コンビニ3社のWi-Fi利用まとめ〜携帯電話が止まってしまった!

2017-04-13口コミやレビュー

携帯電話が止まった

恥ずかしながら、携帯電話が止まってしまいました。

そこから学んだ、言わば

ケガの功名

とでも言うべき情報をお伝えしようと思います。

 

スポンサーリンク

意外と多い、Wi-Fiが使える場所

外国人観光客の増加の影響もあってか、時代の流れなのか

昨今の日本では

「無料で、インターネット通信が利用出来る」

場所が増えています。

※奈良みたいな田舎でも。

 

電話をするために、公衆電話を探す

よりも、遙かに簡単に探すことができます。

 

例えば、どこか?

コンビニです。

 

コンビニWi-Fi利用しやすさランキング

コンビニWi-Fi。

これが非常に便利です。

 

全国に5万件近くも存在していると言われるコンビニで、利用できる無料Wi-Fiは

外出先で容量を気にせずにデータ通信を行いたい時、非常に重宝します。

 

今から勝手に、私が実際に利用して順位をつけた

コンビニ別、無料Wi-Fiの利用しやすさランキング

を発表しようと思います。

 

初期設定方法は載せていません

ちなみに、それぞれのコンビニについて、無料Wi-Fiを利用するために必要な、初期設定の方法は、載せていません。

 

だって、あなたは、「スマホ操作に不安があるお年寄り」でもなければ「全く情報器機が扱えない」という方じゃないでしょうからね。

※そのような方達は、おそらくこの記事を見ていない。

 

とはいえ、「心配な人」のために、念のため簡単に説明すると

  1. 端末のWi-Fi設定をONにして、コンビニに近づき
  2. 端末のコントロール画面(設定画面)から、Wi-Fiの接続先をコンビニのものにして
  3. SfariやChromeなどを利用して、何かしらのページを表示させようとする
  4. 初期設定画面が現れる(または、コンビニのページ)
  5. あとは、画面の指示に従うだけ

なので、スマホ操作が難なくこなせるひとにとってみれば、全く心配に及びません。

逆に、こうやって、文字にされた方が難しく思えちゃいます(笑)

 

注意点としては

基本的に、どの利用でもメールアドレスの登録が必要

になります。

気にされる方は、フリーメールなどで作った「捨てアドレス(通称捨てアド)」があると、便利かも知れません。

 

では、利用しやすいコンビニWi-Fiランキングです。

 

1位 ローソン

私の一押しはローソンです

理由は

  1. 1日の利用回数が60分×5回であること
  2. 接続が簡単
以上が理由です。

後述するやつは、ログインが毎度必要だったり、接続時間を延ばすためにアプリをダウンロードしなくてはならなかったりするのですが、ローソンのWi-Fiは違います。

 

利用したいときは

  1. コンビニに行き(目の前の駐車場付近でも反応します)
  2. Wi-Fiを接続し(設定をオンにして、Wi-Fiマークが付けばok)
  3. ブラウザーを起動(Safariやグーグルアプリを起動)
  4. トップ画面に接続確認画面が出るので、同意して接続
  5. 完了
以上のみ。

さっきの説明と同じで

言葉で書かれた方が煩雑に感じる

かも。

 

正味の作業は、3と4だけです。(インターネットのページを開いて、同意するだけ)

無料Wi-fi
店舗付近でインターネットを開いた画面
コンビニWi-fi
利用規約が表示されます
コンビニ 携帯が止まっても無料Wi-fiで安心
規約に同意ボタンをプッシュ
コンビニWi-fi
接続完了

接続の不備も少ないし、通信できる状態になるまでに1分もかかりません

 

そしてなにより、1回60分×5回も使えるのが非常に便利です。

デメリットは特に思いつきません。

 

2位 セブンイレブン

2位と3位は悩みますが、セブンイレブンの方が、まだ利用しやすいです。

 

理由は

  1. 1日の利用回数が60分×3回
  2. コンビニ店舗数が多い(地域差があると思いますが)
  3. 7SPOT利用店でも使える(イトーヨーカ堂など)

あたりでしょうかね。

 

ただ、私だけなのか

トップ画面から接続画面(Wi-Fi利用画面)に移るには、どこへジャンプしたら良いのか、わかりにくいですし、毎度ログインメールアドレス入力とパスワード入力ことが煩わしいです

 

ログインをしなくても使えますが、その場合は20分しか利用できません。

 

3位 ファミリーマート

上記二つと比べると

  1. 1日の利用回数は20分×3回
  2. 専用アプリダウンロードで60分×3回利用可

ということで、アプリを入れると接続が楽なのかも知れませんが、私は入れていませんし、特段そこまでして利用したいとも思いません

そして、接続画面も一目ではわかりにくいです。

 

何より、ぶつぶつ切れます。

※これは、私の環境が悪いのかも知れませんけどね。田舎だし。

 

別にファミマのネガキャンをしたいわけではありません。

ファミマ自体は大好きです。頑張れ国産コンビニ!!

コンビニ以外での、Wi-Fi利用について

公共施設でのFreeスポット

コンビニ利用はどれも時間的なシバリがありますが、公共施設や商業施設で利用できる無料Wi-Fiには制限が無いところもあります。

まぁ、基本は公衆Wi-Fiについては(コンビニも含めて)接続時間のシバリはあると思ってください。

もともと無料なので。

 

公共施設や商業施設での無料Wi-Fiのなかには、悪質なものもあるようです。

 

場合によっては自動的にデータを抜き取られたり、盗撮盗聴できてしまうアプリを強制ダウンロードされていたりする事例も発生しているようなので、接続時には十分注意し、自己責任の下利用してください。

自宅Wi-Fi

パソコンやタブレットを自宅で利用しているかたは、ほぼ必然的にネット回線を引いていますよね?

そして、多くのひとが、それと同時に、Wi-Fi機器を設置しているハズです。

 

これにより、当然ですが、自宅では、携帯が止まってしまったとしても、なに不自由なく利用ができます。

 

ただ、通常の電話は当然にできません。(インターネット通信を利用しての通話※LINEなどは、利用可能です。)

 

あ・・・、ネット回線の料金を払っていなければ、もちろん使えません。

 

電話からの解放

そもそも、電話が使えなくなったのはなぜか?

 

単純明快。料金の未払いです。

 

これ以外に、電話が止まる理由が思いつきません。

携帯電話は今や生活の必需品で、ライフラインの一つと言っても良いでしょう。

 

そんな携帯電話を、私は約3ヶ月ほどもの間、使えない状態でした。

 

しかし、こんな私の恥ずかしい体験(=電話代金が支払えない)ことによって、気づかされた

携帯電話が無い(スマホが無い)ことの、メリットに気づかされました。

 

触る頻度が低下

スマホ 料金停止

私はスマートフォン(iPhone6s)を利用しています。

SNSやゲーム、インターネットなどの利用を、目的でつかっています。

通話はそこまで利用しません。

 

SNSやゲーム、インターネット利用時は、データ通信を伴いますので、電話が止められると使い物になりません。

 

私は

パズドラや、黒猫のウィズ等のアプリゲームはもちろんのこと、SNSやyoutube、インターネット検索など、21世紀の情報化社会において、生活の一部となっている

「情報発信・情報収集・娯楽」

が、気軽に行えなくなってしまった。ということです。

 

20世紀に逆戻り。

 

しかし、逆戻りしたおかげで、毎日どれだけ携帯電話に触っていたかが分りました。

 

1回5分で遊んだり利用したりしていたとしても

1日、1週間、1ヶ月

で考えると、膨大な時間スマホと向き合っていることになります。

 

常に利用できる状態は非常に便利で、普通は当たり前なことですが

「ながら」もできてしまうため、携帯電話が手放せません

 

しかし、通信ができなくなれば、持っていても気軽に使えないので

 

これまで、「暇だな」と感じたときに

自然と携帯電話を触ってしまう癖

が、減っていきました。

 

それの、どこがいいのか?

 

スマホ利用に消費されていた時間が、ほかの事に使えるようになった

と言うことです。

 

当然、私と違い賢い人は「料金を支払いながら」でも実践できるのでしょう。

 

しかし、私のように

その状況に身を置かないと実践できないようなタイプ

の人間には、効果テキメンです。

 

強制シャットダウン。

 

まぁ、とはいえ

「その生み出した時間を有効活用できてるか?」

と問われたら

「まだまだ不十分。」

と言わざるを得ないレベルなので、「活用」段階にまで高められてはいないです。

 

しかし

「携帯電話を、片時も手放すことができない」という心理はめっきり無くなりました。

携帯電話への依存が減った、とでも言うべきでしょうか。

よくも悪くもあきらめがつきました。

 

「携帯料金の支払いを滞納した」

というネガティブなことがきっかけではありましたが

携帯電話への依存がなくなったことは、私にとって大きなメリットでした。

 

家族間の連絡の大切さを実感して、メリハリがついた

自分のふがいなさで、携帯が使えなくなった訳で、初めのうちは「不便」を感じることが多かったです。

しかし、その不便さよりも、携帯が無かった時代に戻れて

「常に縛られている感覚」がなくなりました。

「家族への連絡の重要性」に、気づくこともができました。

 

特に、家族との連絡は

いつでも気軽にできない分、確実に面と向かって話せる朝の内に、1日の予定を伝えておく

または

緊急性の内容や1日の予定が変更になった場合は、外出時の接続できる時に行う

など

 

SNSを用いてのコミュニケーション回数は減れど

必ず行う、という「確実性」や、1回1回の「重要性」が増えました

 

そしてなにより、携帯電話が止まって学んだことは

【使うときに使う、使わない時には使わない】

 

この「メリハリ」が身に付いたこと

これが、一番の「ケガの功名」です。

 

まとめ

コンビニ無料Wi-Fiは、ローソンがオススメです。

 

私はネガティブなきっかけで、得ましたが

携帯電話を気軽に使えなくする

ということは、デメリットばかりでは無く、メリットが存在しています。

 

特に、「メリハリ」と言う観点においては、かなり有用なので、あなたも一回

携帯電話、止めてみませんか(笑)?

 

関連記事

スマホやタブレットでマンガを読んでみよう

Amazonプライムに否定的だった私が、Amazonプライムビデオを体験してわかったこと

スポンサーリンク