育児でイライラしたときの対処法【イクメンと呼ばれたい父さんの独り言】

2017-04-18育児

育児 イライラする育児や子育てでストレスを感じるのは、そのほとんどがこちら側(親)の思い通りに子供が反応してくれないからだと思います。

そこで今日は、そんなストレスを感じたときに私が心がけていることや取り組みご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

子育てにストレスはつきもの

息子が魔のイヤイヤ期の2歳を迎え、機嫌が悪いときはとことん悪い。
筋力もつき始めたからか、息子の蹴りもそれなりに痛く、たまに本気で悶絶するときもありますので、非常にストレスを感じることがあります。

そんな子どもは時として(常に?)こちらの都合をお構いなく、行動してきます。

小さい頃は特に、子どもを自由に行動させてあげたい!

と思っている私ですが、やはり大人の都合も大事です。

 

育児や子育てでストレスを感じるのは、そのほとんどがこちら側(親)の思い通りに子供が反応してくれないからだと思います。

そこで今日は、そんなストレスを感じたときに私が心がけていることや取り組みご紹介したいと思います。

 

鼻から息を吸い、深く呼吸をする

育児 イライラ

私にとっては、これが効果抜群です。

口呼吸ではだめです。

鼻から息を深く吸い込んで、ゆっくりと口から息を吐く

すると、状況は何も改善されていませんが、イライラの上昇が一端落ち着きます。

一度でイライラが収まれば問題ないのですが、文字通り一呼吸置いたところで、子供行動に変化は無いので、こちらのストレスが沸点を超えない為に、何度も行うことになります。
数回も行えば、割と冷静に戻れていると思います。

 

親の口癖はすぐまねることを覚えておこう

ハッと気づかされたことがあります。

 

息子があまりにも駄々をこね、イヤイヤが過ぎるので、たびたび

「はいはい、もう知らん!好きにして!!」

と言ってしまうことがありました。

 

すると、ある日2歳半の息子と一緒に遊んでいる時に私に向かって、

「もう知らん!」

と言い放ちました。

別に息子が怒っている訳でも無く、投げやりになっている状況でも無かったので、言葉本来の意味合いとして使っているようではなかったですが、わずか2歳半の子供が使う言葉としてふさわしいとは思えませんでした。

 

この日から、どれだけストレスが増大しても、極力汚い言葉や冷たい言葉は使わないように心がけました。

代わりに

「大丈夫だよ」

「〇〇したいんだね」

「一緒に我慢しようか」

など、どちらかというと

前向きな言葉や同調するような言葉

で接するようになりました。

育児 イライラ

ストレスが増大して、前向きな言葉を発するのはかなり難しいのですが、ストレスがたまっている時こそ、自分が子供の感覚に戻って一緒になってあげようと思えました。

 

人の振り見て我が振り直せ、ならぬ

我が子の振り見て我が振り直せ

です。

また、嘘でも言葉で前向きな発言を繰り返すと、自身の脳が錯覚して前向きな精神状態に近づくことがあるようです。

一種の自己催眠のようなものかも知れません。

 

 

良くも悪くも今しか無い

イライラが増してきたときほど、視野が狭くなります。

私は、そんなとき鼻呼吸をしてから、心の中で以下の事を思うようにしています。

 

 

甘えてくれるのは、せいぜいあと数年

子供の都合にあわせすべてのいいなりになる必要はありませんし、聞けないことはかたくなに断らなければ(理解させてあげなければ)なりません。

ただ、甘えてくれるのは、せいぜいあと1,2年かな。とイメージするのです。

すると私は、自然と落ち着きが取り戻せました。

 

 

明日自分が居なくなっても後悔しない?

ストレスが沸点にくると、不謹慎なのですがこのように考えます。

  • 不慮の事故などで自分が明日死ぬかも
  • 離婚等などにより、自分がこの子と離ればなれになるかも
育児 ストレス

そして

 

「今日、この直面しているシーンが、自身にとって子供との最後のシーンとして何度も思い出すことになる」

このことを想像するのです。

人生何が起こるかわからないのは事実です。

【良くも悪くも、今この瞬間を子供と過ごしている】

こう思うことで、比較的落ち着きを取り戻せます。

 

ストレスはためない、あふれさせない

育児 ストレス

ストレスは個人的には

コップに注がれていくお水

のようだと感じます。

 

注がれるスピードが速いな、と思えば勢いを殺すために鼻から深呼吸

あふれそうだなと思えば、客観的になるようにつとめ、最悪の事態を想像する。

そして、たまったストレスはゆっくりと確実に減らしていく(発散させる)

そうやって、コップの中の水=ストレスをあふれさせないように心がけています。

 

育児はストレスがつきものだと、私も感じますし、イライラしてしまった後は必ず後悔や反省しています。

人によりコップの大きさは違うので、自身のコップの大きさを見極めながら、楽しく子供と向き合って行きたいですよね

まとめ

育児中にイライラがおそってきたら

イライラを抑えるヒント

鼻呼吸

前向きな言葉を使ってあげる

我が子の振り見て我が振り直せ

良くも悪くも、今この瞬間を子どもと一緒に過ごしている

 

これに気を付けて、頑張って育児を楽しみましょう!!

スポンサーリンク