トミカがさらに15台!再び裏面の情報を集めてみました。

おすすめアイテム

トミカ15台

トミカ、トミカ、プラレールぅ♪

 

以前、トミカが増殖して42台!裏面の情報をまとめてわかった意外な事実。という記事を書きましたが、あれから半年。

 

実に15台も増殖を続けています、我が家のトミカ。

 

再びまとめてみましたので、トミカ好きの方、どうぞご覧ください。

 

スポンサーリンク

はじめに

前回(トミカが増殖して42台!)同様、基本的に

  • 名称(息子が呼んでいる愛称)
  • トミカ写真
  • 車両名
  • 製造年
  • No
  • スケール
  • ギミック(可動部)の有無、一言感想、別アングル写真など備考

以上について

データはインターネットなどには極力頼らず、裏面から読み取れる情報のみについてお伝えしていきます。

※詳しく知りたい人は、トミカのホームページをご覧ください。

では参りましょう。

 

はたらく車

フォークリフト

TOYOTAL&FGENEO

TOYOTA L&F GENEO

2016

No.111

スケール1/62

TOYOTAL&FGENEOTOYOTAL&FGENEO

トヨタのフォークリフト。

前が上下、荷物(バレット)に挟む部分は、左右に動きます。

 

ジャフ(JAF)

MITSUBISHITRITON

MITSUBISHI TRITON

2009

No.109

スケール1/66

MITSUBISHITRITON MITSUBISHITRITON

ジャフ(JAF)と言うと、レッカー車の方がイメージあるけど、こんな車両もあるんですね。

街中では、見たことないかなぁ。

ギミックは、特にありません。

 

自衛隊のショベルカー

油圧ショベルグラップル仕様

車名記載なし(陸上自衛隊 災害派遣 油圧式ショベルカー 建機※ネット情報)

年式記載なし

No.9

スケール1/122

油圧ショベルグラップル仕様 油圧ショベルグラップル仕様 油圧ショベルグラップル仕様

油圧ショベルグラップル仕様、って言ったりもするようです。

裏面には、スケールとNo.しか書かれていません。

個人的には、ギミックが多くて、大好きです。

 

佐川急便

ISUZUELF

ISUZU ELF

2007

No.スケールともに記載なし

ISUZUELF ISUZUELFISUZUELF

おなじみ、佐川急便のトラックです。

後ろの扉が開閉します。

 

息子は、新聞紙を千切って、荷物として載せています。

 

黄色いタクシー

NISSANNV200

NISSAN NV200

2017

No.27

スケール1/62

NISSANNV200 NISSANNV200

最近、奈良市内でも走るようになりました。

通称(我が家のみ通用する呼び名)「黄色いタクシー」

ギミックはありません。

 

黒色のタクシー

CROWNCOMFORT

TOYOTA CROWN COMFORT

2007

No.51

スケール1/63

トミカタクシー空き箱CROWNCOMFORT CROWNCOMFORT CROWNCOMFORT

比較的最近買ったので、まだ箱が残っていましたw

車体には「トミカ交通」の文字。

こちらは、黒いタクシー。さっきのNV200は、黄色いタクシー。

どことなく、黒いタクシーは激シブで、黄色いタクシーは未来を彷彿とさせてくれます。

 

お客さんが乗り降りするところだけが、開きます。

 

水族館トラック

NISSANDIESELQUON

NISSAN DISSEL QUON

2005

No.31

スケール記載なし

NISSANDIESELQUON NISSANDIESELQUON NISSANDIESELQUON

海遊館(大阪の水族館)の文字が入った、トラック。

ジンベイザメを運びます。

ギミックはありません。

サメの部分、取り外せたら面白いんですけどね。残念。

 

実際に(公道を走って)運ばれるのは、こんなクリアケース(アクリル板)で囲われた状態では運ばれていません(念の為、補足)

 

乗用車

黄色いスポーツカー

MITSUBISHILANCEREVOLUTIONX

MITSUBISHI LANCER EVOLUTION X

2007

No.67

1/61

MITSUBISHILANCEREVOLUTIONX MITSUBISHILANCEREVOLUTIONX

黄色いランエボ。

2015年に生産が中止されたランエボ…。

すでに懐かしさを感じます。

 

扉が左右に開きます。

 

日産キャラバン

NISSANNV350CARAVAN

NISSAN NV350 CARAVAN

2012

NO.記載なし

スケール1/69

NISSANNV350CARAVAN NISSANNV350CARAVAN

トミカのおもちゃを買ったときに、ついて来た(販促用)DVDで、このトミカの存在を知り

「にっさんきゃらばん」

と連呼できるくらい、お気に入りな一台となりました。

 

親心としては、もっと派手な(特徴ある)ミニカーを選んでほしかったのですが

ある意味「渋い」、この白バンがお気に入りだそう。

 

写真ではわかりづらいカモ?ですが

後ろの扉が開くので、そこから丸められた新聞紙が後部座席を陣取っています(笑)

 

荷物の量が、「大好き」の度合を示しています。

 

オレンジ色のハスラー

SUZUKIHUSTLER

SUZUKI HUSTLER

2014

No.75

1/58

SUZUKIHUSTLER SUZUKIHUSTLER

えらいもので、街中でハスラーが走っているのを見ると

「○○(色の名前)のハスラー!」

と叫びます。

一瞬、車体の一部だけ見えても判断できるのは、多分車好きの子どもなら「あるある」だと思います。

すごいですよね、子どもって。

 

後ろのハッチが開きます。

 

黄色い車

TOYOTAFJCRUISER

TOYOTA FJ CRUISER

2011

No.85

スケール1/66

TOYOTAFJCRUISER TOYOTAFJCRUISER

特に、ギミックはありません。

息子はよく、ランドクルーザーと間違えます。

 

ドリームトミカ

実車には存在していない、コラボしたトミカです。

一般的に、ノーマルトミカよりちょいと高価です。

 

はながっぱ

HANAKAPPA

HANAKAPPA

2014

No.スケールともに記載なし

HANAKAPPA

小さいお子さんをもつ家庭なら、ご存知「はなかっぱ」

初めて知ったけど

「はながっぱ」じゃなくて「はなかっぱ」なんですね(驚)

 

息子も私も、ずーっと

「はながっぱ」

って呼んでいました。

 

ギミックはありません。

 

しまじろう

しまじろう

しまじろう

2013

No.スケールともに記載なし

しまじろう しまじろう

ベネッセコーポレーションの「しまじろう」がトミカになってしまいました。

かわいい。

耳がフェンダーミラー、しっぽがマフラーのように見えなくもないです。

 

このしまじろうのトミカを持ちながら

「しまじろうのわーお」

を見ています。

こちらも、はなかっぱ同様、ギミックは特にありません。

 

その他の車

トミカと思っていたら、違っていましたので、別枠で紹介します。

 

オレンジ色のスポーツカー

GM 1970Chevrolet Chevelle SS

GM 1970Chevrolet Chevelle SS

2012

No.スケールともに記載なし

GM 1970Chevrolet Chevelle SS

ホットウィール(Hot Wheels)という種類で、トミカとは別のミニカーです。

リカちゃん人形と、バービー人形みたいなものですね。

ロールバー(車内に見える、パイプみたいなもの)も再現されています。

 

トミカより、車体が軽く、独創的な色使いが、特徴的です。

また、トミカのほとんど(少なくとも本日登場した車種はすべて)ベトナム産ですが

これは、マレーシア産。

 

トラクター

YANMRAYT357

YANMAR YT357

年式、No.記載なし

スケール1/49

YANMRAYT357 YANMRAYT357

トミカからも、トラクターは発売されていますが、こちらはちょっと違い

YANMMER(ヤンマー)が作った、ミニカーです。

中国製です。

 

後ろの「耕す部分」が動きます。見にくいですが、歯の部分(黄色)も「くるくる」と回転します。

 

トミカより、二回りほど大きいです。

 

最後に

ドリームトミカって名前を知ったり、ホットウィールとトミカは違うことを知ったり

やはり半年もたつと

ミニカーの知識も(トミカの知識も)増える

ものですね。

 

トミカは相変わらず「ベトナム産」ですが

それ以外のミニカーは「中国」や「マレーシア」で作られていることもわかりました。

 

前回(トミカが増殖して42台!Whoops! It looks like you forgot to specify your html tag.から実に15台も増えて

全部で、約60台。

 

やはり孫の力は偉大ですね。

私(と嫁)が買い与えた台数は、わずか4台。

残りの50台以上は、(最強のパトロンである)おじいちゃん、おばぁちゃんたちのプレゼント。

 

非常にありがたいことですが、正直、お腹いっぱいですw

 

親としては、実用的な何かをいただける方が…

 

でも、まぁ

  • 息子が(孫が)喜んでくれて
  • 一生懸命、お話ししながら(自分でストーリーを作りながら)
  • 楽しんでいる様子を見るのは

何ともほほえましい限りです。

 

関連記事

トミカが増殖して42台!裏面の情報をまとめてわかった意外な事実。

トミカ博2017inOSAKAにいってみました

大阪南港のりもの大集合は、さまざまな車両に乗れたよ

スポンサーリンク