自作ムービーに必要なものや注意点など

お祝いムービーを自作するときに必要なモノや注意点とは?

自作ムービーに必要なものや注意点など

結婚式のお祝いムービーを業者には任せず、自分でつくりたい! という方が

男性シルエット
どんなアイテムが必要になってくるの?
女性シルエット
何か注意すべきことってあるの?

そんなあなたに向けて、お話しします。

プロフィールイラスト
業者に頼むと必要なかったり、考えなくてもいいものばかりです。もし自作がわずらわしいなら正しい業者を選ぶことも一考の価値があります。

参考

お祝いムービーを業者に頼むときのポイントをまとめました

 

お祝いムービーを自作するために必要な機材や準備物

お祝いムービーや余興で流すVTRを自分で作るには、まず道具や環境を整える必要があります。

高価なものばかりでそろえる必要はありませんが、最低限必要なものもはありますので、見ていきましょう。

 

パソコン

 

マストです。必要です。

中古でもいいので用意する必要はありますが、中古の際は特にスペックに注意してください。

 

細かい表現や知識は私も苦手なので、感覚で話すと

  • 5年以内に発売されているエントリーモデルでは、少々厳しいと感じるときがあります。
  • BD(ブルーレイディスク)に書き込みできる位のパソコンであれば大丈夫(BDで書き出しする・しないに関わらず)
  • (有料・無料問わず)動画ソフトを利用すると思うので、動画編集ソフトに記載されている動作環境(CPUは○○以降、メモリ○○以上、など)に書いてある性能以上であれば問題はない

こんなところでしょうか。

 

わかりにくいという方のために、たとえ話。

  • CPUとは(IntelやAMDが有名ですが)頭の回転を表してます。処理能力ですね。
  • メモリとは、作業スペースの広さを表しています。机が広ければ一度にいろいろな事が同時に出来ますよね?
  • ハードディスクとは、本棚のイメージです。どうしても動画編集では容量を食う(データが大きい)ファイルばかり扱うので、本棚は大きいと作業効率がぐんとアップします。

 

動画編集の作業をしていて一番悲しいのは、一生懸命作業していたのにフリーズにより(処理落ち等)データが破損することです。(経験済みです。)

神経質になる必要はないですが、お祝いムービーを作っていくうえでパソコンのスペックを意識することはもっとも大事な部分なので、こだわって欲しいポイントです。

 

プロフィールイラスト
今では簡単な動画編集(余興ムービー程度)なら、数万円でも購入できます。

上を見るとキリが無いので、ある程度の妥協が必要です。

 

スペックとか難しい…というかたは、とりあえず「外付けHDD」は使うようにして下さい。

グンと作業効率があがります。

 

動画編集ソフト

パソコンが用意できれば、次は動画編集用のソフトです。

windowsならムービーメーカー、MacならiMovieなど、インストールされているものでも良いです。

プロフィールイラスト
写真をつなげて、BGM乗っけて披露するプロフィールビデオくらいなら充分これらのソフトで事足ります。

ただし、ある程度あれもしたいこれもしたいとなると、やはり力不足。

しかし、あまり大きな買い物も出来ない。

と考えるあなたにオススメなのが、無料動画編集ソフトを使うことです。

 

プロフィールイラスト
詳しくはこちらの記事にまとめました。

参考

【オススメ】無料の動画編集ソフトは、これで決まり!!

 

カメラ

お祝いムービー用に、新たに写真や映像を取り直さないのであれば、必要ありません。

スマホでも十分ですので、ここは「どれほどのクオリティで仕上げたいか」で、考えてください。

プロフィールイラスト
1~2万円で購入できるデジカメ(通称コンデジ)でもいいですが、雰囲気を出したいなら一眼レフがオススメです。できるなら単焦点のレンズも合わせて持っておきたいですね。
男性シルエット
なんで?
プロフィールイラスト
単焦点のレンズであれば、ピントが一つにしか合わないので(背景がボケますから)一気に雰囲気があがります。

 

 

ただし、高価な買い物になってしまうのでそこはお財布と要相談で。

プロフィールイラスト
カメラの撮影モードや動画編集ソフトで処理できなくもないですからね。

 

カメラ周辺の機材について

カメラ関係の機材についてですが、写真のみをつなげて作り上げていく「スライドショー形式」であれば、特に必要ないかなと思います。

しかし、動画を使ってムービーを自作したいと考えるなら、以下の2点は必要になってきます。

 

三脚

もちろん三脚がなくても、撮影はできますが、あるのとないのとでは出来栄えが随分と変わってきます。

特に動画を撮るのであれば用意していて損は絶対にありません。

 

しっかりとした安定感のある三脚です。

これ一台あれば、かなり便利に使えると思います。

値段も数千円ですし、お祝いムービーを作り終えた後でも利用する可能性が高いので、購入しておきましょう。

 

マイク

こちらもあるのとないのとでは全然変わってきます。

ただ、指向性の高いマイクは高いです。

プロフィールイラスト
まぁマイクは無くても何とでもなりますが、クオリティを高めたい時は必須です。声の聞こえ方がまるで違ってきます。

 

パソコン以外の機材はレンタルがおススメ

たった一度や二度のために数千円~数万円も出すのは、本末転倒と考える人もいえるかもしれませんよね。

男性シルエット
数万円出したら、結構いいの作ってくれる業者いるよね?

その通りです。

プロフィールイラスト
ココナラなら5000円くらいから動画編集してくれる人いらっしゃいますからね。


動画編集なら5000円くらいから、その他愚痴聞きのサービスや占い、イラスト作成など・・・。

あなたの力になってくれる人が、ココにいます。

 

ただ、専門業者に頼むと数万円(3万から6万円くらい)はかかります。

さらに注意したいのが、その価格で作ってくれるお祝いムービーは写真をつなげ合わせて作り上げる、スライドショー形式。

 

参考

お祝いムービーを業者に頼むときのポイントをまとめました

 

もしあなたの考えているお祝いムービーが

  • 動画を組み込みたい
  • お祝いムービー用に撮影をしたい
  • 見ていて感動するような内容にしたい
  • わがままを反映させたい(思いついたアイディアは積極的に取り入れていきたい)

ということであれば、それなりのお金を出した割に満足いかない可能性が高いです。

 

男性シルエット
過去の写真をつなげた「スライドショー形式」では、満足いく作品ができないかもしれないな・・・。

そんななたはやはり、お祝いムービー作成のためにカメラ及び周辺機材を用意した方が良いでしょう。

参考

結婚式の余興ムービー作成に役立つアドバイスまとめ

 

機材レンタルできるおすすめ業者

一度や二度のために機材すべてを購入するのは、金銭的にも効率がいいとはいえません。

そこでおススメは、機材をレンタルすることです。

カメラやその他必要な機材をレンタルできる業者について、私が独断と偏見で選んだ【厳選2社】について紹介します。

 

プロフィールイラスト
っとその前に・・・、機材レンタルを検討する上で一つアドバイスが。

 

レンタルは当然「レンタル期限」があります。

効率よく撮らないと、思いの外レンタル料がかかりますし、再度レンタルをし直さなくてはならない事態になります。

 

そのため事前の準備(企画、構成、撮影スケジュールの調整等)はしっかりとやっておいてください。

このあたりについては、こちらでも語っていますので、よろしければご覧ください。

参考

余興ムービーを作る上でのポイント

 

結婚式のお祝いムービーを自作する際に、必要な機材や準備物をレンタルすることが出来る業者2社をご紹介します。

 

おススメ度第1位

ビデオエイペックス

参考ホームページはこちら

ここで借りられない撮影関係の機材は無いと言うほど、充実しています

値段もそこまで高くありません。

 

余興にしろ、プロフィールビデオ等にしろ、結婚式のお祝いムービーは、だいたい複数人で作ると思うので、もちろん人数に因りますが、割り勘であれば一人あたり、数百円程~5,000円以内のレンタル料で済むと思います。

 

参考エイペックスでビデオカメラをレンタル

 

また、エイペックスでは、即日レンタルにも対応しています。

さらに、バッテリーが2個ついているのも、地味にうれしいポイントです。

撮影はどうしてもバッテリーを食いますからね。

 

是非、「動画でお祝いムービーを作りたい!」と考えているかたは、参考にしてください。

 

もちろん、デジタル一眼もレンタルできます。

参考ビデオエイペックスでデジタル一眼をレンタル

 

デジタル一眼なら、単に高画質でスチール(静止画)を撮る目的以外にも、ムービー(動画)も撮影できるので、デジタル一眼もありですね。

フォーカスを調整して、全体にピントを合わせること無く、後ろをぼかすと「それっぽい」雰囲気で作品が作れます。

 

しかし、やはり静止画を撮ることが主目的なので、【撮影できる時間の短さ(バッテリーの消耗)】や【マイクを別途用意】するなど、動画を撮ろうと思うと、我々素人はビデオカメラの方が使い勝手がよいです。

 

もしすでにデジタル一眼をお持ちでしたら、レンズのみの交換(レンタル)も出来るので、そちらを検討してもいいかもしれませんね。

 

 

 

おススメ度第2位

ReRe

参考ホームページはこちら

オススメとしては、品数の多さです。

参考送料無料・全国対応の総合レンタルサービス【ReReレンタル】

 

「往復送料無料」と書いてありますが、オススメ第1位から3位まではすべて送料無料です。

(大型機材や離島など、一部商品についてはそうじゃない場合もあります。)

 

ただ少し料金が高いです

ReReは利用泊数が最低でも3日からなので(一般的には1泊2日~)、支払わなければならないお金を他のレンタル業者と比べれば、【3割~4割高】って感じです。

泊数が長いから仕方がないですね。

 

ReReで機材をレンタルする際に地味にうれしいのが、例えば式当日に生演奏をする場合などは楽器等もついでにレンタル出来るところです。

 

結婚式で使われそうな機材や商品の専用のページ(といってもカテゴリー別表示した程度)があるので、あちこち飛ばずに見られるのもポイントですね。

 

 

ReReではTwitterでフォロー&リツイートするとレンタル期間が無料で3日間延長できるサービスをやっています。

 

  • 1週間など長期で借りたい
  • 機材に慣れる時間が欲しい

と考えているような、長期利用目的のかたにはReReも候補に挙がってきます

 

 

無料で使える音楽サイト

お祝いムービーでは、必然的にBGMや、場合に因っては効果音も必要になってきます。

YouTubeにある動画や音楽を無断でダウンロードすると法律上アウトの可能性が非常に高いです。また、音楽等の著作物には、作り手保護の観点から、その著作物を複製(または利用)する場合には著作者の許可が必要になってきます。そしてその許可には手数料が必要です。

 

参考

結婚式の余興ムービーってどうしたらいいの?

 

当たり前ですが、著作者の許可無しに利用する事や複製することは個人で楽しむ場合を除きアウトです。個人で楽しむと言うのは、昔で言うところのテープやMDに録音するというレベルの話です。

結婚式は、どちらかというと個人で楽しむ場合にあてはまりそう(営利目的じゃないし)と考えてしまいがちですが、現行の法律ではアウトです。

 

流行の曲やお気に入りの曲を使おうとしてもなかなかしんどい思いをすることになります。

ただし、お祝いムービーを流す式場によっては、J-POPなど、いわゆるみんなが知っている曲を使える(著作料を支払っていてBGMとして利用可能な)楽曲を用意している場合がありますので、一度尋ねて見るといいかもしれません。

 

「じゃぁ著作料とかも気にせずに、無料で使えそうな音楽は・・・」

と検索して、サイトを一つ一つチェックして、音楽聞いて、使えなければ、別のサイトを探して・・・。

 

ただでさえお祝いムービーの作成には時間がかかるというのに、これじゃスムーズに編集作業を進められません。

そこで、私も使っている無料で商用利用もOKな、音楽配信サイトを一つ紹介しておきます。

 

魔王魂

フリー音楽素材魔王魂
Copyright © 2004-2015 Joker Sounds Co. Ltd. All Rights Reserved.

魔王魂というイカツイ名前ではありますが、ここはクオリティがマジで半端ないです。

そして、効果音のみを無料でダウンロード出来るサイトは割とすぐ見つかりますが、BGMや歌までを無料でダウンロードできるサイトはほとんど見かけません。(私の検索能力の無さかな?)

 

そんななか魔王魂というサイトは、商用利用可能、報告義務無し、改編OKです。

参考

フリー音楽素材/魔王魂

プロフィールイラスト
もちろん、完全無料。会員登録も不要です。

 

肝心のクオリティについても、申し分ありません。まず素人には作れそうにないものばかりです。

効果音もあります。

 

自作でプロフィールビデオや余興VTRなどのお祝いムービーを作ろうとしているかたにとって非常に心強い味方になってくれますので、オススメです。

 

自作と業者の違い

ここまでくると

男性シルエット
意外と自作でもお祝いムービーにはお金がかかりそうだから、業者に頼んだ方がいいんじゃないか?

と悩む方もいらっしゃるでしょう。

 

そこで、自作のお祝いムービーや余興の動画を、業者に頼む際のポイントを紹介します。

まず、自作する場合と業者に依頼する場合の違いを簡単にまとめます。

自作業者
費用比較的安価高額になりやすい
こだわり出しやすい予算に応じて制限
クオリティ低くなりがち高い
制作時間長い短い
準備や手間大変少ない
満足度高い高い

 

わかりきっていることではありますが、あらためて両者の違いをまとめれば

  • お祝いムービーを自作するのは「コストを抑えて、こだわりたい
  • お祝いムービーを業者でつくるのは「時間や手間を抑えて、高クオリティ

このどちらがより譲れないかがカギになってきます。

 

プロフィールイラスト
業者にムービー制作を依頼する際に気をつけて欲しいポイントは以下の記事にまとめています。ご覧下さい。

参考

 

お祝いムービーを業者に頼むときのポイントをまとめました

 

どっちも譲れないという欲張りな方は

男性シルエット
コストも抑えたいし、手間暇もかけたくない。

と考える欲張りな方は、友人や知人で映像編集を得意としている人を探すのが最も効率がいいです


動画編集なら5000円くらいから、その他愚痴聞きのサービスや占い、イラスト作成など・・・。

あなたの力になってくれる人が、ココにいます。

 

一生懸命ググって下手に安い業者に頼むと

男性シルエット
こんなはずじゃなかった。

となることが多いです。

 

ただし。

友人に引っ越しの手伝いをしてもらうってのと似ていますが、友人に頼んだほうが高くつく可能性もあることは、懸念しておいてください。

プロフィールイラスト
お礼とか、失敗による損害とかね。友人だとキツく当たれないし。

 

作り手(友人の気持ち)を想像してみてください。

友人だからといって(費用を十分もらえないからといって)、手を抜くと考えられますか?

むしろよりいい物を作ってくれようとするはずです。

 

作業時間を考えると、相応の対価は支払うべきでしょうね。

 

参考

お祝いムービーを業者に頼むときのポイントをまとめました

 

お祝いムービーを自作したい人に向けて、まとめ

自作ムービーに必要なものや注意点など

お祝いムービーを自作する上で必要なものをまとめます。

  • パソコン(それなりのスペックであれば尚良し)
  • カメラ(ビデオカメラ、デジタル一眼レフ、スマホのカメラ)
  • (三脚)
  • (マイク)
  • 動画編集ソフト
  • (画像編集ソフト)

最低限括弧が付いていないものだけはそろえましょう。

 

それ以外で重要だなと思うのは

  • お祝いムービーに使う楽曲は著作権に気をつける(無料音楽サイトはオススメ)
  • お金をかけずに時間をかけてあげる、という意識を持つ
  • 機材レンタルをするなら、事前の計画やスケジュールをしっかり整えておく
  • パソコンスキルはいらないが、センスは求められる。しっかりと色々な作品は見ておくこと。

こんな意識は重要ですね。

 

ちなみにお祝いムービーを自作する上で役に立ちそうなちょこっとしたテクニックは、以下の記事に書いていますのでよろしければご覧ください。

参考

余興ムービーの完成度を高める、小技やテクニックとは?

 

あわせて読みたい記事

自作ムービーに必要なものや注意点など
気に入ったらフォロー