)

>>009 RE:CYBORG

 

映画『009 RE:CYBORG』で出てくる主人公「島村ジョー」が、迫り来る爆風から逃れているシーン。

MFilms顔写真
わたし
確かに衝撃波が出ていますが、個人的には「物言い」もつけたいです。

 

衝撃波は、先頭部と空気との衝突により発生(その後、戦闘機などでは尾翼などとぶつかることにより再び発生)します。

MFilms顔写真
わたし
要は、物体と空気が衝突するポイント(部分)が「きっかけ」となって発生します。

 

しかし、009の場合

009 RE:CYBORG
©「009 RE:CYBORG」製作委員会

シーンの一瞬を切り取ると違和感はないんですけど、実際は「走っている最中」なので、手は「交互」にジョーの前に出ています

それにも関わらず、衝撃波は常に一定・・・。

MFilms顔写真
わたし
エヴァンゲリオンの場合は、きちんと(?)手が後ろに回っていたのですんなり納得できたのですが・・・。

 

MFilms顔写真
わたし
ま、細かいことまではいいか。
気になる方は、高校生となった彼(島村ジョー)をチェックしてみて下さい。

>>009 RE:CYBORG

 

衝撃波は観測されないけど、音速を超えているもの

衝撃波が出ていれば、音速以上で動いている。

しかし中には「衝撃波」の描写が無くても音速を超えていないとおかしいものがあります。

MFilms顔写真
わたし
計算上、音速を超えているってパターンですね。

シンカリオン(変形前)

新幹線がシンカリオンへと変身
©プロジェクト シンカリオン・JR-HECWK/超進化研究所・TBS

息子が大好き、シンカリオン

2018年1月より、TBS系列で土曜朝7時から放送されているアニメです。

MFilms顔写真
わたし
衝撃波は出てこないし計算も不要ですが、「音速」に到達しているシーンがほぼ毎回出て来ます。

 

「はやぶさ」「こまち」「かがやき」など、それぞれの新幹線が巨大ロボ 「シンカリオン」に変身するために必要な速度(=超進化速度)が、まさに音速

超進化速度
©プロジェクト シンカリオン・JR-HECWK/超進化研究所・TBS
MFilms顔写真
わたし
実に、通常走っている新幹線の「約5倍」のスピードが出ている計算です。

 

ばいきんまん


この計算が正しければ、確かに「アンパンチ」を食らった「ばいきんまん」は音速を遙かに超えています。
(この計算によれば、時速24,155km。音速の約19.7倍)

MFilms顔写真
わたし
が、しかし。
アンパンマンワールドは何を隠そう「妖精の国」の話なので、はたして自然法則が成り立つかどうか・・・。

そして、「空想科学読本」でおなじみ柳田先生はコチラ

一方アンパンチは、ばいきんまんの乗るバイキンUFOを空の彼方までぶっ飛ばす。
バイキンUFOは、全高も直径も2.4mほどで、推定重量は1t前後。これが視力1の人に見えなくなる距離は8㎞であり、アニメで計ると、見えなくなるまで3.4秒かかっている。すると、バイキンUFOはマッハ6.9でぶっ飛んでいるはず!

引用 空想科学読本WEB

と語っています。

MFilms顔写真
わたし
こりゃ、ばいきんまんの乗っているUFOの重さやその他の条件によって、飛ばされたスピードはころころと変わりそうですね。
MFilms顔写真
わたし
無理もありません。
だって「それいけ!アンパンマン」は1500体の妖精と1匹の犬の物語なんですもの。

 

あわせて読みたい記事

アンパンマンのレシピ。Amazonのオススメで買うとこうなる!

バタコさんの知られざる能力。スーパーキャリアウーマンとはこのことだ!

 

殺せんせー

殺せんせーはマッハ20で移動する
©暗殺教室/松井優征・集英社

暗殺教室:殺せんせー

 

実は、殺せんせーって(私の知る限り)音速を超えて移動しているシーンが見当たりません。

男性シルエット

え?!殺せんせーって「マッハ20」で移動できるんじゃないの?

そう、確かに殺せんせーは音速を軽く越えて移動できるハズなんですが、すべて「計算上」音速を超えていないと達成出来ないことばかりでした。

MFilms顔写真
わたし
見落としている可能性は大いにありますが、飛んでいるどのシーンも「決定的に」音速を超えた表現がありません。

 

近いかな?と思ったのが、上記の「生徒を抱えて飛んでいる」シーン。

ダイラタンシ-現象(遅い刺激に対しては液体のようにして振る舞い、速い刺激に対しては固体のように振る舞う現象)を説明するべく、ハワイに教え子の中学生2人(+”律”と呼ばれる兵器も)を連れて行くシーン。

・・・。着いちゃった。
軽く授業をしている間に、ハワイまで!!

連れてこられた生徒がこう発言していることから、計算上は音速を超えていないと不可能
(ハワイまでは約6400kmです。20分ほどで移動してきたとしたら時速19,200km。すなわちマッハ15.7に相当します。)

しかし、衝撃波などは観測できず。

MFilms顔写真
わたし
ちなみに、殺せんせーは「マッハ20」が限界となっていますが、これは「ある伏線」のためだってご存じでしたか?ヒントは、月が消滅したこととその犯人に関係しています。

 

これ以上はネタバレになるので、気になる方はどうぞご自分で読んで確かめてみて下さい。

>>暗殺教室 (1-21巻 全巻)

本当に音速超えてるの?審議したいキャラクター

さきほどは、衝撃波が出ていなくても「計算することで(または一目で)」音速を超えていることがわかりました。

 

では反対に、設定や表現など

  • 音速
  • マッハ

を超えているような表現があるものの

MFilms顔写真
わたし
これ、ほんとに超えてる?

 

というシーンも、いくつか見つかりましたのでお送りします。

MFilms顔写真
わたし
可視光(目で見られる光)では衝撃波が見えない可能性もありますけどね。
MFilms顔写真
わたし
というか、本当は「マッハパンチ」もここで紹介するべきだろうけど…。
ま、気にしない気にしない。

 

アイザック=ネテロ

アイザック=ネテロ
©HUNTER×HUNTER/冨樫義博・集英社

HUNTER×HUNTER:ハンター協会第12代会長 アイザック=ネテロ

>>HUNTER×HUNTER (ハンター×ハンター)

感謝の正拳突き1万回を繰り返すうちに、たどり着いた境地。

MFilms顔写真
わたし
「置き去りにした」って書いちゃってあるけど、衝撃波は観測されず。

 

神尾アキラ

テニスの王子様神尾が繰り出す音速弾
©テニスの王子様/許斐剛・集英社

テニスの王子様:神尾アキラ 不動峰中学校2年生(当時)

 

超スピードで走り込んだ勢いを活かして繰り出される、高速スライスショット。

MFilms顔写真
わたし
「リズムにのった」結果、調子にものった可能性があります。

 

番外編

漫画やアニメじゃないけど、紹介しておくべき2大ヒーロー(シリーズ)を紹介します。

 

仮面ライダーシリーズ

仮面ライダーアマゾンズ
出典 (C)2017「仮面ライダーアマゾンズ」製作委員会 (C)石森プロ・東映

仮面ライダーが乗るバイクはもれなく、「最高時速400km(サイクロン号)」というような設定があります。

>>平成ライダー対昭和ライダー 仮面ライダー大戦feat.スーパー戦隊

 

400km/hもそうですが、意外なことに仮面ライダーたちが乗るバイクは音速を超えてきません

MFilms顔写真
わたし
2018年現在放送されている「仮面ライダービルド」のバイク「マシンビルダー」は最高時速271kmらしいですからね。

 

もちろん、中には「仮面ライダーキバ」の「ブロンブースター」(最高速度1,550km/h)のように、音速を超えるマシンも何台かあるんですが、全ライダーバイクのうち数台だけです。

MFilms顔写真
わたし
問題は、次です。

 

ウルトラマンシリーズ

ウルトラマン集合
©円谷プロダクション

地球に害をなす怪獣・宇宙人と戦ってくれる正義のヒーロー「ウルトラマン」

彼ら(の多く)は、地球外に存在する「M78星雲」に属する、地球の60倍ほどの大きさの星「ウルトラの星」からやってきます。

MFilms顔写真
わたし
地球のピンチを救ってくれるヒーローたちです。

 

そんな彼らのスケールは、すさまじいものがあります。

ほとんどのウルトラマンは

  • 身長=40~50m
  • 体重=3万~5万トン

このデータがあてはまります。

MFilms顔写真
わたし
このスケールが「地球外」から飛び込んでくると思うと、ゾッとします。
男性シルエット

なんで?

MFilms顔写真
わたし
2013年ロシアで起こった隕石落下
あの時(突入前)の隕石ですら、「大きさ17~20m」「重さ1万~1万3千トン」でしたから。
MFilms顔写真
わたし
あの隕石と比べて、ウルトラマンは「大きさ2倍、重さ3~4倍」ですよ?

 

さらに驚くべきは、その(最高)移動速度。

個人差(個体差?)が大きいですが、だいたいウルトラマンたちは

マッハ5~20

出せるといいます。

男性シルエット

うん、速い。

 

と感心するだけでなく、これこそツッコミポイントなのですよ。

さっきの隕石は「落下」しているので最大で「秒速19km(約マッハ56)」ほどの速さで移動(落下)していたようです。

 

ウルトラマンたちは水平方向でも「この半分ほどの速さ」は出せるということになります。

大きさ40m~50m、重さ3トン~5トンの物体が、マッハ20ほどで飛び回っている。

 

MFilms顔写真
わたし
ウルトラマンたちが本気を出したら、常に「巨大隕石」が「そこら中」を飛び回っている状態です。
FF5
© 2009-2018 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

ウルトラマンは隕石と同じ

MFilms顔写真
わたし
母星「ウルトラの星」でウルトラマン同士が、本気の喧嘩を始めればこんな状態なんでしょうね。

 

音速とアニメ・漫画のまとめ

本当は、他にも

ガンダムの戦闘シーンは自作自演?

水中なら漫画のように音を聞いてから銃弾をよけられる?

なども話したかったですが、私の頭が追い付かないのと、時間的制約の理由から機会があればまたどこかでしたいと思います。

 

もし、うかつに「マッハ」「衝撃波」を使うと

「時速1,225km」というとてつもない速さを、軽々しく扱ってしまう可能性がある

ということだけは、雑学として知っていても楽しいかもしれませんね。

 

 

物理教師がアニメを語るとシリーズへ 

「いいね!」は自分のために

CTA-IMAGE Facebookを活用した「新感覚スカウト型転職アプリSwitch.」を利用すると、Web業界で注目されている企業から、「スカウト」されます。
あなたは、スカウトが気に入いれば「いいね!」を押す。

企業は、あなたの顔・氏名は知りません。
一切誰にも知られず、あなたの魅力だけを武器に転職活動ができます。
その後、企業の採用担当者と直接チャット形式で、やり取りができます。

気になる人の動向を追いかけるのもいいですが、 「いいね!」は、自分のために押しませんか?

雑学(アニメ)カテゴリの最新記事